• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

入社式で「おめでとう」と言う“間違い”

2007年4月5日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「諸君、入社おめでとうございます」

 入社式でよく言われる挨拶ですが、なぜでしょうか。16年前、僕も入社式で同じことを言われました。しかし、なんと3カ月後にその会社は倒産してしまいました。

潰れる会社への入社

 1990年、北海道大学で博士課程を修了した僕は帰国する予定でしたが、運命から日本の会社に入社しました。社員は200人ほどの中小企業でした。知人の紹介で社長と知り合い、親切な人柄と熱意にひかれて、その会社に入社を決心しました。教授が紹介してくれた大手企業を断る時、教授からこう言われました。

 「君が探した会社はいつ潰れるか分からないぞ」

 入社式の後、新入社員の教育を受ける際、博士号を取って28歳にもなった僕は、専門学校を卒業した大半の他の新入社員と全く同じ扱いを受けました。「同級生」の彼らに僕は「国立大学の博士号も持っているあなたが、なぜこんな会社に入るの」「何か特別な狙いがあるのか」と聞かれました。

 この時、彼らは良い会社に行けないから、仕方なくこの会社に入ったことに気づきました。急に社長や幹部たちから聞かされる「おめでとう」や「1日も早く、先輩に近づくように努力してほしい」という言葉が空しく聞こえてきました。

 3カ月後のある日、社長がやつれた顔で僕にこう言ってきました。「宋さん、申し訳ない。不渡りを出しました」。ビジネス用語を知らない僕は、不渡りをてっきり「渡り鳥が飛んで来ない」と勘違いしてしまったのですが、事態を把握するのに時間を要しませんでした。呆然と社長の顔を見ていると、なぜか入社式の際に彼が述べた「諸君、入社、おめでどうございます」という挨拶が耳元に響きました。

従属関係の刷り込み

 僕の入社は結果的に、めでたいものではありませんでした。ですが、入社は元々めでたいものでも何でもないと感じていたので、社長を非難する気になりませんでした。むしろ夜逃げしなければならない社長とそのご家族のことが気がかりでした。会社が倒産してしまったこともあり、僕は生活のため、北大時代に開発した土木解析ソフトの販売を始め、それで得た資金を元手にして、92年にソフトブレーンを創業しました。

 入社早々、こうした経験をしたこともあり、それ以来、僕は常に経営者の立場から日本企業の入社式と新人教育を見てきました。すると、入社式は「同質従属型」の人間を作る最初の儀式と思えるようになりました。

 会社の大小、良し悪しに関係なく、社長が新人に「おめでとうございます」と語るのは、会社もしくはそこの経営者の立場が上で社員は下にあり、社員は主である会社ないし経営者に従う立場にある、ということを示していることになります。その言葉を素直に受け入れる新入社員も新入社員で、これから社会の荒海に自分の小船を漕ぎ出す時に、直面する困難を自ら乗り越えていく心構えを持つことを放棄しているように思えます。

コメント150件コメント/レビュー

「入社おめでとう」で宋先生は迎えられ、その後も同じような入社式を経験されたとのことですが、多くの方々は「皆さんをお迎え出来て嬉しい」というような言葉で迎えられたのではないでしょうか。業界紙に46社の社長挨拶のサマリーが掲載されていました。「入社おめでとう」の挨拶は1社のみでした。挨拶の全文を調べれば数社増えるのかも知れません。従属関係の刷り込み、同質従属型の人間を作る儀式、愛社精神を植えつける新入社員研修という論点も偏っておりませんか。社長さん達は世の中や業界、自社の現状や将来展望を述べ、期待する技量や人間像をあつく語っています。引続く研修を担当したことがあります。会社も配属部門も「好いても惚れるな」と強調しました。今や日本の多くの会社はグローバル企業として成功しています。大きな同心円上を回る同質とは言えない幾つもの輪は、習慣や価値観の違いを越えて同じゴールを目指しています。個性や行動力が尊重され、対応力等日本人の特性が発揮されて来たのだと思います。宋先生は今後も日本人では気付き難い諸々の問題に気付くと思います。それらは何故そうなったのか、どうしたら直せるかを論じて頂けれることに期待致します。(2007/05/05)

「宋文洲の傍目八目」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「入社おめでとう」で宋先生は迎えられ、その後も同じような入社式を経験されたとのことですが、多くの方々は「皆さんをお迎え出来て嬉しい」というような言葉で迎えられたのではないでしょうか。業界紙に46社の社長挨拶のサマリーが掲載されていました。「入社おめでとう」の挨拶は1社のみでした。挨拶の全文を調べれば数社増えるのかも知れません。従属関係の刷り込み、同質従属型の人間を作る儀式、愛社精神を植えつける新入社員研修という論点も偏っておりませんか。社長さん達は世の中や業界、自社の現状や将来展望を述べ、期待する技量や人間像をあつく語っています。引続く研修を担当したことがあります。会社も配属部門も「好いても惚れるな」と強調しました。今や日本の多くの会社はグローバル企業として成功しています。大きな同心円上を回る同質とは言えない幾つもの輪は、習慣や価値観の違いを越えて同じゴールを目指しています。個性や行動力が尊重され、対応力等日本人の特性が発揮されて来たのだと思います。宋先生は今後も日本人では気付き難い諸々の問題に気付くと思います。それらは何故そうなったのか、どうしたら直せるかを論じて頂けれることに期待致します。(2007/05/05)

日本人の持つ連帯意識及び中小企業に残る年功序列があればこれも会社に対して愛社精神が生まれ見事な会社人間になっていくことだと思います。ただ、人間としてのバランスは大事で、この点さえ忘れなければ会社に対して頑張れるものです。もともと働くことによりサラリーを受けている社員は、いかに会社組織のなかでもがいていくしかありません。社長がめでたいというならめでたいです。(2007/04/20)

まず気になる点が一つあります。・中国の企業では新入社員に帰属意識を高める メッセージをかけるのかどうか。かけるのであればそもそもこのコラムが無意味です。かけないと言う前提ですすめると次の二つの疑問が生まれます。・帰属意識を高めるために企業は何を行っているのか。・入社時に帰属意識を高めない事による労働力流出のリスクをどうまかなっているのか。このコストパフォーマンスが日本と比べてどうかというのが問題でしょう。(2007/04/11)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長