• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

黄河崩壊~水危機が生む“環境難民”

シリーズ中国【第1回】

  • 藤田 宏之

バックナンバー

2008年5月2日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「百発百中の砲一門は、百発一中の砲百門にまさる」。明治末期、日露戦勝後に東郷平八郎提督が語った有名な言葉は、日本及び日本人を良くも悪くも呪縛し続けているのではないだろうか。

 後に作家の司馬遼太郎さんが指摘しているが、日露双方の兵力を比較して費用対効果を比喩的に分析したはずの言葉が、いつのまにか金科玉条となり、現実の目標として掲げられるようになる。さらには百発百中を大前提にした荒唐無稽な軍事戦略まで生まれ出す。これが、第2次大戦での敗北の遠因と分析する史家もいる。

 どん底から復活を遂げた戦後日本も百発百中の精神とは無縁ではない。一騎当千、教育水準の高い労働者を育て、高品質・高付加価値の輸出品を作り続けてきた。ひょっとしたら我々の遺伝子には、「百発百中の砲」、言い換えれば質の高さを尊び、粗製濫造を忌み嫌う精神が刻みこまれているのかもしれない。



内蒙古自治区の化学肥料工場から垂れ流される汚水。湯気をたてて黄河上流域へ流れていく。
内蒙古自治区の化学肥料工場から垂れ流される汚水。湯気をたてて黄河上流域へ流れていく。

 これとまったく正反対とも思える思想で発展を遂げているのが、現代の中国だ。百発一中でもその砲を一万門用意すれば圧勝できる。ここ数年、世界の工場と呼ばれ、破格な安さの製品を武器にして世界市場を席巻し、急成長を遂げてきた。

 しかし、日本での“毒入り餃子事件”の例をみるまでもなく、各国で製造物責任上の問題を起こし、世界の工場にもブレーキがかかっている。北京オリンピックを目前に、チベット騒乱や聖火リレーの混乱、はたまた深刻な環境汚染などさまざまな問題が噴出している。

 ナショナル ジオグラフィック日本版の5月号では、まるごと一冊中国を特集した。今月のこのコラムでは、日本人にとって一種のアンチテーゼともいえる現代中国の素顔を紹介していく。

コメント8

「「ナショナル ジオグラフィック日本版」編集長の「地球からの報告」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック