• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

トップページで顧客に応じた情報表示
来店予約は40%増、資料請求3倍増

  • 中村 実里=フリーライター

バックナンバー

2007年10月19日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

リラクゼーションサロン関連事業を展開するリラクは、2007年4月からWebサイトでLPO(ランディングページ最適化)を実施。外部の事業者の力をうまく使って、肥大化するWebサイト上のコンテンツを顧客のニーズに合わせて最適表示できるように改善した。来店予約件数を約40%増やすなど、大きな成果を上げた。

 自社のWebサイトで、検索エンジンや検索連動型広告経由の来訪者に対して検索キーワードに応じた最適なコンテンツを表示するLPOと呼ばれる対策を実施。来店予約件数が約40%増加し、資料請求も約3倍に増えた──。

 このような目覚しいWebプロモーション効果を手中にし、離脱ユーザーの増加といった課題の解決に成功したのが、「和風癒処(わふうゆどころ)」といったリラクゼーションサロンのフランチャイズチェーン(FC)事業などを展開する、リラクだ。

Webサイトで顧客が求めている情報を見つけにくく、機会損失が著しかった
「リラク」

外部に依託し社長がサイト統括

 採用した手法は、検索エンジンで来訪者が入力した検索キーワードに応じて、Webサイトのトップページへ最適なコンテンツを動的に表示するもの()。Webマーケティング会社のアクシイズ(東京都渋谷区)が提供するASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)型のLPOサービス「CONDUCTOR LCO」を使って実現した。通常のLPOでは、キーワードごとに最適なランディングページを数多く作る必要があるが、同サービスを使えば同じトップページに表示するコンテンツだけを作成すれば済む。

図 外部のサービスを活用し、ユーザーの興味・関心に合ったコンテンツ表示で申し込み件数を増やしたリラク
和風癒処

 LPOの対象とするキーワード選定からその実施に至るまでの作業はアクシイズに委託。リラク代表取締役の江口皓士氏が、同社と調整しながらWebサイトを統括している。

 現在、リラクがWebプロモーションにかけている費用は、検索連動型広告やASPサービスを含めて月額50万円。ASPサービスの費用を単体で見ると、「ネット広告費の1 割程度が目安」(アクシイズ)という。今後は、「広告を出稿してきたクーポン誌の集客効果が落ちているため、ネット広告にシフトしていく」(江口氏)方針だ。

※当記事は10月25日(木)創刊の『日経ネットマーケティング』創刊前特別号に掲載された記事の一部です。『日経ネットマーケティング』は、ネットとケータイで“売れる”仕組みが分かる、事例とデータを毎月お届する 雑誌です。本誌の詳細はこちら をぜひご覧ください。

<日経ネットマーケティングからのお知らせ>
■11月7日(水)東京ミッドタウンで「NET Marketing FORUM Fall 2007」を開催します。ネットマーケティングの最新事例、先進技術の全てが分かるマーケッタ必聴の24セッション。詳しくはこちらからどうぞ。

「ネットマーケティング最前線」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長