• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

マージャンもビジネスも、ネット上のデータ分析が武器に

2007年8月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 『科学する麻雀』(講談社現代新書)という本がある。とつげき東北というペンネームで、理系の国家公務員(!)の方が書いたものだ。東風荘というネット上の麻雀サイトでの膨大な対局データを基に、従来の麻雀の常識やセオリー(例えば「リーチ宣言牌のソバは危険」といった類)が妥当かどうかを検証し、さらに、新しい麻雀理論を構築しようとした、なかなか面白い本である。

 この本の面白さの本質は、インターネットによって、実際の人間の行動とその結果(この場合は、麻雀でどのような手を打つかという選択と、その結果である勝ち負け)がデータの形で手に入ること、そしてそれを活用することで、今まで見えなかったことが見えるようになる、ということにあると思う。

ネット上での実際の対局からデータを収集

 従来のセオリーは、経験的に「こちらの方が良さそう」、あるいは「(自分の手についてだけを考えると)この打ち方ならば上がれる可能性が高い」などというものだった。前者は経験則と言いながら、実際のデータによって検証されていない。そのため、いわば感覚論になりがちだ。後者は「対戦相手の合理性を前提とした確率論」である。しかし実際のプレーヤーは、心理的な要素も加味すると、必ずしも(確率論的な意味で)合理的な行動を取るわけではない。

 『科学する麻雀』の場合は、実際の対局データを基に、どういう局面で、どういう手を打つとより良い結果がもたらされるかについて、科学的な分析を加えている。また対局データ自体が、プレーヤーが様々な心理的な駆け引きや葛藤を踏まえて実際に行動した結果に基づいているので、「合理性を前提とすることの限界」を軽々と乗り越えているのだ。

 経済学の世界でも、最近、実験経済学という分野が盛んになってきているのは、ご承知の通りだ。公的サービスの価格やサービスレベルの設計、あるいは選挙結果の予測などにも使われ始めている。

 理論だけに基づくのではなく、実際の人間の行動を元に、より適切な経済施策を考えていくというのが、実験経済学の根本思想。『科学する麻雀』でとつげき東北氏が取った手法は、この根本思想と全く同じ考え方に則ったものだと言えよう。

ネットの世界の中にある「リアル」とは

 先ほど述べたように、ネット上で麻雀が行われることで、膨大なデータを収集できるようになった。『科学する麻雀』の分析も、そのデータがあって初めて可能になった。リアルの世界で同じようなデータを集めようとすると、おそらく天文学的なコストと時間がかかっていただろう。

 実験経済学の場合も、インターネット上で多数の人々が参加して実験を行えるようになって、どんどん進歩のスピードが上がってきているように見える。

コメント0

「御立尚資の「経営レンズ箱」」のバックナンバー

一覧

「マージャンもビジネスも、ネット上のデータ分析が武器に」の著者

御立 尚資

御立 尚資(みたち・たかし)

BCG シニア・アドバイザー

京都大学文学部卒。米ハーバード大学経営学修士。日本航空を経てボストン コンサルティング グループ(BCG)に入社。BCG日本代表、グローバル経営会議メンバー等を歴任。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官