• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

2007年テレビ新作、セルDVDランキング上位に姿なし
~“冷や水”を浴びたアニメ業界

AT-X取締役、中村直樹氏に聞く

  • 中村 均

バックナンバー

2007年12月27日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 12月も後半に入り、2007年のアニメ作品のヒットの模様が見えてきた。

 まずは映画興行だ。こちらは毎年恒例の「ポケモン」「名探偵コナン」「クレヨンしんちゃん」「ドラえもん」という東宝の看板シリーズのヒットに加えて、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」が小規模の配給にもかかわらず予想外の健闘を見せ、9月最初の週末ランキングで1位を獲得。「ヱヴァ」が持つブランドのパワーを証明した。

 ただし、目立ったトピックはこれくらい。「ヱヴァ」以外で、話題となる動きはほとんどなく、関係者の期待が高かった「ベクシル 2077日本鎖国」や「EX MACHINA-エクスマキナ」といったCG技術を駆使した作品も、残念ながら“新しい時代の流れ”を生み出すまでには至らなかった。

 一方、アニメビジネスの“主戦場”であるテレビ放送の世界はどうだったのだろうか。

AT-X取締役 中村直樹氏

AT-X取締役 中村直樹氏

「ここ数年、セルDVDでの売り上げを見込んで、テレビアニメが大量に製作されてきたが、ハードディスクレコーダーの普及などの影響で、売れるものと売れないものの差は広がる一方だ」

 と、AT-X取締役の中村直樹氏は語る。

「ちょっと前までは映像クオリティに少々問題が合っても、それが“商品”として市場に出てしまうことがあった。しかし、もはやそういう作品は通用しない。見方を変えれば、粗製濫造されてきたものが淘汰され、市場が健全になる過渡期なのかもしれない。とはいえ、業界としてみれば“冷や水”を浴びせられた状況だ。これを機に初心に帰って、映像ビジネスの事業基盤をどうするのか考えるべきだろう」

オリコンランキングTOP20に2007年のテレビ新作は1つもなし

 オリコンがまとめた2007年のアニメDVDランキングを見ると、昨年(2006年)公開された宮崎吾朗監督の「ゲド戦記」が首位に立っている。新人監督であることから、彼の演出についての評価は様々だったが、さすがにジブリブランドだけのことはあり、その強さを見せ付ける格好となった。

 そして本作を含めた上位6作品は、いずれも劇場アニメのDVD。しかも「シュレック3」を除くと、すべてウォルトディズニースタジオ・ホーム・エンターテイメント(旧:ブエナビスタ・ホーム・エンターテイメント)が販売するものばかりである。

 一方、テレビアニメ作品も一部の作品シリーズや制作スタジオに偏っている傾向が見られる。具体的なタイトルとしては、7位の「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」を筆頭に、「コードギアス 反逆のルルーシュ」「機動戦士ガンダム」というサンライズの3作品に加え、「The World of GOLDEN EGGS」「涼宮ハルヒの憂鬱」がランクイン。タイトル数は11本あるが、シリーズ単位で見ると5シリーズしかない。

 さらに、問題なのが、2007年に放映がスタートした作品は1つもないことだ。

 11位のファーストガンダム(「機動戦士ガンダム」)は言うに及ばず、「ガンダムSEED DESTINY」や「涼宮ハルヒ」などの作品も、2006年以前に放映あるいは放映開始されたものだ。

 このアニメDVDランキングが示した事実は、2007年のテレビアニメ市場の元気のなさを改めて裏付ける結果となっている。

オリコン 2007年アニメDVD売上ランキング
順位 期間内売上
(万枚)
タイトル
1 24.2 ゲド戦記
2 20.7 レミーのおいしいレストラン
3 12.1 シュレック3 スペシャル・エディション
4 9.3 リロイ&スティッチ
5 8.3 となりのトトロ
6 7.5 カーズ
7 6.6 機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション完結編 自由の代償
8 6.3 コードギアス 反逆のルルーシュ volume 01
9 5.9 The World of GOLDEN EGGS Vol.01
10 5.3 コードギアス 反逆のルルーシュ volume 02
11 5.1 機動戦士ガンダム DVD-BOX 2<最終巻>
12 4.9 The World of GOLDEN EGGS “SEASON 2” DVD-BOX
13 4.8 コードギアス 反逆のルルーシュ volume 03
14 4.7 時をかける少女 通常版
15 4.7 The World of GOLDEN EGGS Vol.02
16 4.5 涼宮ハルヒの憂鬱 7 限定版
17 4.4 天空の城ラピュタ
18 4.3 劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ
19 4.3 コードギアス 反逆のルルーシュ volume 04
20 4.2 コードギアス 反逆のルルーシュ volume 09<最終巻>

(集計期間:2006/12/25~2007/12/16)
「オリコン調べ(oricon.co.jp)」

コメント2

「キャラビジネス進化論!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官