• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

職人技を超えてしまった食品ロボット

コバードの「マジックハンド」、包む技術で世界市場へ

  • 鶴岡 弘之

バックナンバー

2007年4月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

この記事は、テキストと動画の組み合わせで多角的にお届けします。動画は、コバードの小林社長へのインタビューや機械の動きなどを収録した約8分間の「スペシャル番組」です。テキスト記事と併せて、ぜひ動画をご覧ください。

※動画再生をクリックしてもご覧になれない方、またはOSがMACの方はこちらから
(システム条件がWindows XP Service Pack 2 or Vista以降で、Quicktime7.2が必要です。MACの方は、Mac OS X v10.3.9とv10.4.9以降。必要に応じてインストールをお願いします。
Quicktime:windowsMac)
また、Windows VistaのInternet Explorer7でご覧になれない方は「スタート」⇒「コントロールパネル」⇒「プログラム」⇒「規定のプログラム」⇒「プログラムのアクセスとコンピュータの規定の設定」⇒「カスタム」⇒「規定のメディアプレイヤーを選択してください」で「Windows Media Player」を設定してください。


動画再生

 福井に食品業界の発明王がいる。
 食品機械メーカー、コバード(福井県坂井市)の小林将男社長である。

 コバードは従業員が100人程度の小さな会社だ。しかし他社には決して作れない独自の機械を次々と開発して、世界の市場を切り開いている。

 小林社長が発明し、2003年に発売した「マジックハンド」という機械がある。これは食品製造プロセスのイノベーションとも言える画期的な機械だ。

 マジックハンドは、発酵生地の中に具材を包み込んでアンパン、ドーナツ、中華まんじゅうなどを作る「包あん機」と呼ばれる機械である。従来の包あん機は、次のような仕組みだった。まず、生地を円筒状にしてその中心に具材を詰め、棒状態の材料を作る。その材料を機械に通して切断し、切断面を丸める。

図版

コバードの小林将男社長

 機械化することで職人の手間は大きく減らせるのだが、この方法にはいくつかの問題があった。まず、生地が傷められ、焼く時に大きく膨らまない。また切断後の形が悪く、形を整える手間がかかっていた。そのため小さなお菓子やパンならよいのだが、ある程度の大きさになると手包みに頼らざるを得なかった。大手製パンメーカーでも、アンパンは手包みで作るのが一般的だった。手包みと同様の品質で、安定的に生産できる包あん機。食品メーカーはそんな機械を待ち望んでいた。

図版

「マジックハンド」の成形部分。中央の生地の上に具材を落とし、包み込む

 これを世界で初めて実現したのが、マジックハンドだ。小林社長は、薄く広げた生地の中央に具材を落とし、人の手のように包み込む方法を発明した。マジックハンドは生地を痛めずに、瞬時に丸く包むことができる。出来上がった食品の品質は、手包みに決して引けを取らない。マジックハンドのテストを行った京都の老舗ベーカリー、志津屋本社製パン部の鳥居肇次長は、「我々の職人が手で作るのと同等以上のレベルを実現できている」と性能を高く評価する。

もはや人の手を超えている

 工場における省人化、効率化の効果は言うまでもない。マジックハンドの導入によって数十人で行っていたパン作り、お菓子作りの作業が、数人以下の見張り担当者だけで行えるようになる。生産性は5~10倍にまで高められる。

コメント7

「イノベーションで切り拓く新市場」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授