• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「掛け捨て保険は損」のウソ

民間医療保険――5つの誤解(4)

  • 内藤 眞弓

バックナンバー

2007年5月7日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 掛け捨て保険は損だと思っている人が多いようですが、保険料に全く掛け捨て部分が含まれていない保険はありません。

 私たちが支払う保険料は、将来の給付金支払いなどに備えて積み立てられる「純保険料」と、保険会社の経費に充てられる「付加保険料」から成り立っています。

 当然ながら契約者が「付加保険料」を受け取ることはできません。また、入院や手術などの支払い要件を満たさなければ給付金は受け取れませんから、純保険料も掛け捨てになってしまいます。

お祝い金も条件によっては受け取れない

 だからと言って、お祝い金が受け取れるタイプの民間医療保険が得かと言えば、純保険料の中にお祝い金のための保険料が織り込まれているため、同じ保障内容でも保険料が高くなってしまいます。つまり、お祝い金などは保険会社のサービスやご褒美ではなく、自ら支払った保険料から受け取っているだけのことです。

 お祝い金の支払い要件は、「所定の日に被保険者が生存している時」ですから、保険期間中に亡くなった時は、それまで払ったお祝い金のための保険料は掛け捨てになります。

 もし、お祝い金の支払い要件に「入院給付金を受け取らなかった時」というのがプラスされていれば、いくら所定の日に生きていても、入院給付金を受け取っていればお祝い金は受け取れず、掛け捨てになってしまいます。

 そもそも保険料を払うということは、自分自身のお金を契約者共通の財産にするということです。保険会社は多くの契約者から保険料を集め、そこから契約を維持するためのコストを差し引き、将来の給付金やお祝い金支払いに備えて積み立てておきます。

 そして、その中から入院や手術をした人に対して給付金を支払ったり、所定の日に生存している人にお祝い金を支払ったりするのです。

保険と貯蓄はそれぞれの機能ごとに分けて使う

 保障と貯蓄を「保険」という1つの枠組みの中で実現しようとすると、どうしてもムダが生じます。民間医療保険は入院や手術の保障を買うものと割り切って、シンプルで割安なものに加入し、あとは自前で貯蓄をしていってはどうでしょう。

コメント5件コメント/レビュー

内藤さんの本も拝見したことがあります。掛け捨てよりもお祝い金タイプが得と思いそうですが、よく考えれば、その分の保険料がプラスされているんですよね。これを多くの人が知らないのが悲しいトコロです・・・。(2007/05/20)

「戦略的・家計運営術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

内藤さんの本も拝見したことがあります。掛け捨てよりもお祝い金タイプが得と思いそうですが、よく考えれば、その分の保険料がプラスされているんですよね。これを多くの人が知らないのが悲しいトコロです・・・。(2007/05/20)

「保険は損」、考えてみれば当たり前ですね。保険というのは不幸が起こることに賭ける賭博で営利事業ですから、保険金をもらえる期待値より保険料が高く設定されていて、当然胴元の保険会社が儲かるようになっています。ちなみに、損害に耐えられるだけの資産を持つ金持ちは保険に入りません。損害が起こったときに自前の金を出すほうが得だからです。もし、損害が起こっても到底払いきれないものは損であっても保険に入るしかないでしょう(自動車の対人保険とか火災保険とか)。貧乏人から金持ちに統計的にお金が移転するしくみが保険にもあるということですね。(2007/05/12)

内藤さんの記事等はよく見るので論旨は理解しているつもりです。しかし「保険商品は損得で考えては意味がない」がどうもしっくりこないです。別な言い方にするか、もう一段の論理の流れがひつようではないでしょうか? (2007/05/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長