• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

(19)「格闘本部」で泣いた、店長と私

  • 長田 美穂

バックナンバー

2007年4月11日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

【お知らせ】この連載をまとめた単行本『お母さん社長が行く!』が発売されます。


第18回から読む

 上場したからって浮かれるな。延びきったゴムのような会社になるぞ--。

 果たして、坂本のその言葉は現実と化したのでした。

 2004年3月に上場し、夏がすぎ、秋になると既存店の数字に危うさが現れました。ついに10月には、全国ベースでは売上前年同月比を超えていても、重要な店のいくつかに、前年割れが出たのです。

「甘いよ!」と、研修旅行直前でUターン

 11月に既存店売上高の前年同月比がプラスであれば、18ヶ月連続となります。しかしその年の11月は前年より2日、休日が少なかった。休日と平日の売上は、1.3倍から2倍も違います。

 それでも1年半以上もプラスを記録し続けていたため、馴れが生じていたのでしょう。なんとかクリアできるだろう。私はそう思っていたのです。

 11月10日朝7時。オープン直後の川崎の店の朝礼に顔を出そうと、車に乗りこもうとした矢先でした。携帯電話が鳴りました。坂本でした。

 「前年同月比が今月、厳しいらしいな。どうなんだ」
 「はい、昨日までにそれぞれのエリアマネージャーが仕入れのためのチラシの手配や、商品の移動など、手を打っています」

 ああそうか、分かった、と言ってもらえるものだと思っていました。

 「甘いよ、おばさん!前年同月比を5%以上割っているマネージャーは、まさかバルセロナ行きに入っていないだろうな。すぐストップをかけろ!」

 ブックオフでは全社員を4グループに分けてバルセロナへの研修旅行を実施していました。その日は第2団の出発日でした。坂本も参加するため、成田へ向かう道中から電話をかけてきたのでした。

 その時点で担当エリアが前年同月比90%前後しか取れていないエリアのマネージャーは、参加者の中に7人いました。もう家は出ているでしょう。1人ずつ電話をかけ、急遽中止を通告せざるを得ません。「わかりました、すぐ戻ります」。成田エクスプレスの車中、彼らは小声で答えました。成田の集合場所で事情を話すと、「出発組」が「自分も行くべきではないので戻ります」と言い出し、「戻り組」は、「研修を成功させるために行ってくれ」と押し問答し、それはなんとか説得して、チェックインゲートを挟み、「出発組」と「戻り組」は、涙で別れました。

 送り出したと思ったエリアマネージャーが戻ってきた。当該地域の店長は、青くなりました。本社にも、緊迫した空気が走りました。

赤ハチマキで突破宣言

 「すぐさま本社内に横断幕を掲げろ」

 坂本からは国際電話がひっきりなしに入ります。

 「04年11月度 前年同月比突破格闘本部」

 本部長は私、橋本真由美。以下、副本部長に執行役員、商品センター代表、事務局は企業戦略室。全員、頭に赤ハチマキ装着が義務でした。

ブックオフ社長 橋本真由美氏

ブックオフ社長 橋本真由美氏 (写真:鈴木 愛子)

 来社したお客様は、「ストですか」と驚愕します。
 こういう時、ブックオフの団結力はすごいのです。総力戦です。役員もシフトを組んで、店に入ります。日頃は現場から離れている人間が店に来ても、かえって足手まといなはず。それでもセールの呼び込みをしたり、段ボールを運んだりして、スタッフさんたちと危機感を共有しようとしました。

 中でも猪突猛進型である私は、頭に血がのぼり切っていました。この「格闘本部」で1つ、また、現場とやりあってしまいました。

 バルセロナ行きをストップさせられたエリアマネージャーの中に、そのエリアの足を大きく引っ張る問題店を抱えてた人がいました。スタッフさんとの意志疎通ができていないし、時間感覚にもルーズ、店舗運営全体に甘えのみられる店長がいたのです。

 私もかねて気になっていた人でした。問題の店長に、「スタッフさんとうまくいっているの?」と声をかけると、彼は言うのです。

 「はい、うまくいっています。自分が遅刻した時、『大丈夫?』と心配してくれます」

 なんと情けない返事か。この人には店長は無理だ--。こう思っていた私は、エリアマネージャーにその旨を幾度となく言い、彼を外せとせっついてきました。そしてこの危機的状況を機に、ついに、彼の異動を決めたのです。

 異動を言い渡すと、エリアマネージャーと当の店長が本社へ飛んでやってきました。店長は「もう一度チャンスが欲しい」と涙を流して私に言いました。

 私は、厳然と突き放したのです。

コメント5

「ブックオフ社長橋本真由美の「最強の現場の創り方」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長