• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

(11)辞表を書いたこと、2回あります

  • 長田 美穂

バックナンバー

2007年2月7日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

第10回から読む

 パート主婦が中古書店の立ち上げにたまたま熱を入れた。たまたま、理解ある上司に恵まれ、順風満帆に歩んできた。

 ここまで読んでいただいた方には、こんな感想をお持ちになる方が多いでしょう。

ブックオフ社長 橋本真由美氏 (写真:鈴木 愛子)
ブックオフ社長 橋本真由美氏 (写真:鈴木 愛子)

 実は私は2度、挫折しそうになりました。2度、辞表を出したのです。

 専業主婦が2週間で仕事の魅力に取り憑かれた、というのは真実です。しかし私の中には、長年の主婦暮らしで「家族のこと」だけにとらわれる習慣が、澱のように溜まっていたのでした。

 最初の辞表を出したのは、2号店の店長になり、パートから社員になった直後でした。前回まであんな武勇伝を語っておきながら何なのですが、私はずっと、家族に迷惑をかけ過ぎていると気に病んでいたのです。

 1991年8月、社員になった私は同時に、本部の「店舗運営部課長」という役割を任されました。坂本は、会社をこれから本格的にフランチャイズ展開していこうと考えていました。社員や加盟店様の研修や開店準備のお手伝いを本部として担当するのが、私の役割です。折しもその年の11月、第1号の加盟店様がオープンする予定でした。

「オレとブックオフのどちらが大事だ?」

 「夕方5時には帰るから」との約束で始めたブックオフの仕事でしたが、約束を反故にするのは日常茶飯事。店を閉めた後に「今日中に片づけておきたい」と、ファミレスで朝方まで仕事の話をすることさえありました。

 家では、高3の長女が大学受験を控えた時期でした。主人との衝突は増えるばかり。

 「オレとブックオフ、どっちが大事なんだ」。語気を荒げ、何度も迫られました。

 「家事はちゃんとします。どうか続けさせてください」。私も必死に頭を下げました。主人も、私が生半可な気持ちで働いているわけではないとは肌で感じていたのでしょう、「辞めろ」とまでは言われなかったのが幸いでした。でも私の中の迷いが、消えたことはありませんでした。

 仕事の壁にもぶつかりました。店舗運営部で私が任された仕事の一つは、直営店全体の運営指揮。経営の実態を把握するため財務諸表や貸借対照表をまとめなければならないのですが、何がなんだかちんぷんかんぷんなのです。机に向かって商品原価は、粗利はこの計算式で出して、とやるのですが少しも頭に入らなかった。

 苦しみました。元々、扶養控除の枠内でと思って始めた仕事だし、家族に迷惑かけているし。それに数字いじりは難しい。私には仕事は無理だったんだ--。こんな思いが浮かんでは消え、思い詰めました。

 思いあまったある日、「辞めさせてください」と坂本に封書を渡しました。

 「何これ?」。坂本は何食わぬ顔をして受け取り、中身をろくに確かめもせず目の前で引き裂きました。

コメント13

「ブックオフ社長橋本真由美の「最強の現場の創り方」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本当の問題は労務費ではありません。 熟練技能を持つ職人さんが 少なくなっていることです。

押味 至一 鹿島社長