• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

現代に息づくペルシャ帝国の誇りと魂

混迷イランを突き動かす力とは?

  • 藤田 宏之

バックナンバー

2008年8月1日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ペルシャ帝国に始まり、約2500年もの長い歴史を誇るイラン。アラブによる侵略や政治的弾圧にも耐えてきた同国。現在のイラン人に息づいている古代ペルシャの魂に触れた。

 イラン南部にある、アケメネス朝ペルシャの都、ペルセポリス。アレクサンドロス大王によって破壊され廃墟となったが、戦禍を免れた宮殿群の一部が今も残っている。石造りの壁には武器や兵士の姿が刻まれているものの、意外にも暴力的なシーンはない。目につくのはむしろ、平和で思いやりのある光景だ。貢ぎ物を持ったさまざまな国の人々が、気さくに相手の肩に手をかけている。

 ペルセポリスは国や民族を超えたコスモポリタンな都市だったようだ。今日、イランの人々は遺跡に触れて、先祖であるペルシャ人たちが成し遂げた功績に思いをはせるのかもしれない。



雄牛に襲いかかるライオンのレリーフ。ペルセポリス大階段を飾る。
雄牛に襲いかかるライオンのレリーフ。ペルセポリス大階段を飾る。

 この国はおよそ2500年の歴史を誇る。現在は、1979年のイスラム革命によって樹立したイラン・イスラム共和国だ。革命で西側諸国の支援を受けて近代化を進めていた皇帝を保守派聖職者たちが追い出し、政権を奪取したのだ。

 以後、多少の議論はあるものの、イランは世界で初めて立憲制の神権政治を行ってきた。だが、古代ペルシャから続く豊かな歴史と深くむすびついている国民に、過激なイスラム主義を押しつけるのは容易なことではないだろう。

 ペルシャ帝国は侵略を繰り返したことで知られるが、古代世界のなかでもひときわ壮麗な文明を開花させた。現代のイラン人は、遺跡の壁に描かれたいにしえのペルシャに、自分たちの姿を重ね合わせたりするのだろうか?

 同国の国際的な孤立は続いている。米国との非難合戦が激化するなか、イランの国家指導者たちには、核兵器を製造しようとしている恐ろしいテロリスト予備軍という烙印が押されている。

 イラン人のアイデンティティーを1つの枠にはめることはできない。大まかに言っても、ペルシャ、イスラム、そして西洋の要素が存在している。なかにはイスラム文化と融合していながらも、宗教的にはまったく関係のないペルシャ文化も存在するのだ。



ペルセポリスにあるダレイオスI世の宮殿跡「タチャラ」。
ペルセポリスにあるダレイオスI世の宮殿跡「タチャラ」。

コメント0

「「ナショナル ジオグラフィック日本版」編集長の「地球からの報告」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授