• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ニッケル争奪戦と“天国にいちばん近い島”ニューカレドニアの悲劇

  • 谷口 正次

バックナンバー

2008年5月27日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ニューカレドニアは南太平洋に浮かぶ島。日本人観光客の人気リゾートである。その東側に位置するウベアという島を舞台にした『天国にいちばん近い島』という小説(森村桂、1966年、角川書店)がベストセラーになり映画化もされてすっかり有名になった。

 このニューカレドニアの本島は細長い島で、その形が鯨に似ているので先住民たちの間には先祖が鯨であったという伝説が残っている。フランスの統治国でメラネシア系の先住民が約40%を占める。島を取り囲む珊瑚礁は、オーストラリアのグレートバリアリーフに次ぐ世界第2位の海洋生態系に恵まれていると言われていた。

 ところが、このニューカレドニアには豊富なニッケル鉱が産するため、150年前からフランスの植民地の主要産業としてニッケルの採掘が続けられ、現在までずっと世界に輸出されてきた。

 その結果、陸地と周辺の珊瑚礁の生物多様性とその生態系は、ニッケル採掘の影響で大きなダメージを受けている。今でも全島19カ所にわたって鉱山が分布する。

 日本は、2000年までニッケル鉱石の約50%をニューカレドニアから輸入していたが、フランスからの独立志向が強い先住民労働者のストライキの頻発などから、出荷の安定性を欠き、2001年以降25%以下に急減してその分インドネシアに振り替わり、インドネシア産が50%を占めるに至った。

 しかし、中国の高度経済成長に伴ってステンレスやバッテリーに使われるニッケル需要が大幅に伸びたため、もともと世界第4位の埋蔵量と生産量をほこるニューカレドニアのこと、生産量では世界第2位のカナダの資源メジャー、インコが2004年から南部で世界最大規模のニッケル鉱山開発を始めた。年間500万トンの鉱石を採掘し、湿式精錬という方法で6万トンの酸化ニッケルと4000トンの炭酸コバルトを抽出する計画である。

 開発はこれまで、数少ない自然破壊を免れてきた地域で行われている。ニッケル鉱石は、もとの岩石が地質学的長年月をかけてラテライトとよばれる赤土状に風化した表層下部に濃縮しているため、地表から20メートル程度の部分を頭の皮を剥ぐようにして採掘が行われる。

コメント6

「資源ウォーズの世界地図」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト