• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「良かれ」が及ぼす不幸

2007年3月8日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回はものすごい数のコメントをいただきました。ありがとうございます。いろいろな意味で皆さまから多くの注目を浴び、関心を持たれていることを意識して、今後も傍目八目の精神を発揮していきたいと思います。

 今回は“エネルギー”について考えたいと思います。「エネルギーだと。また環境か。なんて懲りないやつだ」とあきれられるかもしれません。しかし、これから触れるエネルギーは電気やガス、石油に関連することではありません。人の心遣いという“エネルギー”です。ただし、この気遣いエネルギーも使い過ぎると、地球環境にもあまり良くないとも思っているのです。

 例えば、今、買い物した品物を詰めるレジ袋が話題になっています。僕は以前から、日本では、なぜ商品をあれほど丁寧に包装するのか不思議でした。百貨店や高級スーパーでは、段ボールの箱にさらに紙で包装し、そして紙袋にまで入れてくれます。

 お店の人からすれば、お客さんに最大限の気遣いをしているつもりと思います。でも僕はこうしたあまりある丁寧な振る舞いを受けると、申し訳ないですが心地よさよりも、イライラしてしまいます。こう言うとまた怒られるかもしれませんが。

津々浦々に設置される自動販売機は消費者のため?

 日本全国、津々浦々に散らばる自動販売機も似たようなものに思えます。日本に来て驚いたのは、狐や狸しかいないような田舎の公園にも、自動販売機がズラリと並んでいることでした。海外なら、こんなに人通りが少ないところに置かれていれば、とっくに壊されたり、盗まれたりしてしまうでしょう。そうならない日本の治安の良さは誇るべきことですが、それを維持するために割く労力を考えると、果たしていいことなのかと考えてしまいます。

 大して販売量が見込めない所に配送するために、作業員が数トンの配送車を何十キロも運転してきて、わずかな数の缶やペットボトルの飲料を詰めては、また違う場所に行く。これは、果たして顧客にとって本当にためになっているのでしょうか。自動販売機を日本全国、隈無く設置すれば、商品の生産量は増やし、製造コストを下げられるかもしれませんが、販売に非効率な場所があれば、配送や管理コストを膨らまし、結局は売価の上昇を招いているのかもしれません。

 そしてATM(自動現金預け払い機)。日本のATMは全部ではありませんが、紙幣だけではなくコインも預け払いができます。ATMはそこまでやる必要があるでしょうか。皆さんはATMでどれくらいの頻度でコインの出し入れをしているでしょうか。コインが出ないより出た方が便利かもしれませんが、これも大局的に考えると本当に顧客のためになることとは限りません。

 コインを出すためには紙幣を出すだけより、ハードウエアやコンピューターシステムのコストを膨らまします。仮にそれが大したコストではないとしても、コインを扱うことで、ATMメーカーの社員のメンテナンス作業の工程は、確実に増えているはずです。それだけではなく、ATMを設置している金融機関の社員の管理業務も増やします。

 通常、労働者の労働時間が増えれば、人件費は膨らみます。作業が増えても、もろもろの効率化で人件費を抑制できるかもしれませんが、それがいつしか社員の精神的、肉体的健康に害を及ぼしてしまうこともあります。そうなれば、社会保障費が増加します。

コメント189件コメント/レビュー

過剰包装は日本でも既に問題視されていることです。他にも紙や割り箸の問題、アイドリング等、環境問題に興味のある日本人であれば常識として理解していることは沢山あります。それとATMや自販機は同列に扱うべき問題でしょうか?日本人にもこじつけで何でもかんでも一緒くたに考える人は居ますが、そのような人は概ね知識人ではありません。意見として面白味があることと、大衆に発信すべきことは必ずしも同一ではないのです。以前から「何故日本はこうなのだろう?私には分からない」と言った表現を多用しておられますが、このような意見が聞きたければ対象は外国人である限り誰でも良いことになります。我々は留学生でも言えるような疑問を聞きたい訳ではありません。そもそもタイトルにある「傍目八目」とは『おかめ‐はちもく《他人の囲碁をそばで見ていると、対局者より冷静で、八目先まで手が読める意から》第三者のほうが、物事の是非得失を当事者以上に判断できるということ。(Yahoo!辞書より)であり、この場合の第三者とは、当事者でないがために何も分からない人を指す訳ではありません。ですから、批判するにも意見するにも、よく知っている前提で語ってもらう必要があります。(2007/04/03)

「宋文洲の傍目八目」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

過剰包装は日本でも既に問題視されていることです。他にも紙や割り箸の問題、アイドリング等、環境問題に興味のある日本人であれば常識として理解していることは沢山あります。それとATMや自販機は同列に扱うべき問題でしょうか?日本人にもこじつけで何でもかんでも一緒くたに考える人は居ますが、そのような人は概ね知識人ではありません。意見として面白味があることと、大衆に発信すべきことは必ずしも同一ではないのです。以前から「何故日本はこうなのだろう?私には分からない」と言った表現を多用しておられますが、このような意見が聞きたければ対象は外国人である限り誰でも良いことになります。我々は留学生でも言えるような疑問を聞きたい訳ではありません。そもそもタイトルにある「傍目八目」とは『おかめ‐はちもく《他人の囲碁をそばで見ていると、対局者より冷静で、八目先まで手が読める意から》第三者のほうが、物事の是非得失を当事者以上に判断できるということ。(Yahoo!辞書より)であり、この場合の第三者とは、当事者でないがために何も分からない人を指す訳ではありません。ですから、批判するにも意見するにも、よく知っている前提で語ってもらう必要があります。(2007/04/03)

宋さんの言うとおりで、日本人の細かなことへのこだわりや完璧主義により、我が日本臣民は疲弊しております。JR西日本の脱線事故も秒単位の電車ダイヤを遵守しようとしたこと、また現場を知らないダイヤ書きが余裕のないダイヤを組んだこと、それを見抜けない上司が原因です。皆がもう少し時間にアバウトになれば、もう少しゆったりした人生が送れます。コメントで日本のタクシーは何故乗り合いをしないかですが、運輸省が業界保護のために、それを禁止しているからです。1人分の料金で4人乗せたら儲からないと考えているのでしょう。確かに米国の駅では、タクシー会社が行き先を聞いて全て乗り合いにするので待ち時間はぐっと少ないです。料金は1人で乗るより若干安くなります。(2007/03/18)

過剰といえば、東京の地下鉄が民営化されてサービスが過剰になった部分があると思いませんか? 駅構内やトイレがきれいになったり、エレベータが設置されるのはいいことですが、駅構内や車内のアナウンスがやたら長くなって、しかも細かすぎるので、まるで我々が幼稚園児のようです。(2007/03/17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員