• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

再生紙偽装で振り回された
“エコペーパーの見本帳”

  • 奈良 貴子

バックナンバー

2008年6月12日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 本、広告、コピー用紙、ノート、トイレットペーパー…と、毎日大量に使われる紙。食べ物と違い、健康に直接影響を与えたりしないので、紙がどうやって作られているのか、これまで調べたことはなかった。しかも今年1月に古紙配合率の偽装が発覚し、「再生紙」の表示も信用できなくなった。「環境にやさしい紙」は本当にあるのか? …疑問は膨らむばかりである。

『フェア・トレードを探しに』(三浦史子著)の表紙

『フェア・トレードを探しに』(三浦史子著)の表紙(写真:山田 愼二、以下同)

 そんな中、紙にこだわって作られた1冊の本がある。今年3月に発行した『フェア・トレードを探しに』(スリーエーネットワーク)だ。著者の三浦史子さんが「フェア・トレードとは何か」という問いの答えを探しに、インド、ガーナ、英国などを訪ねたルポである。

 フェアトレードとは「アジアやアフリカ、中南米などの農作物や手工芸品を、買いたたくのではなく『公正』な価格で、生産者から直接買付けてくるビジネスのあり方」(本文より引用)。環境問題とも密接に関係し、例えば農作物のプランテーションのために原生林が伐採されていないか、といった観点も含まれる。※著者の三浦さんは著書の中で「フェア・トレード」と「フェアトレード」を使い分けているが、この記事内では「フェアトレード」と表記する。

環境にやさしい紙とは、どんな紙か?

 貿易と貧困、環境をテーマにした本である以上、「本作りの際も、環境負荷を抑えたい」と三浦さんが考えたのも自然の流れだ。とはいえ紙、インク、ノリ、印刷方法、印刷所や製本所で働く人の労働環境と、本作りの全行程にこだわることは不可能なので、三浦さんはまず「紙」にフォーカスした。

 「環境に配慮した紙」とは、どんなものなのか? 調べると、製紙会社が「エコペーパー」として販売している商品は、古紙利用率が高いもの、製造過程でのCO2(二酸化炭素)排出量が少ないもの、紙の漂白などの過程で有害物質や化学物質が少ないもの、と基準はバラバラ。三浦さんは「新たに開発した紙でないと、考えられるすべての要素を満たすことは無理」と、今回は「流通している既存の紙から、コストとのバランスを見て適切なものを選ぶ」と決めた。

 紙を選ぶにあたり、三浦さんは編集者や装丁デザイナーと協議し、独自の基準を設けた。最終的に決定した基準は次の通りだ。

1) 「絶対条件」として、原生林を、破壊的に伐ったパルプは全く使わない。
2) 「なるべく」と条件づけて、下記の3項目を決めた。
  • 使っている化学薬品に有害なものがないか検証する(漂白は、より危険度が低い無塩素漂白を選ぶ)。
  • 生産地や加工工程が追跡できるものを選ぶ(FSC認証紙:後述が該当。ただし、紙の銘柄ごとにどの森林の原料チップを何%配合しているかまで追跡することは不可能だった)。
  • 普段は捨てるもの(間伐材、廃材など)を使う。

 なお、ケナフなどの非木材は「生態系を壊すという説もある」とのことから、選択肢から外した。

コメント6件コメント/レビュー

【取材中に、耳よりな話を聞いた。日本製紙連合会は、「再生紙」「リサイクル紙」と表示して販売する紙(印刷用紙、加工用紙)について、最低保証される古紙パルプの配合率を新たな方法で7月1日より表示するという。】という話ですが、いま(8/16)でもちゃんとしたアナウンスがなされていないように思います。とりあえず現時点では、FSCだけが信頼できる(ミックスの度合いとかまたいろいろありますが)規格なんだろうという理解でいます。メーカーによっては、FSC取得に多大な費用がかかるので、商品の品質は問題ないけれどFSC取得していない、という(公言しているわけではありませんが)会社もありましたが... これはこれで困りものです...(2008/08/16)

「暮らしとエコロジーを考える“ゴミ捨て人生”にさようなら」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

【取材中に、耳よりな話を聞いた。日本製紙連合会は、「再生紙」「リサイクル紙」と表示して販売する紙(印刷用紙、加工用紙)について、最低保証される古紙パルプの配合率を新たな方法で7月1日より表示するという。】という話ですが、いま(8/16)でもちゃんとしたアナウンスがなされていないように思います。とりあえず現時点では、FSCだけが信頼できる(ミックスの度合いとかまたいろいろありますが)規格なんだろうという理解でいます。メーカーによっては、FSC取得に多大な費用がかかるので、商品の品質は問題ないけれどFSC取得していない、という(公言しているわけではありませんが)会社もありましたが... これはこれで困りものです...(2008/08/16)

白い紙に拘るのがそもそもおかしいのでは。目には藁半紙の方が優しく感じる。(2008/06/13)

新潟の印刷会社に勤めているものです。さて、『ケナフなどの非木材は「生態系を壊す…」とのことから、選択肢から外した。』との件ですが、これは書かなかった方が良かったかなぁと思いました。確かにケナフに限らず、今まで植生していなかった植物を植えてそれを紙の原料にすることは生態系を破壊することになるかもしれませんが、東南アジアなどでケナフを栽培している原料として販売しているところは生態系を破壊しているとは言い難いのではないかと思うのです。詳しくは王子製紙のWebか日本製紙のWebを見ていただければ、と思います。また、この話は「紙の白はみんな同じ白」だという「一般の人の持っている認識」も崩さないと、話がわからないのではないでしょうか? 編集部の方々は、「白といっても、明るい白も暗い白もあるよ」というのはご存じなのでしょうけれども…。これを、一般の人に理解してもらうのが、結構大変だったりします。※あと、FSCのミックス品ってどの程度FSC認証のパルプを含めるとFSCマークが付けられるのかという問題もあります。FSC30%とか書いてあればいいのですが。(2008/06/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長