• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

神話の世界から降りてきたニコン

  • 鶴岡 弘之

バックナンバー

2007年10月31日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

特集「イノベーションで切り拓く新市場」が、「ザ・ターニングポイント ~イノベーションの軌跡」として装い新たに再スタートを切りました。動画番組もテキスト記事も今まで以上にパワーアップしてお届けします。番組では、ニコンの苅谷社長、木村専務をはじめとするキーパーソンへのインタビューなどを通して、ニコンのターニングポイントに迫りました。ぜひご覧ください。

動画再生

※上記でご覧になれない方、またはOSがMACの方はこちらから
(システム条件がWindows XP Service Pack 2 or Vista以降で、Quicktime7.2が必要です。MACの方は、Mac OS X v10.3.9とv10.4.9以降。必要に応じてインストールをお願いします。
Quicktime:windowsMac)
※iTunesの登録はこちらから

また、Windows VistaのInternet Explorer7でご覧になれない方は「スタート」⇒「コントロールパネル」⇒「プログラム」⇒「規定のプログラム」⇒「プログラムのアクセスとコンピュータの規定の設定」⇒「カスタム」⇒「規定のメディアプレイヤーを選択してください」で「Windows Media Player」を設定してください。

 ニコンが劇的な復活を遂げた。その復活のさまは、まさに「どん底から這い上がった」という表現がふさわしい。

図版

ニコンの連結売上高と営業利益の最終損益の推移

 2002年3月期、2003年3月期と2年連続の最終赤字に直面した。追い詰められた状況の中で、経営改革に着手。次年度以降、業績は右肩上がりで回復し、2007年3月期は過去最高の売上高と利益を達成した(売上高が8228億円、営業利益が1020億円、最終利益が548億円)。2008年3月期は、さらなる更新を見込む。

戦場で生まれた数々の神話

 いわゆる「ニコン神話」というものがある。「ニコンほど頑丈なカメラはない」──。数々の伝説的なエピソードによって、ニコンのカメラはそのタフネスぶりが語り継がれてきた。例えば次のようなエピソードである。

 ・朝鮮戦争当時、報道カメラマンたちがニコンのカメラを戦場に持参。極寒の中でライカやコンタックスといったドイツ製カメラはシャッターが切れなくなったが、ニコンのカメラだけは動き続けた。
 ・ベトナム戦争の戦場に行った報道カメラマンが被弾。胸に下げていたチタンボディーのニコンFが銃弾を受け止めたおかげで、カメラマンは一命を取り留めた。
 ・飛行機が墜落した現場から、遺品としてニコンのカメラが出てきた。炎に包まれた様子だったが、中のフィルムは無事だった。現像するときちんと写真が写っていた──。

 こうした様々なエピソードによって、ニコンは神話の世界に君臨するようになった。神話がつきまとう日本の会社はニコンだけではない。かつては「ソニー神話」もあれば「ホンダ神話」もあった。だが、ニコンの場合は一線を画している。

 ソニーやホンダは、奇跡的な成長ぶりが、創業者の強烈なキャラクターとともに、あたかも神話のように語られた(ホンダの場合はF1における活躍も神話だった)。だがニコンは企業としての成長ぶりが際立っていたわけではない。神話はもっぱらニコンの製品、つまりカメラそのものについてまわっていた。

 だからソニーやホンダと比べると、ニコンという会社の内側はなかなか見えてこなかった。製品が放つ光があまりにも強すぎたからかもしれない。

設計者が神様のようだった

 では、ニコンとはどのような会社だったのか。一言で言えば、「“実直、真面目”を絵に描いたような、頑固なまでの技術者集団」ということになるだろう。ニコンと聞くと多くの人は「技術力の会社」だと思い浮かべる。それは決して間違いではなく、一般的なイメージを上回るほど徹底的に技術志向の会社だった。

 社内では設計者がまるで神様のような存在だった。新商品を開発する際は、設計者が作りたいように作る。あくまでも自分たちが理想とするカメラの完成形を追い求めるのだ。

コメント10件コメント/レビュー

夫が最近購入したニコン社のカメラはシロウトの私には何だかさえないデザインだと思ったのですが、カメラ小僧の夫がいろいろ比較検討したところ、そのカメラに決定したそうです。その後、この記事を読み、なるほど!と思いました。こういう方が社長の日本だと何だか元気が出ますね。失速する米国経済、台頭する中国において、今後も日本が確固たる地位を築いていけたらと思います。(2007/11/11)

「ザ・ターニングポイント」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

夫が最近購入したニコン社のカメラはシロウトの私には何だかさえないデザインだと思ったのですが、カメラ小僧の夫がいろいろ比較検討したところ、そのカメラに決定したそうです。その後、この記事を読み、なるほど!と思いました。こういう方が社長の日本だと何だか元気が出ますね。失速する米国経済、台頭する中国において、今後も日本が確固たる地位を築いていけたらと思います。(2007/11/11)

今の日本の企業経営を見たとき、思わず「おぉ」と唸りたくなる記事でした。そんな会社が日本にはあるんですね。コストダウンやら競争やら、見た目の数字で短期的に評価する企業が多いなか本当にスゴイなぁと思いました。コストダウンも競争もCSRもいいんですが、企業ってなんのためにあり、何をしてるかが分からないまま、見た目の数値のみを追いかけている人間に知って欲しい話だ。それにしても、ヤッパリ技術ってホントに大切なんですね。(2007/11/11)

大変参考になりました。大学時代からのニコンファンですので、この起死回生の復活には、心からの拍手をお送りしたいと思います。現在もニコンのデジタルカメラユーザではありますが、先日訳あってかつての愛器であったF3のシャッターを切る機会がありました。やはり、機械式のシャッター音には独特の感触があり、人の感性に近いものを感じました。写真にはその人の感性がのりうつると私は信じています。技術革新に偏重するのではなく、変えてはならないものを大事に継承しつづけることが大切なのかもしれないと、あらためて思わされました。(2007/11/01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長