• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

未来のリーダーを新興国に派遣しよう

津田梅子は6歳で米国にわたった

2008年10月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本企業のグローバル化には、4つのステップがあると言われる。

 第1ステップは、海外「販売」の増加。輸出を通じて、売り上げに占める海外販売額が増えていく段階だ。

 第2に、海外「生産」の増加。特定の地域での販売量が増え、現地生産に切り替えられる。自動車産業のように、貿易摩擦がこれを加速化させることもある。

 第3のステップは、海外「株主」の増加。世界的なマネーの移動が、これを推し進める。日本の多くの産業の場合、第2ステップまで進んだ後に資本の自由化が始まったため、このステップが3番目になっている。

 そして最後の第4ステップが、「経営チーム」の外国人比率増だ。ソニーや日産自動車、あるいは最近の日本板硝子のように、経営トップレベルに日本人以外が就く場合も出てきたが、多くの場合はトップ以下、日本人中心の経営チームに少しずつ外国人が入っていくということになる。

グローバル経営がうまくいっていないわけ

 どのステップもそれぞれに多くの困難が伴うのだが、多くの日本企業が試行錯誤しながらも、第3ステップ、すなわち資本の国際化、外国人株主の増というところまでは、なんとかマネージできつつある。業界によっても個々の企業によっても差はあるが、まだ「どう困難を乗り越えるか」について解が見いだせていないのが、第4ステップだろう。

 日本的経営の「暗黙知」的要素といったハイレベルの話を持ち出すまでもなく、多くの日本人は、外国語でのコミュニケーション力が不足している。お恥ずかしい限りだが、私自身も自分の会社のグローバル経営会議の場では、彼我のコミュニケーション力の圧倒的な差に、ともすればくじけそうになってしまう。

 単純に語学力の問題だけではない。多国籍、多文化の中で、相手の本音を読みながら、論理と感情の両面で議論をリードし、必要以上にしこりを残さないように、意思決定を進めていくというのは、容易なことではない。

 私が定例的に出席しているボストン・コンサルティング・グループの経営会議では、議決権を有するのは10人強なのだが、その国籍は7つにわたる。英国人とインド人、あるいは中国人とフランス人が、ある時は植民地時代の歴史にまで立ち返りながら、口角泡を飛ばして侃侃諤々(かんかんがくがく)の議論をし、最終的にはチームとしての意思決定に至る。そしてその後は、さきほどまで怒鳴り合っていた同士が、仲良く一杯飲みに出る。

 こういったことを楽々とこなせるようになるには、語学力を超えた総合的な力量、いわば「異文化マネジメント能力」と言えるようなものが求められる。キャリアを拡げていくうえで、こういった能力を身につけざるを得ない欧州の小国出身者、あるいは複数の国で教育を受けることが当たり前のアジア新興国出身者。彼ら、彼女らの異文化マネジメント能力は、往々にして驚くほど高い。

 この種の力量の獲得には、若い時からの「実体験」の蓄積がどうやら必要なように思える。

コメント9件コメント/レビュー

若いうちから海外に出る事は、非常に為になるので大いに行くべきです。只、侃々諤々の議論の後に笑って一杯やる習慣を持って、日本の会社に戻り同じ事をやったら多分つぶされる場合が多いと思う。その組織に会った人が昇進していくため、いつまでも議論は議論と言う風土にはならない。強力な指導者、買収、倒産後の再建などの断絶がある改革が無いと、従来のDNAは必ず伝わります。(2008/10/05)

「御立尚資の「経営レンズ箱」」のバックナンバー

一覧

「未来のリーダーを新興国に派遣しよう」の著者

御立 尚資

御立 尚資(みたち・たかし)

BCG シニア・アドバイザー

京都大学文学部卒。米ハーバード大学経営学修士。日本航空を経てボストン コンサルティング グループ(BCG)に入社。BCG日本代表、グローバル経営会議メンバー等を歴任。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

若いうちから海外に出る事は、非常に為になるので大いに行くべきです。只、侃々諤々の議論の後に笑って一杯やる習慣を持って、日本の会社に戻り同じ事をやったら多分つぶされる場合が多いと思う。その組織に会った人が昇進していくため、いつまでも議論は議論と言う風土にはならない。強力な指導者、買収、倒産後の再建などの断絶がある改革が無いと、従来のDNAは必ず伝わります。(2008/10/05)

滞米二十何年かになりますが、コミュニケーションは「単純に語学力の問題だけではない」事に関して、まさに同感です。日本人同士のコミュニケーションに「暗黙知」が多いのは「日本的経営」に限らない、ごく普通の事です。なにしろ「空気が読めない」と仲間はずれになるという文化ですから。しかし、今後の国際化に備えて「未来のリーダーを新興国に派遣」することには、二つの面で賛成できません。一つには、今の新興国のリーダーは大抵は元欧米留学組だという事。二つめは、リーダーだけ国際化しても、下部が付いてこなければリーダーが浮くだけだ、という事です。基本的には教育改革による「国民的国際化」が無ければ、企業に限らず日本国自体が将来成り立たなくなる、というのが私の危惧です。(2008/10/04)

私自身、8歳から4年間の英国在住(父親の仕事の関係)を皮切りに、その後就職してからも語学力を買われて海外勤務が長い(これまで50年の人生の1/4は海外生活)ですが、日本の社会に根強く残る異質排除の風習に、本当に苦労してきました。日本の社会は、多くの場合、均質であること、異を唱えないことを何よりも尊重します。また狭い村社会の掟を引きずって、そこから踏み出そうとせず、異質なものは村八分にしようとします。将来のリーダー候補を海外で経験を積ませるのは大賛成ですし、そのような人材にあっても、使い物になる人、使えない人(単なる語学の上手い人)に分かれるのは当然ですが、その前段階として、せっかくの異文化マネジメント能力を身につけ、外国人と丁々発止ができる人材が育っても、それを組織の中で排斥しないような意識改革が先ではないでしょうか。(2008/10/03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長