• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「靴も磨けないあなたが、自分を磨けるんですか?」

  • 菅原 泰男

バックナンバー

2008年8月8日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回は、善玉菌と悪玉菌のビジネス習慣の実態を解明します。そこから巻き起こる正と負のスパイラルや、大量放出される陽と陰のパワーが、組織のパフォーマンスに大きな影響を与えていることをしっかりと理解してください(善玉菌、悪玉菌についての説明はこちら)。

 私は、これまで大手企業500社以上に、人を基軸としたビジネスコンサルティングをしてきました。その関係で、経営者や営業・人事のトップの方にお会いする機会が多いのですが、よく悩みを相談されることがあります。

悩みの代表例

・グローバルに戦える人財が少ない
・新規や大型商談ができない
・ソリューションや付加価値サービスができない
・将来の幹部候補がいない

 など、人材に関してはどこの企業も悩んでいます。

 そこで私が「問題が生じる理由は何だとお考えですか?」と聞いてみると、以下のような答えが返ってきます。

本人自己分析

・社内の成功者や成功事例が少ない
・競合他社との差別化ができていない
・教育・研修制度が不足している
・管理職やマネジャーが育っていない
・そもそもビジネス資質がない

 理由は山のように出てきます。

 こういった悩みを抱える企業に、私たちが実際に足を運んでみると、こんな印象を受けます。

我々の現場感想

・挨拶はもっときちんとした方がいいのでは?
・その靴、いつから磨いてないの? どうしてズボンにプレスをしないの?
・相手の会社のことを何も調べもせず、アポイントを取っているの?
・話をするのは、本当にその人だけでいいの?
・去年の今頃と比べて、自分が成長しているかどうか、考えたことはあるの?

 前出の悩み事を相談する前に、ビジネスパーソンとして当たり前のことができていないのでは? と言いたくなるようなことが多く見られます。

 まさに、悪玉菌のビジネス習慣が組織にはびこり、悪影響を及ぼしているのです。この実態をトップに報告すると、必ず“どうしたらよいのか”、そして“何とかしてくれ”という話になります。

 そこで、まず私は、組織パフォーマンスに大きく影響している善玉と悪玉のビジネス習慣の話を、次ページのビジネスサイクル図を使って説明しています。

コメント14件コメント/レビュー

コメントに「官庁でぜひこのような指導をしていただきたい」というのがあったので、ちょっと反応します。この菅原さんのメソッドが全く役に立たない部門、それが官公庁です。なぜなら、自前の予算と制度を確保してナンボ、である以上、現在でも「裸足の美学」が成り立っているからです。更に、自戒をこめて言わせていただければ、基本的に公務員はよくて分類II、ほとんどが分類IIIだと思いますが、例え分類VIであっても、既存の仕組みに亀裂が入らない限り、それを修正し向上するモチベーションなどありません。なぜなら、だめだからといってクビにもならないし、よかったからといって給料が上がるわけでもないからです。もっと言えば、分類Iが既存の仕組みを修正するなんてことは、自分から言い出したら却ってよくないことになりますよ。だって、それで儲けている偉い人(分類VI相当)の足を引っ張ることになるんだもの。あ、キャリアの人は別かもしれないけど。以上、もと中央官庁の二種公務員の愚痴でした。(2008/08/11)

「“裸足の美学”からの脱却」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

コメントに「官庁でぜひこのような指導をしていただきたい」というのがあったので、ちょっと反応します。この菅原さんのメソッドが全く役に立たない部門、それが官公庁です。なぜなら、自前の予算と制度を確保してナンボ、である以上、現在でも「裸足の美学」が成り立っているからです。更に、自戒をこめて言わせていただければ、基本的に公務員はよくて分類II、ほとんどが分類IIIだと思いますが、例え分類VIであっても、既存の仕組みに亀裂が入らない限り、それを修正し向上するモチベーションなどありません。なぜなら、だめだからといってクビにもならないし、よかったからといって給料が上がるわけでもないからです。もっと言えば、分類Iが既存の仕組みを修正するなんてことは、自分から言い出したら却ってよくないことになりますよ。だって、それで儲けている偉い人(分類VI相当)の足を引っ張ることになるんだもの。あ、キャリアの人は別かもしれないけど。以上、もと中央官庁の二種公務員の愚痴でした。(2008/08/11)

あー、わかりますわかります、私自身悪玉菌ですし。自分を磨く必要?そんなものあるんですか??しかし、お客様に強くプッシュすることが出来ない粗悪な製品を作っているメーカー自体はやはり悪でしょう、自分ではどうにも出来ないですし。(2008/08/10)

30歳を過ぎてお茶を習うようになりましたが、あの稽古体系はまさにSARサイクルそのものだと思いました。ただ、レビューに相当する部分が、自分の視点だけでなく師匠の視点が入り込むことでより多角的にレビューが行われているようです。加えて、稽古が進めばシナリオはより複雑に、アクションもより繊細に集中力を要求されていく。古くからの日本文化がトレーニング法として考えると非常に合理的なものだと思い至りました。(2008/08/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授