• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

超一流と一流の違い、これぞ人生の分れ目だ

  • 菅原 泰男

バックナンバー

2008年7月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先日、当社主催のセミナーに参加した大手企業20社の経営者や人事担当役員にアンケートを実施しました。

 まず「理想とするビジネス人財像が明確になっている」と答えたのは全体の3割足らず。反対に「明確になっていない」「悩んでいる」と答えたのは合わせて6割以上にもなりました。

 そして、「組織戦力を考慮した効果的な配置・配属ができている」と答えたのは、なんと1割弱。人財の有効な活用について頭を悩ませている企業の実態が明らかになりました。

 母数は多くはありませんが、回答したのはグローバルに勝ち上がっている錚々たる企業のトップばかりです。そんな日本を代表する企業でさえ、組織を強化するための人財の獲得や育成、配置、配属に悩んでいるという結果に、私は驚きました。

4つのタイプは実際のビジネスではどう行動するか?

 こうした悩みの主な要因は、「人財の基軸」が各社でぶれているからだと思います。第1回目では、私の考える人財マトリックスを紹介しましたが、今回もまずはこれをもう一度おさらいしましょう。繰り返しになる部分はありますが、ダントツの基軸を明確にすることで、この共通の悩みはある程度、解決できるはずです。

I型 最短距離思考で、アウトプットを出すタイプ
II型 全力疾走で、アウトプットを出すタイプ
III型 最短距離思考だが、アウトプットは出ないタイプ
IV型 全力疾走だが、アウトプットが出ないタイプ

人財のマトリックス

 そこで今回は、この4つのタイプのビジネスにおける特徴について、さらに詳しく解説していきます。ここでは、

(1)自分やメンバーなどのタイプやポジションの再認識
(2)自分が将来進むべき方向性の確認
(3)部下を指導すべき方向性の確認

を頭に置いて読んでください。特にI型とII型の違いをしっかり把握し、明確にイメージできるようにしてください。

 では、4つのタイプの特徴を順に述べていきます。

コメント17

「“裸足の美学”からの脱却」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長