• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

あなたの捨てたゴミは、本当に“捨てられて”いるか?

徳島県上勝町のゼロ・ウェイストをリポート

2008年8月28日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 私たちは地域の自治体の指示に従い、燃えるゴミ、容器包装、古紙などに分別して、所定の日にゴミを出す。この時点で、市民(区民)としての責任を果たし、ゴミと「おさらばした」と私たちは思う。しかし、実はゴミ問題はここから始まるのだ。

 日本では平均してゴミの8割を焼却処分している。しかし多くの焼却炉は老朽化し、建て替えの時期を迎えている。焼却炉のハイテク化に伴い建設費は高騰し、予算が足りない自治体も多い。建設が決まっても、住民の反対運動が起きる。焼却炉は迷惑者扱いされているのだ。焼却灰の埋め立て地の問題もある。最終処分場は、日本中どこも満杯状態だ。どの自治体も、ゴミ処理に頭を悩ませている。

 そんな中、ゼロ・ウェイスト(環境の負担になるゴミやムダをゼロにする)の考え方が広まりつつある。提唱者は英国の経済学者、ロビン・マレー氏。1996年にオーストラリアの首都キャンベラがゼロ・ウェイスト宣言し、世界を驚かせた。ほかには米国のサンフランシスコ、バークレー、ニュージーランドやカナダなどでゼロ・ウェイストが広まっている。

日本初のゼロ・ウェイスト宣言を行った徳島県の町

 日本で初めてゼロ・ウェイスト宣言を行ったのは、徳島県勝浦郡の上勝町だ。2003年に「2020年までに焼却・埋め立て処分をなくす最善の努力をする」と宣言し、2005年にNPO法人(特定非営利活動法人)「ゼロ・ウェイストアカデミー」を設立した。

ゼロ・ウェイストアカデミー初代事務局長の松岡夏子さん

ゼロ・ウェイストアカデミー初代事務局長の松岡夏子さん(写真:佐藤 正治)

 上勝町は人口2000人。“棚田百選”に選ばれた美しい山間の町だ。元気なお年寄りが営む「葉っぱビジネス」(南天、笹、山ブドウ、紅葉などの葉を周辺の山で採取し、「つまもの」として料亭などに出荷する事業)が注目を集めた町でもある。

 このゼロ・ウェイストアカデミー初代事務局長の松岡夏子さんが、6月、神奈川県逗子市の市民交流センターで、上勝町のゼロ・ウェイストの取り組みを紹介した。

 松岡さんは大学に在学中、産業廃棄物の不法投棄で問題になった香川県土庄町の豊島(てしま)を訪れたことがきっかけで、ゴミ問題に興味を持つようになった。環境先進国のデンマークで留学中に上勝町のゼロ・ウェイストの取り組みを知り、ゼロ・ウェイストアカデミー設立のための町臨時職員として、2004年に上勝町に移住。2005年4月に同法人が発足し、理事兼初代事務局長を務めた。現在は神戸大学国際分科学研究科に所属し、環境政策を研究しながら理事を務める。

逗子市の市民交流センターでの講演

逗子市の市民交流センターでの講演(写真:佐藤 正治)

 「上勝町では、ゼロ・ウェイスト宣言する以前からゴミ問題に取り組んでいました。1995年から、すべての生ゴミを堆肥化することを決定し、電動式ゴミ処理機やコンポスター(注1)の購入に助成金を出しました」と、松岡さんは上勝町でのゴミ処理の歴史を説明した。

 「1997年に『容器包装リサイクル法』が施行されたのをきっかけに、ゴミの19種類の分別を始めました。リサイクル資源を使って製品を作る企業を探し、分別したゴミを売却し町の現金収入としたのです」

コメント2件コメント/レビュー

出来ることから実行する。良いことですね。塵というとすべてが塵ですね。家庭内で本当に多くの塵があります。それぞれの人の心は利益ですね。たとえば、自電車の廃棄ですが。安全基準を守らないと、転売や人にあげられない。 この辺の志向を変えないと塵は減りません。 修理して、転売すると、新車と同じコストになる。 日本では修理システムが出来ていない。そのために多くの物が塵になる。 コンピューターもシステム変更で何台も自宅にある。フロッピーが廃棄できないですね。(焼却できるシステム。) カメラも何台もですね。 家庭で、何でも一つ運動をすると良いですが。経済が停滞するでしょうね。 利益やビジネスを離れた社会システムを構築する。それには無料の土地と、その場所の環境への安全性がありますね。 資源の回収というが、今は自己負担ですね。それを誤魔化している社会でしょう。 行政は資源回収で利益を公開するシステムを作ることは良いが。逆に、行政労働者の職場を作るということでしょうね。提案は理想的であるが。行政も賛成する。職場が確保できる。市民だけの社会システムを構築する。NGOにしても、行政が絡むから、益々、税金の無駄使いになる。行政は賛成する、それは職場が確保できる。(2008/08/28)

「暮らしとエコロジーを考える“ゴミ捨て人生”にさようなら」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

出来ることから実行する。良いことですね。塵というとすべてが塵ですね。家庭内で本当に多くの塵があります。それぞれの人の心は利益ですね。たとえば、自電車の廃棄ですが。安全基準を守らないと、転売や人にあげられない。 この辺の志向を変えないと塵は減りません。 修理して、転売すると、新車と同じコストになる。 日本では修理システムが出来ていない。そのために多くの物が塵になる。 コンピューターもシステム変更で何台も自宅にある。フロッピーが廃棄できないですね。(焼却できるシステム。) カメラも何台もですね。 家庭で、何でも一つ運動をすると良いですが。経済が停滞するでしょうね。 利益やビジネスを離れた社会システムを構築する。それには無料の土地と、その場所の環境への安全性がありますね。 資源の回収というが、今は自己負担ですね。それを誤魔化している社会でしょう。 行政は資源回収で利益を公開するシステムを作ることは良いが。逆に、行政労働者の職場を作るということでしょうね。提案は理想的であるが。行政も賛成する。職場が確保できる。市民だけの社会システムを構築する。NGOにしても、行政が絡むから、益々、税金の無駄使いになる。行政は賛成する、それは職場が確保できる。(2008/08/28)

自動車、家電無しでは暮らせない現在、これらの「デポジット」制はどうなっているのか?買うときは欲しいから少しくらい高くても金は出すが、要らなくなると使用価値もないのに何で金なんかだすものか!が本音なんですよ。そういう存在じゃないですか我々は!。廃車1台5万円もらえるなら会社休んで捨て車牽引していくもん。これなら不法投棄はなくなりますよ。基本的に金に卑しい人々がせこく汚く競争する社会なんですからそこを利用する仕掛けを実施したいですね。しかしそのデポジット金を持ち逃げ横領する社保庁みたいな管理当局やそれに乗っかる官僚政治家が出てきて食い潰すんだろうなあ!そうなったらそいつに家にゴミ持っていく事にすれば?あとは、大学などで廃棄を扱う工学部など作って産業の一部としてシステムを作り上げる。屎尿まで売り物だった江戸時代を思い出そう。(2008/08/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長