• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

酒が生み、たばこが育てたNASCAR(下)

トヨタ初勝利、「カムリで勝ってタンドラを売る」のからくり

2008年3月27日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コバルトツール500を制しビクトリーレーンでポーズをとるカイル・ブッシュ コバルトツール500を制しマシンの上に乗り歓喜するカイル・ブッシュ コバルトツール500を制しクルーメンバーと共に歓喜するカイル・ブッシュ

写真上:コバルトツール500を制しビクトリーレーンでポーズをとるカイル・ブッシュ。
(c)AFP/Getty Images/John Harrelson
写真中:コバルトツール500を制しマシンの上に乗り歓喜するカイル・ブッシュ。
(c)AFP/Getty Images/Jamie Squire
写真下:コバルトツール500を制しクルーメンバーと共に歓喜するカイル・ブッシュ。
(c)AFP/Getty Images/Rusty Jarrett

 今月9日に米ジョージア州ハンプトンのアトランタ・モーター・スピードウェイで開催されたNASCAR(全米ストックカー協会)最上位カテゴリー「スプリント・カップ」の第4戦「コバルト・ツールス500」にて、トヨタ自動車7203が歴史的な初勝利を収めました。

 スプリント・カップはこれまでGM(ゼネラル・モーターズ)、フォード・モーター、クライスラーの米国3大自動車メーカーの牙城で、外国メーカーが勝利を収めたのは1954年の英ジャガー以来、54年ぶりとなる快挙となりました。

 トヨタのNASCAR初登場は2000年のことでした。トラック部門のレースであるクラフツマン・トラックシリーズに「タンドラ」で参戦し、昨年から「カムリ」で乗用車部門にも参戦していました。

 実は、9日に「カムリ」で勝利を挙げたドライバー、カイル・ブッシュは、7日のクラフツマン・トラックシリーズでも「タンドラ」で勝利を挙げており、同一週末に行われたカップシリーズとトラックシリーズ両方で勝利を挙げたNASCAR史上初のドライバーとなりました。

 トヨタにとっては、大いにその存在感を示した週末となったわけですが、実は2007年にトヨタが「カムリ」でNASCARに参戦した際、多くがクラフツマン・トラックシリーズから撤退すると考えていました。トラックシリーズは、スプリント・カップへの足がかりだと考えたのです。

 しかし、トヨタは撤退しませんでした。なぜなら、トヨタがNASCARに参戦する最大の目的は、「タンドラ」を売ることだからです。実は「カムリ」を走らせるのもこのためです。一見不可思議なトヨタのこのマーケティング戦略を読み解くには、NASCARスポンサーシップの本質を理解しなければなりません。
 

年間75億円にも及ぶスポンサーシップ料

 前回のコラムで解説したように、NASCARが米国でNFL(全米フットボール協会)に次ぐ“第2の人気スポーツ”にまで上り詰めた背景には、スポンサー企業・ファン・ドライバー(チーム)3者による鉄の“トライアングルモデル”の存在があります。ファンやドライバーがスポンサー企業に非常に高い忠誠心を示すNASCARでは、スポンサーとなるフォーチュン上位500社の数が他のどのプロスポーツよりも多く、逆に多くのプロスポーツがこのNASCARモデルに注目し始めています。

 NASCARは、このトライアングルモデルを用いた徹底的なスポンサー企業へのメリット創出によって、他のスポーツリーグとの差異化を図ってきました。高額なスポンサーシップフィーの対価として、企業に様々なスポンサーシップ権を与え、売り上げ増大に大きく貢献するのです。

 現在、NASCARのオフィシャルスポンサーの権利料は1社当たり年間2000万ドル(20億円、1ドル100円換算以下同)前後と言われています。レース名に社名を入れることができるタイトルスポンサーとなると、その額はさらに跳ね上がります。2004年にNASCAR最上位レースカテゴリーのタイトルスポンサーとなった業界シェア第3位の携帯電話キャリア、スプリント・ネクステルは、10年総額7億5000万ドル(750億円)の契約を結んでいます。

コメント1件コメント/レビュー

モータースポーツに興味が無い人にも非常に分かりやすい説明だったと思う。自分としては、このビジネスモデルをJリーグにも積極的に導入し、チーム、スポンサー、サポーター全てがWin/Winとなり、繁栄していって欲しいと強く思った。もちろん、チームも当然研究はしており、スタジアム問題(自前の物ではなく公共のものゆえの諸問題)などがあって思うようにビジネス展開できていないのだろうが、なんとか可能性を探し、道を切り開いていって欲しいと思った。(2008/03/27)

「鈴木友也の「米国スポーツビジネス最前線」」のバックナンバー

一覧

「酒が生み、たばこが育てたNASCAR(下)」の著者

鈴木 友也

鈴木 友也(すずき・ともや)

トランスインサイト代表

ニューヨークに拠点を置くスポーツマーケティング会社、「トランスインサイト」代表。一橋大学法学部卒、アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)出身。スポーツ経営学修士。中央大学非常勤講師

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

モータースポーツに興味が無い人にも非常に分かりやすい説明だったと思う。自分としては、このビジネスモデルをJリーグにも積極的に導入し、チーム、スポンサー、サポーター全てがWin/Winとなり、繁栄していって欲しいと強く思った。もちろん、チームも当然研究はしており、スタジアム問題(自前の物ではなく公共のものゆえの諸問題)などがあって思うようにビジネス展開できていないのだろうが、なんとか可能性を探し、道を切り開いていって欲しいと思った。(2008/03/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長