• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

農業を変えていく伊藤園のお茶畑

茶産地育成事業が描く「年収1000万円」農家への道

  • 鶴岡 弘之

バックナンバー

2007年1月31日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

この記事は、テキストと動画の組み合わせで多角的にお届けします。動画は、伊藤園の「茶産地育成事業」にかかわるキーパーソンへのインタビューを収録した約10分間の「スペシャル番組」です。テキスト記事と併せて、ぜひ動画をご覧ください。 (日経ビジネスオンライン)

※動画再生をクリックしてもご覧になれない方、またはOSがMACの方はこちらから
(システム条件がWindows XP Service Pack 2 or Vista以降で、Quicktime7.2が必要です。MACの方は、Mac OS X v10.3.9とv10.4.9以降。必要に応じてインストールをお願いします。
Quicktime:windowsMac)
また、Windows VistaのInternet Explorer7でご覧になれない方は「スタート」⇒「コントロールパネル」⇒「プログラム」⇒「規定のプログラム」⇒「プログラムのアクセスとコンピュータの規定の設定」⇒「カスタム」⇒「規定のメディアプレイヤーを選択してください」で「Windows Media Player」を設定してください。


動画再生

 なだらかな坂道を車で登っていくと、広い畑が目の前に開けてきた。小さな葉が茂った、腰の高さほどの木が、何列も整然と連なっている。ここは宮崎県の南西に位置する都城市。山あいの丘陵地に広がっているのは、お茶の木の畑である。

 「苗木を植えてからちょうど6年目の畑です。昨年、初めて摘み採りを行いました。現在は、今年4月の一番茶の摘み採りに向けて、きれいに刈り込んだところです」(茶畑を管理する農業生産法人、アグリセンター都城の白尾静昭専務)

 この畑は、もともと野菜や家畜用の飼料を育てていた土地だ。農家の後継者がいなくなって耕作放棄地となりかけていたが、伊藤園が進める「茶産地育成事業」によって、お茶畑に生まれ変わった。

図版

宮崎県都城市の茶畑。かつては家畜用の飼料や野菜を育てる畑だった

 伊藤園は2001年より都城市の農業協同組合(以下、農協)と共同で、緑茶飲料製品向けの茶葉を育てる茶産地育成事業を進めている。具体的には、農協の子会社であるアグリセンター都城が茶園の造成、栽培管理、荒茶加工を行う。一方、伊藤園は品種を選定し、栽培や加工に関する生産技術を提供する。畑で収穫された茶葉は伊藤園が全量買い取り、緑茶飲料製品「お~いお茶」の原料に使用する。

 都城市では、2001年よりお茶の苗木の植え付けを開始。2006年に100ヘクタールの畑で植え付けが完了した。宮崎県内では都城市のほかに、小林市の30ヘクタールの畑でも、伊藤園向けの茶葉が育てられている。

 また大分県、長崎県、鹿児島県でも、地方自治体や現地の農業生産法人と共同で茶産地育成事業を進めている。2007年からの栽培に向けて、各県で畑を造成している最中だ。伊藤園はこの事業によって、2014年までに九州を中心に全国で1000ヘクタールの茶畑を造成、確保する計画である。

国産茶葉の供給が追いつかない

図版

伊藤園の
「お~いお茶」

 緑茶飲料市場では各社が新製品を次々と投入し、熾烈な競争を繰り広げている。その中で伊藤園の「お~いお茶」は、シェア35%と圧倒的な強さを誇る。強さの一因となっているのが、味、香りもさることながら、伊藤園が「茶葉を自分たちで育てている」ことだろう。食の安全が叫ばれる中で、伊藤園のお茶へのこだわりを消費者は認め、信頼する。それが「お~いお茶」の強いブランド力に結びついている。

 飲料メーカーの中で、茶畑をゼロから造成し、茶葉の生産に取り組んでいるのは伊藤園だけである。なぜ伊藤園は茶産地育成事業に着手したのか。

コメント0

「イノベーションで切り拓く新市場」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック