• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

政権投げ出しのインテリジェンス

「福田退陣」の情報経済分析

2008年9月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 この連載は毎週そうなのですが、今週月曜の夜も、数時間後にリリースが迫った「常識の源流探訪」の校正を編集部とメールでやり取りをしていました。並行して夜10時過ぎから御茶ノ水で角川書店のKさんと打ち合わせを始めると「福田首相退陣だそうですよ」とのこと。

 おや、と思っていると、今度は編集部の飯村さんから「退陣シフトで掲載を1日遅らせましょう」とのメールが来ました。そこで前回のイントロに福田退陣の話を少し書いたところ、編集部内外から「いま退陣関連で各方面に依頼しているのだけれど、こっちの話題で今週もう1本書かないか」とリクエストを頂きました。昨日出ていた御厨貴さんの「小泉改革が“ぶっ壊した”強靭な首相」など、今週の日経ビジネス オンラインはいろいろな角度から「福田退陣」を斬る記事が並んでいます。

 ということで、予定を変更して私も、他の皆さんと少し違う角度から「政権投げ出し」のもつ効果について考えてみたいと思います。

 新聞やウエブには「無責任」「政策の継続性は?」といった国民からの非難の言葉が並びますが、福田さんは本当に単に「無責任」だけで政権を投げ出したのでしょうか? 白黒のつかな い問いかもしれません。私も当初はびっくりしました。でも改めて考えてみれば、9月に突然首相辞任というのは去年もあったこと。ひょっとすると「年中行事」かもしれません。なんと言っても日本政治の出来事です。御厨さんの記事にもあるように「麻生禅譲」を筆頭に、背後に無数のメカニズムあっての行動と思います。

「リセット効果」で選挙に勝つ

 新聞報道にもあるように、すぐ思い浮かぶのは総選挙対策でしょう。「選挙は福田さんで戦いたかった」と民主党議員も言っています。支持率が落ちるところまで落ちた福田内閣では選挙は戦えない。わざわざ不利な神輿をかついで「国民に信を問う」のは、政権維持の観点からはどう考えても得策ではない。

 さて、今のタイミングで福田さんが辞意を表明すれば、マスコミは「麻生」「谷垣」「いや小池」などと自民党総裁選の情報一色となって、野党は霞んでしまうでしょう。

 「情報周知」という観点で考えるなら、実は自民党総裁選自身が総選挙への地ならしにもなる。政権の「リセット」は支持率上昇への緊急脱出ボタンのような役割を持っています。そうやって「国民的に人気の高い麻生さん」など「リセットしたての神輿」で支持率を上げてから、選挙に打って出る方が、政権与党側として有利なのは言うまでもない。

 もし「行政府の長」として福田さんの挙動を見るなら、政策や公約に対して責任を果たしていないように見えるのは当然です。しかし政治の力学論理で考えれば「別の責任」は果たしているのかもしれない。戦略参謀の観点に立って「辞任」「総裁選」「解散・総選挙」など、すべてを国民向けに投げる情報のカードとしてドライに扱って「冷静」に考えれば、与党サイドが政権維持に向けて、何が有効かはハッキリしています。

 問題はこの種の「論理」が国民不在のパワーゲームに終始することでしょう。実体のある政策は後手でも、選挙の票読みなどで「民意」の情報コントロールは念頭に置いている。そういう意味で「政権の投げ出し」には相応のインテリジェンスが存在しているはずです。奥深い政治の世界は私のような素人にはうかがい知れず、想像を超えたメカニズムも存在しているのかもしれません。

 しかし内幕のいかんによらず、もし政権が自己の勢力維持だけに汲々とするならば、その弊害は予想を超えて多方面に波及する危険性が高い。これは断言して構わないと思うのです。これを経済の指標について、情報の観点からもう少し考えてみたいと思います。といっても、結論は明確なものですが、途中の議論は、為替も株も素人の私が、物理時代に慣れ親しんだデータ処理と原則的な ロジックだけで、急いでスケッチした生硬な議論です。30代はこんな具合で、短時間で政策の下書きをいろいろやらさせられました。早いのと、ゼロからきっちり結論が導けるのが売りではありましたが、初期段階では脇に穴が開いていることも少なくありません。今回は緊急掲載が趣旨のひとつになっていますので、不足のご指摘を含め、読者の皆さんにご教示、ご議論いただければ幸いです。

内閣支持率と平均株価

 多くの「日経ビジネス オンライン」読者の皆さんは、9月2日付の大豆生田崇志さんの「首相は無責任」の再現、その根源は?」をご覧になったかと思います。

 この記事には、福田首相の就任以来の内閣支持率と日経平均株価の推移がグラフで示されています。ご覧いただければ分かる通り、サミットなどでの一時回復を除いて、まずもって福田内閣の支持率は単調に減少し続け、それと軌を一にするように日経平均の月間終値も下がってゆきます。

 記事(および読者コメント)には、このグラフをあからさまに扱う内容は出ていませんでしたので、まずここからスタートしてみましょう。

コメント14件コメント/レビュー

内容の割に文章が長過ぎます。もっと、スッキリとまとめて下さい。  67歳、通りすがりの医師。(2008/09/09)

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

内容の割に文章が長過ぎます。もっと、スッキリとまとめて下さい。  67歳、通りすがりの医師。(2008/09/09)

本論部分ではないのですが宮澤喜一を礼讃していることはいただけません。「失われた10年」と言われる長期経済停滞と今の政治の行き詰まりの多くを小渕・宮澤政権に帰するべきで、逆の認識であれば筆者の主張そのものの根底が問われます。「平成の高橋是清」などというおだてに乗った「自称ケインジアン」の宮澤氏は、少子高齢化や保守長期政権による「潜在成長率低下」がもたらした構造問題を、旧態依然たる財政出動というバラマキをやった。将来世代につけ回しする恒久所得減税に猛反対した当時の大蔵官僚のほうがまだましというべきでしょう。計量分析のふりをした幼稚な模式を振りかざしていますが、小渕・宮澤時代に建設業者が増加しピークをつけたという数値的事実をご存知なのでしょうか。時代の大きな変化を見誤り、金融界の不良債権処理を忌避し、公共事業に依存する業界をかえって増殖させた。そのような自民党の宮澤財政が今の時代若返って復活してほしいとは、極めて危険な認識ですよ、と言いたくなってしまいます。(2008/09/08)

結局は政権に固辞するあまりにどうしようもないことをしているという感は拭えず。そのため、次の選挙で政権が取れるとも思えない。国民はそれほどバカでないと信じる。政官業の癒着を解くためには自民党以外への政権移譲しかないと感じる。(2008/09/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長