• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

節度を失った借金と浪費の果て

  • 神谷 秀樹

バックナンバー

2008年8月4日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 その昔、米国で持ち家制度の普及が図られた時、その根底にあった国民の行動体系は以下のようなものだった。

 まず家を持ちたい人は、頭金となるものを2割から3割貯蓄する。その貯蓄ができたら、住宅ローンを借り、30年間働いて返済する。退職時には住宅ローンは完済され、一方住宅価格は健全なインフレ率で何倍かになり、老後の支えとなる。このような持ち家制度はアメリカンドリームの重要な一部だった。

 こうした貯蓄と住宅購入、返済というパターンは制度化され、全国に「セイビング&ローンズ・アソシエーション」(S&L、住宅貯蓄組合)ができ、その資金供給機関として、ファニーメイ(米連邦住宅抵当公社)やフレディマック(米連邦住宅貸付抵当公社)という実質的に政府が債務を保証する住宅金融専門会社が設立された。

過小資本でも貸し続けた末の自壊

 ところが、この制度はすっかり破綻することとなった。

 第1にこの制度を破壊したのは、S&Lの経営者だった。S&Lを設立した多くの人物は、同時に住宅開発会社を所有していた。自分が開発する家を売るために、S&Lを通じて購入者に金融をつけることというのは自然な発想であるが、それ以上にS&Lに集まった資金をよりリスクの高い、住宅開発事業そのものに投資したのである。

 小さな業者が、紙のように薄い資本金しか準備せずとも、「預金保険」というAAA格の政府保証を小額の保険料で取りつけ、身分不相応な超低金利で「預金」という名の資金調達をすることを可能にしたのだった。こうしたS&Lは住宅開発バブルを起こし、やがてバブルが爆発し、多くのS&Lは潰れ、税金でもって処理された。

 しかし、すべてが処理されたわけではない。生き残りの中で、今回カリフォルニアのインディ・マック・バンコープというS&Lが破綻し、預金保険機構により処理されたが、負債総額はかつて破綻したコンチネンタル・イリノイ銀行に次ぐ規模であり、今後も同様な破綻が、90から300行で起こりそうだと見られている。

 第2の問題は日本でも大きく報道されているが、ファニーメイ、フレディマックで起こった。2つの金融機関合わせて総資産が5兆ドルを超える。それに対する資本金は810億ドル。なぜこんなに巨大な借り入れをし、資産を膨らませることができたのか。

 「政府が実質的に保証する」ことがこれを可能にしてきたのだ。本質的に上記のS&Lの問題と同様である。5兆ドルの資産が仮に1割腐れば、5000億ドルの損失だ。4000億ドル強の資本が不足する。そこまではいってはいないようであるが、民間のアナリストが760億ドルの資本が棄損されるというリポートを出したことから、2社の株価が暴落し、結局政府が丸抱えで救済すると発表するに至った。

85年以降、急速に負債を膨らました米国の家庭

 第3の問題は、米国の国民自身の借金に対する意識変化の問題である。7月20日付のニューヨーク・タイムズ紙が、米国民の貯蓄と借金の1920年代からの変化に関する興味深いリポートを発表した。

コメント6

「神谷秀樹の「日米企業往来」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本全体として若い世代にもっと所得の分配をしていくべきだと思う。

川野 幸夫 ヤオコー 会長