• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ダントツの舞台裏で見つけた「宇宙の法則」

  • 菅原 泰男

バックナンバー

2008年8月29日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 第8回は総仕上げとして、日本の経営をリードするビジネスリーダーたちが実践している「宇宙の法則」を紹介します。

 おかげさまで、たくさんの方々にお読みいただいたこのコラムも今回が最終回。正直ここまで反響があるとは思いませんでした。初めて執筆の依頼があった時、廣松編集長の人柄にほれて引き受けてしまいましたが、週一ペースの8回シリーズ。素人の私にとっては、かなりハイピッチ出稿です。

 本当に大丈夫だろうかと不安もよぎったが、切羽詰まると集中力が出るタイプの私は、「これも何かのご縁だし、ちょうど自分を振り返るいいチャンスだ」とポジティブシンキング。あえて自分で自分を追い込むことにしました。

 誰もそこまで期待していなくとも、やると決めたからには、1番を狙いにいくのが私の性分。

 しかし、他の執筆者の方々はプロの書き手や各界の著名人ばかり。知名度、実力の差は歴然です。同じ土俵で戦っても勝ち目はないことぐらい、素人の私にでも分かります。

 そこで、無名ベンチャーがオンリーワンを目指す時に、必ず自社の強みを組み合わせたオリジナルビジネスで勝負することを応用し、自分の強い分野「ビジネス」+「人財」+「原理原則」を基軸に、自論「裸足の美学からの脱却」というテーマで書こうと決めたのです。

 こうして“無名作家”の初デビューとなったが、第1回・第2回のランキングは、一歩及ばず最高3位に。調子が出てきたのは、第3回の「あなたの会社は“超一流”に弁当や定食を作らせていませんか?」で、「読者が選ぶ注目の記事」ランキング1位を取ってからです。

 「なるほど、こういう感じならば1位を取れるのか」と少しコツをつかみ、次からも絶対に1番になりたいと、ここから私のテンションがヒートアップ。

 そして第4回「あなたの会社で、金の卵を踏みつぶしているのは誰ですか?」以降は、アクセスランキングでも連続1位を取り、もしかして「才能あるかも…」「俺って天才?」といつもの自己陶酔が始まりました。

 私はもともと理系で、小さい頃から文章を書くことに強い苦手意識を持っていました。しかし、この連載コラムのランキングのおかげで、今まででは考えられない自分の集中力や可能性に、改めて気づかされました。

 前回の当コラムで紹介した、ゴルフで1年間空回りし続け、弱気になっていた私が、今ではシングルプレーヤーを目指すまで心境変化し、本来の自分を取り戻したのと同じように、今回は「俺も作家デビューできるかも」と本気で思うようにまでなったのです。

なぜ、素人の私がランキング1位になったのか?

 執筆に関してはズブの素人である私のコラムが、なぜ多くの方々に読んでいただけたのだろうかと自己分析してみました。

 答えは簡単。これから解説する「宇宙の法則」に従いSARサイクルをひたすらグリグリ回し続けたからだと思います。

 それでは、素人をランキング1位にした、1日×1週間のリズムを紹介しましょう。

― 1日のサイクル ―

 まず朝から午前中にかけてはできるだけ右脳を使って創造力を働かせ、シナリオを組み立て原稿を手書きする。
 昼は本業のコンサルティングをこなし、夕刻からはタイプしてもらった原稿をプリントアウト。左脳を働かせて冷静に内容をチェックする。
 その後は、会社を出ても原稿は常に持ち歩き、調子が乗れば、酔っていても自宅で再読する、というシンプルなリズムを守り続けた。

1日の行動パターン

コメント11件コメント/レビュー

SARサイクルはPDCAより納得感があります。表面から裏側まで一機痛感した(2008/09/03)

「“裸足の美学”からの脱却」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

SARサイクルはPDCAより納得感があります。表面から裏側まで一機痛感した(2008/09/03)

全8回、楽しくまた真剣に読ませて頂ました。物事の本質、王道、誰もがわかっていてもビジネスの舞台で突き詰めて行く事は本当に難しいことだと思います。しかし、今回のこのシリーズを読み続けていくうちに、すべての行動や考え方に理由があり、それをシステムとしてとらえ確実に行動していく事が成功への近道であることを筆者に教えていただました。本当にありがとうございました。これからもビジネスマンに勇気と知恵を下さい。(2008/09/02)

菅原様、楽しく読ませてもらいました。私は自分の靴もたまにしか磨けない愚かものです。今回も面白かったです。ただ、宇宙の法則という題はちょっと大げさだと思いました。宇宙と法則の間に「21世紀にすむ人類の」という前提が入るのでしょうし、それ以外の生物は読まないので当然かもしれませんが。仕事の関係で昼夜逆転している人もいますし、1日24時間、1週間をベースにした生活というのは地球に住む人間の現在の状況であって、どの星や生命にも当てはまる普遍的な宇宙の法則といえるのかどうか。余計なことをいいましたが、色々と参考になりました、ありがとうございます。今後もご活躍されることを願っています。(2008/09/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長