• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「トイレの水を使いたい放題」の日本人に告ぐ

“ゴミとつき合って40年”のデザイナーが語る

  • 奈良 貴子

バックナンバー

2008年8月7日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

アートディレクター、グラフィックデザイナーの青葉益輝さん(

アートディレクター、グラフィックデザイナーの青葉益輝さん(写真:山田 愼二)

『心に「エコ」の木を植えよう』(求龍堂)

『心に「エコ」の木を植えよう』(求龍堂)

 「Peace&Eco」をテーマにした作品で国際的に知られるアートディレクター、グラフィックデザイナーの青葉益輝(あおば・ますてる)さんが、6月末に初エッセイ『心に「エコ」の木を植えよう』(求龍堂)を上梓した。

 本の表紙には、青葉さんの作品が載っている。トイレットペーパーの先端が緑の葉っぱになったイラストに、「LOVE ME LITTLE LOVE ME LONG」のキャッチコピー。よく目にする「紙を大切に使いましょう」という張り紙にはもはや何も感じないが、青葉さんのこの作品には心が動いた。メッセージがすっと心に入ってくる。

 声高に主張するのではなく、「LOVE ME LITTLE~」の雰囲気そのままに、語り口調は優しくユーモラス。水や電気の使い方、買い物の仕方、トイレの使い方、ゴミや食料廃棄の問題、さらに健康、幸せな暮らしまで、デザイナーならではの発想力で、どうすれば今の生活を変えていくことができるのかのヒントを満載している。

 エッセイ発行を機に、青葉さんが40年のキャリアで一貫して訴え続けている「環境」と「平和」について存分に語っていただいた。


美化ポスターがきっかけで、ゴミについて考えるように

青葉さんの作品、1970年代の東京都のポスター。路上に捨てられていたタバコの吸殻を撮影した

青葉さんの作品、1970年代の東京都のポスター。路上に捨てられていたタバコの吸殻を撮影した

 「自分はエコロジストではない。20~30年前から考えていた生活マナーやヒントについて書いただけ」という青葉さん。なんといっても彼は、エコロジーの概念すらなかった1960年代から「ゴミとつき合っている」のだ。きっかけは、ふと目に止まった東京都清掃局の美化ポスター。そのセンスが気になって、自ら制作を申し出た。

 路上の水たまりに投げ捨てられた吸い殻の写真に「灰皿ではありません」というコピーをつけたポスターが話題になり、以来「公共広告の青葉」の呼び名が定着した。

 「都の美化運動のポスターを作っている青葉が、ゴミを無分別に捨てていると言われるのがいやで、それからは自分の生活だけはなんとかしようと変えてきた」と明かす。余分なモノは買わない、修理しながら使い続ける、ゴミの分別を徹底する、シャワーの出しっぱなしや電気のつけっぱなしもやめる…と、地道に取り組んできた。本書はそういった青葉さんの日常生活の集大成だ。

コメント3件コメント/レビュー

環境問題ではよくあるのだが、この手の個人の道徳心を試すような書きっぷりがどうにも好きになれない。道徳心とかマナーはとても大切なのだが、それは押し付けられて出来るものではないし、こういう本またはコラムに反応する人はそもそも道徳心がある方であり、問題は道徳心の少ない方やマナーに対する意識が低い方の底上げをどうするか、なのだ。そこには政治や行政を巻き込んだ「仕組み」が必要なのだが、この手の方々は「草の根」や「自己満足」の域を脱しようとしないから、結局マスとしての広がりが遅々として進まない。石油が値上がりして自分の懐が痛む方がよほど効果的だという現実をどう捉えているのだろう。折角いいことをしているネームバリューもある方なのだから、もう一歩二歩進んだ新しい啓発の仕方を展開して欲しい。(2008/08/17)

「暮らしとエコロジーを考える“ゴミ捨て人生”にさようなら」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

環境問題ではよくあるのだが、この手の個人の道徳心を試すような書きっぷりがどうにも好きになれない。道徳心とかマナーはとても大切なのだが、それは押し付けられて出来るものではないし、こういう本またはコラムに反応する人はそもそも道徳心がある方であり、問題は道徳心の少ない方やマナーに対する意識が低い方の底上げをどうするか、なのだ。そこには政治や行政を巻き込んだ「仕組み」が必要なのだが、この手の方々は「草の根」や「自己満足」の域を脱しようとしないから、結局マスとしての広がりが遅々として進まない。石油が値上がりして自分の懐が痛む方がよほど効果的だという現実をどう捉えているのだろう。折角いいことをしているネームバリューもある方なのだから、もう一歩二歩進んだ新しい啓発の仕方を展開して欲しい。(2008/08/17)

欧米で全館冷暖房が一般的であることから多くの国でそれ以外の選択肢が無くなっていることも同様の例です。光熱費を賄える中流以上は全館冷暖房でエネルギーを浪費し、貧困層は扇風機程度しかないというのは日本人の目からみると非常に歪に見えますが、それが当たり前の社会に住む人々は問題自体に気付きません。こうした貧困層をターゲットにしたり、中流以上の階層にも省エネによる環境貢献を売り物に日本の技術を持ち込めば、今なら以外と新鮮なものとして受け入れられるかも知れませんね。ただ、日本の水について言えば、同じ水を何度も使うようなシステムを構築してきた結果でもあり、一度使ったらそれっきりというような国の水と単純比較するのが正当なのかという疑問もあります。(2008/08/07)

青葉さんの「日本人が今のような無駄遣いを続けていくと、それを中国が覚え、インドが覚え、アジア、アフリカの国の人々が覚え、ついに食べ物もエネルギーもなくなってしまうかもしれない」という言葉は大変印象的でした。日本が先進国であることの自覚とプライドが垣間見えて、心が震える思いでした。工夫するのが上手な日本人だからこそ、出来ることがあると思います。それを楽しく提供してくれる青葉さんの著書を読みたくなりました。それにしても、「商品の購入は選挙と同じ」という考え方はいまわたしが住んでいるアメリカでは当たり前です。選挙すら行かない日本人に自分の志に基づいた選択が出来るでしょうか?してほしいと思います。だって、「日本人が今のような無駄遣いを続けていくと、それを中国が覚え、インドが覚え、アジア、アフリカの国の人々が覚え、ついに食べ物もエネルギーもなくなってしまうかもしれない」からです。(2008/08/07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長