• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

捨て子の少女の死と、脱・格差社会のもと

2007年1月25日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 1996年11月の四川省の寒村。若い未婚の男性農夫が草むらに捨てられた女の子の赤ちゃんに気づきました。赤ちゃんを育てるのは、貧乏な彼にとって重い負担。そう考える彼は何回も赤ちゃんを抱き上げては下ろし、立ち去ってはまた戻りました。最後、彼は命が尽きそうな赤ちゃんに呟きました。

 「私と同じ、貧しい食事を食べてもいいかい」と。

 独身のまま1児の父親になった農夫は、粉ミルクを買うお金もないため、赤ちゃんはお粥で大きく育てられました。病気がちな体は心配の種でしたが、聡明で近所からとてもかわいがられたのは、お父さんの救いでした。

 女の子は5歳になると、自ら進んで家事を手伝うようになりました。洗濯、炊飯、草刈りと、小さな体を一生懸命に動かして、お父さんを手伝いました。ほかの子と違ってお母さんがいない少女は、お父さんと2人で家をきり盛りしました。

突然押し寄せた不幸

 小学校に入ってからも、少女はお父さんをがっかりさせたことはありませんでした。習った歌をお披露目したり、学校での出来事を話したりと、お父さんを楽しませました。そんな平和な家庭に突然の暗雲がたれ込みました。

 2005年5月。ある日、少女は鼻血がなかなか止まらない状態になりました。足にも赤い斑点が出たため、お父さんと病院に行くと、医者に告げられた病名は「急性白血病」でした。

 目の前が真っ暗になりながら、お父さんは親戚と友人の元に出向き、借りられるだけのお金を借りました。しかし、必要な治療費は30万元。日本円にして400万円です。中国よりずっと裕福な日本でも、庶民にとっては大金になるような治療費を、中国の農民がどうにかできるはずもありません。集めたお金は焼け石に水でした。

 かわいい我が子の治療費を集められない心労からか、日々痩せていくお父さんを目にして、少女は懇願しました。「お父さん、私、死にたい。もともと捨てられた時に、そのまま死んでいたのかもしれない。もういいから、退院させてください」と。

自ら治療を放棄すると退院

 お父さんは少女に背を向けて、溢れ出た涙を隠しました。長い沈黙の後、「父さんは家を売るから、大丈夫だよ」と言いました。それを聞いて、女の子も泣き出しました。「もう人に聞いたの。お家を売っても1万元しかならないのでしょ。治療費は30万元ですよね」と。

コメント180件コメント/レビュー

久しぶりにこの記事を読んで改めて、涙してしまいました。30半ばの大人が年甲斐もなくと思いましたが、自分はまだ少女や父親の気持ちになって泣ける人間であることに「ほっ」としました。厳しい社会の中で生き抜くため、利益や効率で杓子定規になってしまい、ともすれば相手の立場になって考えることや手を差し伸べてあげるということを忘れてしまいがちです。自分自身張りつめていたものが外れ、今の自分をもう一度見つめ直す機会であったと思います。人によりコラムのとらえ方が違うのは当然ですが、純粋に泣ける人間であることに安堵し、その気持ちを失わない人間でありたいと思います。(2008/01/10)

「宋文洲の傍目八目」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

久しぶりにこの記事を読んで改めて、涙してしまいました。30半ばの大人が年甲斐もなくと思いましたが、自分はまだ少女や父親の気持ちになって泣ける人間であることに「ほっ」としました。厳しい社会の中で生き抜くため、利益や効率で杓子定規になってしまい、ともすれば相手の立場になって考えることや手を差し伸べてあげるということを忘れてしまいがちです。自分自身張りつめていたものが外れ、今の自分をもう一度見つめ直す機会であったと思います。人によりコラムのとらえ方が違うのは当然ですが、純粋に泣ける人間であることに安堵し、その気持ちを失わない人間でありたいと思います。(2008/01/10)

医療関係者なので、違った感想になるかも知れません。たまたまこの白血病が、男手一つで育てた女の子に発症したので物語になりますが、同じような白血病は中国の全土で何百人の子どもに起こっています。欧米で開発された治療薬はその特許などの関係で極めて高額で、それは国によって安く提供されることもありません。その国の経済状態に合わせてその国民が受けられる標準医療が国によって異なることは避けられません。 日本でも時々マスコミで報道された子だけが1億円の寄付金を集めて心臓移植をアメリカへ受けに行きます。しかしその陰には、移植を受けることなく死に行く何倍の子がいます。そこに理不尽さを感じています。 コネで治療を受けられたり受けられなりするのは問題ですが、国民全体が公平な扱いを受けるのであれば、国によって受けられる治療に差があるのはある程度受け入れるべきことだと思います。 家庭内犯罪などの傾向とこの問題を結びつけるのはどうかとも感じます。(2007/12/29)

本当に考えさせられる話でした。家族殺人が増えたかどうかの実証はされていませんが、そんなことはさておき、本当の豊かさ、人間らしさとは何かを考えさせられました。それにしても、誰かのコメントにもありましたが、このコラムを読んだ人の中にも随分と受け止めの違いがあるのですね...(2007/12/29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員