• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【第1章】 誰が主権者を吊るせるか?

二重の職人芸

  • 佐藤 優,伊東 乾

バックナンバー

2007年9月6日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

国家とは何か、権力とはどう使うべきものなのか、死刑には何の意味があるのか。これまで日本では真正面から議論、考察されたことがあまりないテーマについて、現在最もホットな作家である佐藤優氏と伊東乾氏が5時間以上にわたって熱く議論した。自ら512日間も拘留された経験や地下鉄サリン事件の実行犯を同級生に持つ作家たちだけに、観念論に陥ることなく具体論で喝破していく。迫真の議論をテーマ別にシリーズでお届けする。(司会進行は本誌編集長 川嶋 諭)

対談風景

左:伊東 乾 氏 右:佐藤 優 氏(写真:山下 裕之、以下同)


伊東 佐藤さんが雑誌「創」誌上で「拘置所経験を通じて死刑廃止論者になった」とお書きになっているのを拝見して、ぜひお目にかかってお話をうかがいたいと思いました。私自身は、実は廃止論というより、死刑制度うんぬん以前に、まず現行法の枠組みの中で、いま進行している裁判で何がどこまでできるか、ということの方に、興味を持っているのではあるのですが・・・。

佐藤 日本の裁判制度ということならば、悲観的にならざるを得ません。私も刑事被告人になるまで分かりませんでしたが、あれは近代的な裁判ではなく、「お白州」です。それに検察官、裁判官の外交に関する知識は、実に頼りなく、公判で外交秘密の漏洩を防ぐために被告人である私が努力するしかない。

 私は長年、外交の世界で情報屋をしてきたので、機密情報を、実は腹にたんまり抱えています。犯罪に該当する行為をした覚えはないから、もちろん無罪を取りたい。しかし、国益を害する内容にまで言及して自らの無罪を立証する気にはなりませんでした。そもそも検察が有罪を立証するのではなく、被告人が無罪を立証するという魔女裁判のようなゲームのルールが適用されるのが現下日本の裁判なのです。

 この体験をするまでは、司法についてそれほど強い問題意識を持っていませんでした。従って、死刑についても、制度としてこれもやむなし、ぐらいの感覚でいたのです。ところが実際に東京拘置所で生活してみて、死刑は絶対に廃止すべきだ、と考えるようになりました。

伊東 クリスチャンの佐藤さんも、以前は死刑存置論者だったわけですね。

佐藤 そうです。キリスト教とは新約聖書と共に旧約聖書も信じているわけですから、旧約で定められた応報刑として死刑はやむを得ない場合があると考えていました。

 ところで、現在、欧州のみならずロシアでも、死刑が廃止されています。死刑廃止は国際的趨勢です。それはこれまでの死刑制度の経験から、このような刑罰はなくした方がいいという経験知の裏づけがあるからです。

 この関連で、イスラエルにとても興味深い例があります。イスラエルに死刑制度は存在しません。唯一の例外が、有名なアイヒマン裁判です。ナチス・ドイツの絶滅強制収容所の責任者だったアイヒマンの処刑が、イスラエルでかつて実行されたただ1つの死刑です。

 イスラエルで死刑が廃止されているというのは、「死刑囚がかわいそうだ」というような情緒論ではなく、実は国権論から考えてのことなんです。死刑によって法秩序を維持するのは弱い国家だという意識があるからです。アイヒマンの処刑についてもイスラエル国家の弱さを示すものとイスラエルの知識人は認識しています。

 聖書には「汝、殺すことなかれ」とある。人が人を殺すことはいけないのだから、まして、国家が人を殺すことはいけないという思いが、私も塀の中で強くなったのは確かです。ただし、このような信仰に基づく個人的見解を初めから公共圏の討議に持ってくるのはカテゴリー違いだと思います。私は国家主義者です。従って、国権論の観点から見て、死刑は廃止すべきだと思うようになりました。

伊東 こういう議論は、もっときっちりなされるべきだと本当に思いますね。日本国憲法は全文において高らかに「国民主権」を謳っているけれど、刑法は明治41(1908)年に施行された第9条のまま、刑罰の種類として「死刑、懲役、禁錮、罰金、拘留及び科料を主刑」としています。欽定憲法下の刑罰が、国の制度が変わっても温存されたままになっているけれど、その矛盾を明確に指摘する人は、きわめて少ない。でもいったい「主権者を吊るす国家」ってどういうものなんでしょうね?

コメント12件コメント/レビュー

死刑制度ではなく、日本の司法制度全般に関するコラムと見れば、全面的に同意できます。刑事事件では一般に被害者が居ますので、被害者側からの議論を同時にしないと一方的だと思います。官が腐敗しているからこそ裁判員制度を生かさなければならないと考えます。(2007/09/10)

「『国家と罰』」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

死刑制度ではなく、日本の司法制度全般に関するコラムと見れば、全面的に同意できます。刑事事件では一般に被害者が居ますので、被害者側からの議論を同時にしないと一方的だと思います。官が腐敗しているからこそ裁判員制度を生かさなければならないと考えます。(2007/09/10)

いまベストセラーの「反転」の著者田中理一氏も検察官の経験から、事件は「ストーリーに従い作り上げる事が出来る」と佐藤氏と同じようなことを言っている。本当にそうなのだろうか?被告はその事を公判時に「そのストーリーはここが違う」と反論・主張する事はできないのですか?(2007/09/08)

まず、かつて「堀の内側」におり、いまだ当局と係争中の佐藤氏のモチベーション、及びこれを紹介・論点として記事する日経BPに敬意を表したいと思います。(当局(悪)vs佐藤氏(善)というふうには思っていませんが)経験した人のみが語れる部分も多いでしょう。絶対的な権力は「必ず腐敗する」とは周知の通り、人間が作り上げる組織で「完全」はあり得ません。個々の人々が自分の責務に忠実であろうとする事は事実ですが、これらの「組織」がどのように「相互チェック」されているかどうか、絶えず考慮する必要があるでしょう。そして各個人がその認識をどのように、どんな方法で具体的に示すことができるか、そのあたりの情報も期待しています。(2007/09/07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長