• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

2009年、「仮面ライダー」世界へジャンプ
みずほ銀行がフィルムファイナンスを担当

  • 中村 均

バックナンバー

2008年8月7日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 平成仮面ライダーシリーズの1つである「仮面ライダー龍騎」(原作:石ノ森章太郎、製作:東映)をベースに、北米市場などに向けた海外版の仮面ライダー「KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT」が2009年の放送に向けて現在、制作中だ。製作資金のファイナンスは、みずほ銀行がプランニングした。

 海外市場では、日本の特撮ヒーローものの“先輩”として、「Power Rangers」(パワーレンジャー:国内で放送した「獣拳戦隊ゲキレンジャー」などの“スーパー戦隊シリーズ”を海外向けにリメイクした作品)の人気が定着している。今回の海外版は、Power Rangersと同じく成功の道を歩めるのか。関係者に話を聞いた。

「KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT」

「KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT」
(C)2008 Ishimori Production Inc.・Toei Company, Ltd.・Adness Entertainment Co.Ltd. All Rights Reserved.

 「変身! トォーッ」――。1971年に放送がスタートし、瞬く間に子供たちのヒーローの座をつかんだ初代「仮面ライダー」。

 その人気は番組にとどまらず、キャラクターを利用したスナック菓子の付録カードや、変身ベルトなども大ヒット。キャラクター玩具分野で新たなビジネスモデルを生み出したエポックメイキングな作品となった。

 現在も、2000年に放送された「仮面ライダークウガ」に始まる“平成仮面ライダー”シリーズの9作目「仮面ライダーキバ」がテレビ朝日系で放映中だ。

 その平成仮面ライダーシリーズが海外市場を目指して動き始めた。

 同シリーズの3作目である「仮面ライダー龍騎」(2002~2003年放送)をベースに、北米市場など海外に向けたテレビシリーズ「KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT」の制作が進んでいる。

 この海外版を製作するのは、映画やDVD映像制作などを手がけるアドネス(東京・豊島区、瀬端文雄社長)だ。

 本プロジェクトのきっかけは、同社の社内会議で“全世界で通用する日本のコンテンツは何か”という問いかけからだったという。

 「我々はこれまで邦画に出資し、製作をしていたが、国内だけでは市場が限られ、リクープ(製作費の回収)まで届かないことが少なくなかった。今後は世界市場で競争力がある映画を作るべきだと、社内のプロデューサーと話していた。そのとき、たまたま出てきたキーワードが“仮面ライダー”だった」(瀬端社長)。

 仮面ライダーシリーズの各種権利窓口となっているのは東映である。「具体的にはどのように話を進めるべきか」――。瀬端社長は、かねて親交があり、米国でライセンスビジネスを手がける松尾泰男氏に相談することにした。

 松尾氏は90年代以降、東映アニメーションのアニメ作品などの権利を北米や中南米に対し、販売をしてきた実績を豊富に持つ。東映グループとの付き合いも深い。

 相談を受けた松尾氏は、仮面ライダーなら北米市場で受け入れられる可能性があることを理解する一方、根本的な部分で1つ注文をつけた。それは「映画よりもテレビシリーズを優先すべき」というものであった。

主人公のドラゴンナイトウイングナイト

主人公のドラゴンナイト(左の2点)とウイングナイト(右の2点) (C)2008 Ishimori Production Inc.・Toei Company, Ltd.・Adness Entertainment Co.Ltd. All Rights Reserved.

テレビシリーズからヒットを狙うのが成功への近道

 この松尾氏の提案には根拠がある。実は、北米市場における日本映画興行の成功例は、米ボックスオフィス(映画興行収入)で第1位を獲得した「劇場版ポケットモンスター ミューツーの逆襲 (ポケモン・ザ・ファーストムービー)」くらいしかない。

 米アカデミー賞を受賞し、国内興行収入が304億円ものヒットとなったスタジオジブリの「千と千尋の神隠し」でさえ、北米ではようやく1000万ドル(1ドル107円換算で10億7000万円)に届く程度。実写映画については、こうしたアニメ映画に遠く及ばないものばかりだ。

 松尾氏はこう言う。「当初、映画化という話で相談を受けたが、経験上映画はリスクが高い。製作費を百億円かけたハリウッドの大作でさえ、ヒットするとは限らない。だから、仮面ライダーの海外版の話も、映画よりテレビシリーズの方がリスクは少ないと提案した。それにテレビの方が映画よりも、商品化によるビジネスも見込みやすい」。

 事実、欧米で日本の映像コンテンツを事業展開する場合、まずはテレビシリーズからスタートした方が成功の確率は高そうだ。それは「ドラゴンボール」や「ポケットモンスター」「遊戯王」といったアニメ作品のヒットに加え、仮面ライダーと同じカテゴリーである「Power Rangers」の成功が何よりも証明している。

 Power Rangersシリーズは、日本で1975年に東映が製作した特撮テレビ番組「秘密戦隊ゴレンジャー」から始まる“スーパー戦隊シリーズ”の16作目「恐竜戦隊ジュウレンジャー」を米サバン・エンターテインメント社がリメイクした作品。

 1993年9月から米国FOX系(FoxKidsネットワーク)で「Mighty Morphin Power Rangers」として放映。1995年には劇場版映画版も全米で公開され大ヒット。バンダイアメリカが発売するキャラクター・グッズも大人気で、放映開始以降、平均で年間約1億ドルを稼ぎ出す、有力キャラクターとして市場に定着している。現在も本シリーズは米トゥーンディズニーで放映中だ。

テレビシリーズへと舵を切り初のビジネススキームで勝負

 瀬端社長は、松尾氏からの提案を受け、映画化ではなくテレビシリーズへと舵を切った。また、映像作品の販売収入に加え、商品化によるロイヤルティー(ライセンス料)収入を見込んだ事業計画に変更した。これに伴い、松尾氏にもプロジェクトのメンバーに入ってもらうことになった。

コメント2件コメント/レビュー

一頃の日本市場を支配していた玩具メーカーの夢に満ちた皮算用が息を吹き返した印象。特撮ヒーローモノは子供の夢ではなく玩具メーカーの夢の結晶と揶揄されて久しい時世に海外市場でかつてのような夢を見たいのでしょうが、結局アニメやゲームが開拓した道に便乗したがっているようにしか見えない。反省の色もなくメーカーの都合を理由にコンテンツを弄る癖は相変わらず健在で、それが日本市場での凋落を招いたということを自覚しているのか心配になります。経済産業省の支援政策の解にというのもまた然り。現在のワールドワイドでコンテンツ展開できる下地は、行政がおかしな指導力を発揮せず放置していたことが発生の"助け"となった稀有な例です。その辺は今の経産省もよく理解しているようでバランス良く後援に回っているようですが、ここでまた商業主義全開の企業主導型コンテンツ事業が是となれば似たような失敗を繰り返すことでしょう。スポンサーもコンテンツクオリティを維持する責任を負った製作側の一員であって、一方的な我を押し通すだけではコンテンツ自体の力を殺すという自覚を持って欲しい。長らく玩具業界を主導してきたバンダイ等が持つノウハウは記事中の見解だけで片付くほど単純なものではないでしょう。(2008/08/14)

「キャラビジネス進化論!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

一頃の日本市場を支配していた玩具メーカーの夢に満ちた皮算用が息を吹き返した印象。特撮ヒーローモノは子供の夢ではなく玩具メーカーの夢の結晶と揶揄されて久しい時世に海外市場でかつてのような夢を見たいのでしょうが、結局アニメやゲームが開拓した道に便乗したがっているようにしか見えない。反省の色もなくメーカーの都合を理由にコンテンツを弄る癖は相変わらず健在で、それが日本市場での凋落を招いたということを自覚しているのか心配になります。経済産業省の支援政策の解にというのもまた然り。現在のワールドワイドでコンテンツ展開できる下地は、行政がおかしな指導力を発揮せず放置していたことが発生の"助け"となった稀有な例です。その辺は今の経産省もよく理解しているようでバランス良く後援に回っているようですが、ここでまた商業主義全開の企業主導型コンテンツ事業が是となれば似たような失敗を繰り返すことでしょう。スポンサーもコンテンツクオリティを維持する責任を負った製作側の一員であって、一方的な我を押し通すだけではコンテンツ自体の力を殺すという自覚を持って欲しい。長らく玩具業界を主導してきたバンダイ等が持つノウハウは記事中の見解だけで片付くほど単純なものではないでしょう。(2008/08/14)

アメリカ版仮面ライダー、日本に逆輸入しないでしょうかね?どんなものかぜひ見てみたいです。(2008/08/07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授