• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

環境問題の新たな指標「グリーンデックス」

日本人の環境意識は14カ国中11位

  • 藤田 宏之

バックナンバー

2008年7月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先週は、温暖化と宅地開発の影響で加速度的に広がりつつある米国西部山火事の実態をお伝えしたが、こうした自然現象や気候の異常は、地球規模で起きている。

『見てわかる地球の危機~温暖化を生きる~』特別付録DVD「地球環境レポート2008」付き 価格1890円(税込)

『見てわかる地球の危機~温暖化を生きる~』特別付録DVD「地球環境レポート2008」付き 価格1890円(税込)

 ナショナル ジオグラフィックでは、これまで急速に進む温暖化の実態を迫力のある写真とともにお伝えしてきたが、7月には、それらを集大成したムック「地球の危機」を発行したので、本誌と合わせてご覧になっていただけるとありがたい。

 また、今年5月に、米国ナショナル ジオグラフィック協会と調査機関のグローブスキャンが、消費者の環境に関する行動を評価、比較した「グリーンデックス(Greendex)」という新しい指数を発表したがご存知だろうか?

 この指数を使って、世界14カ国の消費者それぞれ1000人、合計1万4000人を対象に、日常生活での環境意識と消費行動を調査した結果、発展途上国が上位を占め、先進国は軒並み下位に沈むことがわかった。

 調査結果によると、環境と調和した持続可能な消費を評価する「グリーンデックス得点」は、ブラジルとインドの消費者が共に60点で最高だった。次いで中国(56.1点)、メキシコ(54.3点)、ハンガリー(53.2点)、ロシア(52.4点)。豊かな国では、英国、ドイツ、オーストラリアの得点が50.2点、スペインが50点、日本が49.1点となる。最も得点が低かったのは米国の消費者で、44.9点。次に得点が低かったのは、カナダ(48.5点)とフランス(48.7点)だった。

■調査対象14カ国のグリーンデックス得点

ブラジル  60
インド   60
中国    56.1
メキシコ  54.3
ハンガリー 53.2
ロシア   52.4
英国    50.2
ドイツ   50.2
オーストラリア 50.2
日本    49.1
フランス  48.7
カナダ   48.5
米国    44.9

 途上国の人々が経済的に豊かになり、さまざまな消費行動をとるようになった場合、ランキングは変動する。調査結果から、経済が発展しつつある国では消費者が物質的に豊かな生活に強いあこがれを持っており、すべての国の人々が、先進国と同水準の生活を送るべきだと考えていることが分かった。



もうもうと煙を吐く米国の石炭火力発電所。二酸化炭素増加の元凶の1つといわれている。
もうもうと煙を吐く米国の石炭火力発電所。二酸化炭素増加の元凶の1つといわれている。

 調査では、すべての国の消費者が環境問題に関心を持ち、日常生活において消費や廃棄物を減らすために何らかの行動をとっている、といういい傾向も浮かび上がった。また、発展途上国の消費者は環境問題について強い懸念を抱いており、先進国の消費者よりも環境にやさしい行動を選択をしている。

コメント0

「「ナショナル ジオグラフィック日本版」編集長の「地球からの報告」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏