• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「働く」って何だっけ?
日本の労働観を再考せよ

田坂広志 シンクタンク・ソフィアバンク代表

  • 水野 博泰

バックナンバー

2007年4月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

日本的経営を進化させるための機軸は、日本人の心の奥底にある独特の労働観にこそある──。
「仕事の報酬は仕事」が持論である田坂広志氏は、今こそ、働く者がその誇りと自信を取り戻す時だと提言する。


 日本人の労働観の根底には、「働くとは傍(はた)を楽(らく)にすること」というものがあります。

 「世のため、人のため」「死ぬまで世の中のお役に立ちたい」という言葉をよく聞きます。早く引退して悠々自適にやりたいという人は意外に少ない。日本人は働くということを、「生活のための手段」という感覚だけではなく、違う次元からも見つめてきました。働くことを「苦役」と考える欧米的な考え方とは大きく違います。

社員の心の奥を見よ

 日本人の報酬観も独特です。「給料や年収」「役職や地位」はもちろんなのですが、これら以外の目に見えない「4つの報酬」を重視している。

シンクタンク・ソフィアバンク代表 田坂 広志氏

田坂 広志(たさか・ひろし)
Hiroshi Tasaka
1951年生まれ。74年東京大学工学部卒業。81年東京大学大学院修了。工学博士。90年日本総合研究所の設立に参画。2000年6月シンクタンク・ソフィアバンクを設立。新しい時代における生き方と働き方を提唱している。多摩大学大学院教授も務める。

 第1に「働きがいのある仕事」。これは「仕事の報酬は仕事」という考え方に通じる。第2に「職業人としての能力」。腕を磨くことそのものに喜びを感じるのです。「求道、これ道なり」という名言があって、道を歩むことそのものが幸せな状態だと思っている。

 第3が「人間としての成長」。腕を磨くということは、すなわち、己を磨くこと。「人間成長」が報酬だと思っている。だから、定年退職の時に、「おかげさまでこの会社で成長させていただきました」と感謝するんですね。そして第4が、「良き仲間との出会い」。「縁」という思想です。

 これら4つが、日本人が働くことの喜び、つまり報酬になっている。そのことをしっかり見つめ直しておかないと、欧米的な経営を後ろから追い続けるだけで、日本的経営の新しい姿は見えてこないでしょう。

 松下幸之助氏は、こう言った。

 「企業は本業を通じて社会貢献をする。利益とは社会に貢献したことの証しである。多くの利益を与えられたということは、その利益を使って、さらなる社会貢献をせよとの世の声だ」

 これこそが、日本的経営の利益観なのですね。欧米の利益観は少し違っていて、利益を悪とは言わないにしてもどこか後ろめたいものととらえる傾向がある。日本では、利益は社会に貢献した証しだと堂々としている。

 日本人の人材観も独特です。「一隅を照らす、これ国の宝なり」と最澄は言いました。役職が上だから偉い、下だから偉くないという感覚が日本人は欧米よりも薄い。日本の経営者が好む名言に「千人の頭となる人物は、千人に頭を垂れることができなければならぬ」というのがあります。こういう謙虚さが日本的経営の思想の根底にあったはずなんです。

 ところが今、欧米的な労働観と日本的な労働観の狭間で混乱が生じています。給料、年収、役職で報いるということは明確に行うべきですが、それを突き詰めていったところに正解はない。そのことに、本当は皆が薄々感づいているのではないんですか。

コメント19

「新日本的経営の姿」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO