• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

三菱重工の風力発電事業、
瀬戸際から一気に形勢逆転へ

大型風車で世界と勝負

  • 鶴岡 弘之

バックナンバー

2007年7月31日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 この記事は、テキストと動画の組み合わせで多角的にお届けします。動画は、三菱重工業の高山栄太郎・風力発電事業ユニット長をはじめとするキーパーソンへのインタビュー、風車の映像などを収録した約7分間の「スペシャル番組」です。テキスト記事と併せて、ぜひ動画をご覧ください。

※動画再生をクリックしてもご覧になれない方、またはOSがMACの方はこちらから
(システム条件がWindows XP Service Pack 2 or Vista以降で、Quicktime7.2が必要です。MACの方は、Mac OS X v10.3.9とv10.4.9以降。必要に応じてインストールをお願いします。
Quicktime:windowsMac)
また、Windows VistaのInternet Explorer7でご覧になれない方は「スタート」⇒「コントロールパネル」⇒「プログラム」⇒「規定のプログラム」⇒「プログラムのアクセスとコンピュータの規定の設定」⇒「カスタム」⇒「規定のメディアプレイヤーを選択してください」で「Windows Media Player」を設定してください。


動画再生

 三菱重工業が作る風力発電の風車は、とてつもなく大きい。

 同社は、国内最大級となる定格出力2400キロワット級の風車を開発。2006年秋に米国の電力会社から約40基を一括で初受注した。この2400キロワット級風車は、翼回転部分の直径がなんと90メートル以上に達する。

 横浜・みなとみらい21の大観覧車「コスモクロック21」や、大阪の天保山大観覧車の直径が約100メートルである。つまり、大観覧車と同じようなサイズの巨大な翼が、約70メートル上空でぐるぐると回っているのだ。1分間に翼が15回転した場合、先端の速度は時速約260キロに達する。新幹線よりも速い、目にも止まらないスピードだ。

 風力発電とは、風の力が翼を回し、その回転エネルギーを発電機に伝えて電気エネルギーを発生させる仕組みだ。一見、シンプルな機械に思えるが、決して簡単に作れるものではない。その中身は、まさにノウハウとイノベーションのかたまりと言っても過言ではない。

順調に成長していく風力発電市場

図版

2400キロワット級風車の「MWT92/2.4」。翼部分の直径は92メートル

 三菱重工は、日本で唯一、大型の風力発電設備を作り続けてきたメーカーだ。同社の風力発電事業には、今、強い追い風が吹き、かつてないほどの活況を呈している。

 同社が風力発電事業に取り組み始めたのは1980年のこと。自衛隊が放出したヘリコプターの中古ブレードを活用して試作機を作ったのがきっかけだった。以来、30年近くにわたり風力発電設備を開発・製造してきた。

 しかし、その事業は決して順風満帆ではなかった。それどころかなかなか採算が取れず、何度となく「いつやめるか」という瀬戸際に立たされてきたのである。それがこの2~3年で、一気に形勢が逆転し始めた。

コメント8

「イノベーションで切り拓く新市場」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長