• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

海の小さな人気者 ウミウシ

子どもと一緒に磯採集はいかが

  • 藤田 宏之

バックナンバー

2008年8月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 世界の海に生息する色とりどりのウミウシ。磯採集に行けば、子どもたちが胸を躍らせる最も鮮やかな獲物の1つ。ダイバーたちの人気者でもある。

 「ナショナル ジオグラフィック日本版」の8月号では、当代随一の水中写真家、デビット・デュピレさんがウミウシたちのちょっと澄まし顔のポートレートを寄稿してくれた。



Chromodoris属の一種。
Chromodoris属の一種。

 都会に住んでいる読者のみなさんには、なじみが薄いかもしれないが、なんとも可愛らしい表情を見せてくれているので、是非ご高覧いただきたく思ってやまない。

 このウミウシの生態はあまり知られていないが、実は、世界中の海という海に生息し、わかっているだけでも3000種類を超す仲間がいるという。

 一見、生まれたての赤ん坊のように無防備な生きものにも見える。カタツムリに近縁の、海の無脊椎動物だが、進化の過程で何百万年も前に硬い殻は脱ぎ捨てた。表皮と筋肉と内臓をむきだしにして、ねばねばした足跡を残しながら、海の底をはい回っている。

 浅い砂地や岩礁から水深1000メートルを超す暗い海底まで、世界各地の海にいる。暖かい海、寒い海、熱水を吹き上げる噴出口など、どこででも生きていける適応力は、見上げたものだ。大きさはおおよそ私たちの指くらい。

 巻き貝と同じ軟体動物門の腹足綱(ふくそくこう)に分類されるが、殻をもたず、背中に房状のえらが露出している。海底を離れて流れに漂うこともあり、なかには自在に泳げる変わり者もいるが、動きはたいてい、のんびりしている。

 はだか同然で動きものろいウミウシが、捕食者だらけの海で生きていけるのはなぜだろう?

 身を守るための多彩な術を備えている。殻の代わりに硬い外皮や、表面の凹凸、ざらつきなどで守りを固めるほか、毒を使うものも多い。毒は、自分の体内でつくる種もいるが、たいていは食べた獲物から、ちゃっかり失敬する。たとえば有毒なカイメンを食べる種は、カイメンがもつ刺激物質を体内で変化させて貯蔵し、敵に襲われるとこの毒を分泌する。

 毒針のような“飛び道具”で武装するウミウシもいる。イソギンチャク、ヒドロ虫、アナサンゴモドキ(ファイアーコーラル)などの刺胞動物を食べたウミウシが、毒のある刺胞をそのまま体内にたくわえ、自分の防御に活用するのだ。

コメント0

「「ナショナル ジオグラフィック日本版」編集長の「地球からの報告」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長