• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

父が多くを語らなかった教え

「志は四方にあり」

2007年3月22日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「宋さんは、お国に帰らないのですか」
 「故郷に帰られたら、きっと大変な成功者として迎えられるでしょうね」
 僕は時々、人からこう言われることがあります。その都度、どのようにお答えしようか迷います。

 「今はグローバル時代ですから、どこに住むのかはあまり問題にならなくなっています」と答えたり、「僕は成功者でも、何でもありません」と答えています。今まであまり述べたことはありませんが、僕が日本で暮らしている大きな理由は、父の教えの影響があります。

父の教えは「遠くに行きなさい」

 物心ついた時から僕は兄や弟たちと共に、父親からよく聴かされた言葉があります。それは「好児女志在四方」。翻訳するのは難しいのですが、直訳すると「良い子には志が四方にあり」、つまり良い子供は遠方を目指せというニュアンスの言葉でした。

 父の教え通り、長女である姉は18歳の時に単身でシルクロードの奥地である新彊に行き、次女の姉も長女を追いました。兄である長男はシベリアに近い黒龍江省に行き、次男の兄も行きました。僕は8歳の時に新彊に行き、17歳の時に東北の大学に通い、21歳の時に日本に来ました。7人の兄弟のうち、1人の姉だけが生まれ故郷に残りました。この姉は今も、自分だけどこにも行かなかったことを残念がっています。

 父は子供が家を離れるためなら、貧乏の中でも用意できるものは何でも揃えてくれました。ただ黙々と集め、静かに送り出すのみでした。兄や姉が旅立つ時、父は母と共に涙を流していました。その両親を旅立つ兄や姉が慰めていた光景を、僕は今も忘れません。

 特に理由を聞かされませんでしたが、父からは、「ともかく遠くに行きなさい」と教えられました。こうした父の方針に、母は何も言いませんでした。しかし、母親です。秋風が枯れ葉を吹き落とすと、「○○の布団が薄くないかねぇ」と寂しそうな表情をし、おいしいものを食べた時などは「△△も、ちゃんと食べているかしら」と、どこか申し訳なさそうにしていました。

 北朝鮮の国境の近くに住んでいた頃、国境線の川の上を水上バスが走っていました。乾いたディーゼルエンジンの音が聞こえると、母親はよく「お姉ちゃんが帰ってくるかも」と言って、僕を連れて船を見に行きました。

 子供たちは皆、数千キロも離れたところで暮らし、帰省するための旅費も十分にない時代でしたから、家族が顔を合わせるのはそれこそ10年待ってようやくという状態でした。子を思う母の気持ちは、まだ幼かった僕にもよく分かりました。

 心配する母に、父は時折、「大丈夫。子供たちは元気に暮らしているよ」と慰めました。すると母はたまに「あんたには親心がないのか」とストレスを爆発させたことがありました。

コメント75

「宋文洲の傍目八目」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長