• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

嫌な顧客と嫌な人間

2007年3月29日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 あなたの会社には掃除のおばさんの「おはようございます」に対して返事もしない方がいませんか。あなたの部署には、出入り業者に妙に横柄な態度を取る方がいませんか。どうでしょうか。このような方々には、嫌な人が多いと思いませんか。

僕のある嫌な顧客

 以前、著名企業のX社に営業に行った時のことです。現場サイドの方々がソフトブレーンの製品を使用したいと言っているのに、最終責任者で執行役のA氏がなかなかOKを出してくれませんでした。しかし、ある日、彼からお酒を誘われました。

 酒席でA氏は、「自分がいかに本社のトップに好かれているか」「今の立場をどのようにして築き上げたか」を自慢した後、いきなり僕にこう切り出しました。「宋さん、おたくの製品を買ってあげてもいいよ。ただし、定価の2割なら」と。

 2割引ではなく2割です。つまり8割引です。こんな非常識な値段を言われた僕は絶句していると、A氏はお酒を足しながら言いました。「当社に使われること自体は大変な名誉で大いに宣伝になる。ほかで儲ければいいじゃないか」。

 「いくらなんでも2割というのは…」と僕は必死に訴えましたが、A氏は聞く耳を持たず、そのうえ横柄な態度を崩しませんでした。僕は屈辱をこらえながら「検討させてもらいます」と言って、その場を後にしました。

 実は、A氏と話した時点では、ソフトブレーンの製品は既に多くの著名企業に導入していただいていました。ですから、あえて知名度向上や宣伝のために売らなくてはならない状況ではありませんでした。営業をかけたのは、X社の営業現場のカイゼン活動を支援し、現場の負担を軽くするためでした。

 悔しさのあまり、泣きそうになりながら、僕は帰りのタクシーからX社の現場担当の方に電話しました。「○○さん。売るのを辞退してもよろしいでしょうか」。

 その1年後、A氏が突然会社を辞めたとの噂を聞きました。X社の人に理由を聞いてみると、なんと彼は女性の部下にセクハラを働いたため、問題がマスコミに漏れる前に辞めさせられたそうです。

 公式発表ではないので確認できませんが、恐らくその通りだと思います。A氏は善悪判断ではなく、会社の看板と肩書きの力に頼って他人との関係を扱うタイプです。女性の部下に対して同じ態度を取っても、少しもおかしくないと思ったからです。

コメント178件コメント/レビュー

宋さんの記事はいつも楽しみながら読ませてもらっています、多分人生観や、価値観に共鳴できるからだと思います。これからも楽しい記事をお願いします。当然、「あなたの常識正しいですか」を購入して読ませていただきます。(2007/04/15)

「宋文洲の傍目八目」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

宋さんの記事はいつも楽しみながら読ませてもらっています、多分人生観や、価値観に共鳴できるからだと思います。これからも楽しい記事をお願いします。当然、「あなたの常識正しいですか」を購入して読ませていただきます。(2007/04/15)

今回のコラムには、つい最近私自身が体験したことと重なり、共感を持って読みました。 まったく誤解をして対応する方が多いのには驚きます。 しかも地位や経験を、または高学歴を持った方々です。 なぜだろうか?と考えています。 子供の頃の教育、人間としての品性の教育、もあるでしょうが、大人になったとしても社会が、会社がなぜ、そのことを、このような人たちに教えることができなかったのでしょうか? 私自身も、会社の立場で言えば後輩や、仲間に、家庭では子供に、こう言った教育や話し合いをしているのかと足元も含め考えているところでのコラムでした。まず自分自身と自分の周りから、他山の石として、見直して見たいと思います。 参考になりました。(2007/04/07)

誰がそうさせたのか、ってことを考えました。自分の保身や出世のために、上司に気に入られるように要領良く振舞うことは誰もがやることです。また、社内政治として、権限を持つ人に働きかけることもよくあります。営業が絡む時は、関係が一時的であればあるほど、尋常ではないこともしてしまいます。例えば、広告代理店の話。新規開拓の担当者が自ら破格の奉仕をしてしまった、ということはないのでしょうか? 特別待遇が当たり前だと思わせた側の責任はないのでしょうか? もしかしたら、状況を知っていて救いの手を差し伸べなかった上司がへつらって開拓した顧客だったのかもしれません。その場合、責められるべきは誰でしょう? 西遊記にその人が望むものを幻として見せて騙す妖怪が出てきます。目的を持った者はその対象の一番の弱点を突いてきます。もし、自分が今までに誘惑に負けたことがないとしても、それは弱点を知られていないだけかもしれません。部下の立場や客観的な立場で考える理想的な上司の対応は理解出来ても、自分が困っている時は都合よく振舞う部下が好ましい。人間の心理を考えると、ヒラメ否定だって難しいのです。(2007/04/03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授