• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

2008年、褒めることから始めよう

2008年1月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 遅ればせながら、あけましておめでとうございます。本コラム、どうか本年もよろしくご愛読ください。

 年末年始には、毎年各メディアで、日本の経済・社会全般について大きく俯瞰した記事・番組が取り上げられる。昨年末から新年にかけてのものは、どれを見ても、悲観論、悲観論のオンパレードだった。

 これら多くの記事・番組に共通しているのは、「日本の凋落」をデータで示し、さらに前向きな改革の困難さを憂えていることである。

 いわく、「かつてG7の中で首位だった日本の1人当たりGDP(国内総生産)は、今や6位。OECD(経済協力開発機構)諸国中でも2位から18位にまで落ちた」。

「15歳時点での学力の国際比較では、数学が2000年の1位から2006年の10位へ、科学が同じく2位から6位へ低下した」

 このほか、「日本の少子高齢化・人口減少が進展」あるいは「(2007年半ばには)中国3市場の株式時価総額が日本のそれを上回った」などなど。

日本はそんなに駄目な国ではない

 さて、どの話もまさにその通りなのだが、本当に日本はそんなに駄目な国なのだろうか。我々はどうしても、ここ数年ないし10年間、日本が相対的に地位を下げてきたという事実にとらわれがちだ。しかし、少し異なった視座から見たら、どのように見えるだろうか。

 例えば、相対値ではなく絶対値で見てみよう。日本の1人当たりGDPが米国を抜き、G7の中で首位になった1987年。その年の日本の数字は、2万69ドル。2006年の数字は、3万4252ドル。駄目だ、駄目だと思っていても、この間70%の伸びを達成している。年率でも、2.9%程度となる。為替要因を含めた数字でも、そこそこの成長に見えてこないだろうか。

 あるいは、自分たちより上の国との比較ではなく世界全体との比較をしてみると、全く違った姿が見えてくる。2006年の日本のGDPが、OECD中18位に落ちたといっても、20位のスペインの2割増し、25位のチェコの約2.5倍。30位のトルコと比べれば、6倍以上の1人当たりGDPを有している。

 さらに、OECD加盟国以外と比べてみよう。世界銀行によるGNI(国民総所得)の国際比較では、2006年度の日本の1人当たりGNIは3万8410ドルだ。この統計に含まれている二百数十カ国の平均値が、7439ドル。ミドルインカム、すなわち中流国家とされている国の平均は3051ドルである。これらの国々との比較で言えば、日本はものすごい「富裕層国家」に見える。

少し視座を変えると見えてくるもの

 もちろん、どのように統計データを見たところで、日本が様々な問題を抱えていることは、否定しようがない。ただし、悲観論だけが突出していては、なかなか次のステップに進めない。

コメント4

「御立尚資の「経営レンズ箱」」のバックナンバー

一覧

「2008年、褒めることから始めよう」の著者

御立 尚資

御立 尚資(みたち・たかし)

BCGシニア・パートナー

京都大学文学部卒。米ハーバード大学経営学修士。日本航空を経て現在に至る。事業戦略、グループ経営、M&Aなどの戦略策定・実行支援、経営人材育成、組織能力向上などのプロジェクトを手がける。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師