• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

あの技術が期待外れに終わった理由

本当に「やらなきゃよかった」のか

  • 池澤 直樹

バックナンバー

2007年5月14日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「失われた10年」と呼ばれている時期、1990年代の中頃の話である。製造業の経営企画関連に従事されている方々を中心とした集まりがあった。私は製造業に属しているわけではないが、声をかけていただき、参加させていただいた。

 雑談していたところ、研究所についての厳しい意見が出てきた。例えば「うちの研究所は、この10年、事業の種になるような成果を全く上げていない」という意見である。この手の意見は今でもよく聞かれるが、当時は製造業の事業環境が非常に厳しい時代である。その場では、研究所に対する批判的な意見が飛び交っていた。

 そこにいたメンバーは経営企画やマーケティング関連部署に属している人がほとんどで、研究所に所属している人、あるいは以前にそのような立場にいた人は皆無だった。従って研究所についての悪口が言いやすい場だった。中には「そもそも研究所は必要ないのではないか」などといった過激な意見もあった。

「電子冷蔵庫」時代は来なかった

 研究所だけではなく、研究者についてもいろいろな不満の声が上がった。特に多かったのが、「研究者は好き勝手なことばかりやっていて、ちっとも会社に貢献しない」という意見である。研究者は自分の研究について、「この研究で新しい事業が生まれ、大きな利益が得られる」と主張する。その主張を信じて会社は資金を投入する。しかし、結果は期待外れだったといった事例は枚挙にいとまがないというわけだ。

 その時に出された例が、次のようなテーマである。

・ペルチエ素子
・磁気バブルメモリー
・ミリ波導波管
・レーザーカード
・ホログラム
・垂直磁気記録
・コヒーレント光通信
・ジョセフソンコンピューター
・第5世代コンピューター
・セラミックスエンジン
・光磁気記録
・高温超伝導

 これらは技術として消え去ってしまったわけではない。しかし、いずれも期待されたほどの結果を得ることができなかった。研究所の外から見たら、いわば「やらなきゃよかったテーマ」である。

コメント16

「イノベーション解剖学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師