• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

格差の徹底排除で成長するNFL(上)

「競い合うのは試合の3時間だけ」の共存共栄モデル

2008年1月31日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Image

2000年に開催された第34回スーパーボールの風景
写真:トム・ハック/Getty Images Sport

 この時期になると、日本のスポーツファンも週末に開催される第42回スーパーボウル(米プロフットボールリーグNFLの優勝決定戦)の行方が気になる人も多いことでしょう。この米国で最も人気のあるスポーツイベントは、日本で考えるスポーツの概念を超えています。代表的なファクトを並べてみると、以下のようになります。

 * 2007年の平均視聴者数は約9700万人と、全世界最大の生中継スポーツイベント
 
 * 米テレビ番組史上、視聴者数ランキングでトップ10を独占

 * 多チャンネル化が進む米国にあって、視聴率は17年連続で40パーセント超

 * 30秒の広告枠(2007年)の平均額は約260万ドル(約2億8600万円)

 * 「スーパーボウルのチケットが当選したから取りに来るように」といった類のおとり捜査が度々行われ、指名手配犯が逮捕される

 * 「スーパーボウル開催日を国民の祝日にしよう」(スーパーボウル・ホリデー)や、「スーパーボウル翌日の月曜日は(会社を休みにして)学校参観日にしよう」という運動もある

 こうした状況からも察しがつくように、米国人に「米国で最も成功しているスポーツは」と聞くと、多くの人が迷わず「NFL」と答えるでしょう。イチロー選手や松坂大輔投手の活躍から、メジャーリーグ(MLB)の方が日本人に馴染みが深いので、意外に思われる方もいるかもしれませんが、NFLが上げる収益はベースボールやバスケットボール、アイスホッケーなどほかの米国プロスポーツを圧倒しています。

売り上げは8000億円近く、過去最高を更新へ

 MLBは昨シーズン(2007年)に、過去最高の60億7500万ドル(約6682億円)の売り上げを記録しましたが、NFLでは同シーズン(2007-08年)の売り上げはMLBを上回る70億ドル(約7700億円)超と試算されています。 NFLの1試合の平均観客動員数は6万8773人で、これはMLBの2倍以上です。テレビ視聴率に至っては、他のスポーツを全く寄せ付けません。

米メジャースポーツにおける平均観客動員数(2006年)

米メジャースポーツのテレビ平均視聴率(2006年)

 こうした背景もあり、NFLに所属する各チームの経済価値は、他のプロスポーツのチームより高いと見られています。米経済誌のフォーブスが試算した各チームの資産価値(2007年)から計算すると、NFLではチーム平均が9億5700万ドル(約1053億円)なのに対し、MLBは同4億3100万ドル(約474億円)、NBA(全米バスケットボール協会)が同3億7200万ドル(約409億円)、NHL(全米アイスホッケーリーグ)同が2億ドル(約220億円)となっています。

米メジャースポーツにおける球団平均資産価値(2007年)

 この米国の4大メジャースポーツは、全米各地にほぼ同数のフランチャイズを持っており、チーム数で互角です。試合数を見るとNFLの場合は他のスポーツより、圧倒的に少ない状況です。NFLの場合は年間たった16試合です。一方、MLBは年間162試合、NBAとNHLは共に81試合にも上ります。試合数で見れば、圧倒的に不利なNFLが収益力で他を凌駕しているのはなぜでしょうか?

 「誰にでもチャンスは与えられ、努力した者が報われる」アメリカンドリームは、今や「強い者はより強く、富める者がより富める」という格差の拡大という歪みが見受けられる現在の米国。そうした社会環境の中にあって、NFLのビジネスが成功している要因を探すと、そこにはチーム間の経営上の格差をなくす様々な取り組みが浮かび上がります。

哲学はリーグ全体で共存共栄

 このNFLの経営思想を一言で言うなら、「League Think」(リーグ全体の共存共栄)にほかなりません。NFLはチーム間の経営格差を徹底的に排除し、フランチャイズのマーケット規模の大小に引きずられない哲学を貫いています。チームの戦力格差が少なくなれば、それだけ拮抗した試合が増え、長期的なリーグの繁栄につながるという考えです。そのために、どのような仕組みが整えられているのか、見ていきましょう。

「鈴木友也の「米国スポーツビジネス最前線」」のバックナンバー

一覧

「格差の徹底排除で成長するNFL(上)」の著者

鈴木 友也

鈴木 友也(すずき・ともや)

トランスインサイト代表

ニューヨークに拠点を置くスポーツマーケティング会社、「トランスインサイト」代表。一橋大学法学部卒、アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)出身。スポーツ経営学修士。中央大学非常勤講師

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授