• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ソニー 「夢(DREAM)は再び開く?」 第2回

買収した米企業を放任 強力な手足に育てる

  • 日経ビジネス

バックナンバー

2008年10月14日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日経ビジネスは2009年10月に創刊40周年を迎えます。この欄ではそのカウントダウン企画として、過去の記事の中から、現在にも通じる企業戦略を選び、毎日掲載していきます。第2回はソニー。

 日本を代表するベンチャーの星、ソニー。ウォークマンからVTR、プレイステーションと次々とヒットを飛ばし、「SONY」のブランド力は外国でも知らない人がいないのではと思うほど強い。音響機器からゲーム、映画、金融と手がける事業も拡大、2005年には外国人トップが誕生するほど国際化も進んでいる。しかし、最近は業績も振るわず、高い期待を持つ消費者や株主には失望も。世界ブランドはその輝きをさらに増していけるだろうか。(ソニー編は5話完結です)

第2回

 1989年、ソニーは米コロンビア映画を買収、米国社会に大きな衝撃を与えた。当時のトップは大賀典雄会長。米国人でさえ経営が難しい、通称「ハリウッド」の映画会社。そこに日本資本が乗り込んだのだ。実はソニーはその前月にも米ハイテクベンチャーを買収している。コロンビア買収はその後、苦悩が続いたが、国際経営を定着させる大きな経験となった。

* * *

M&A

1991年5月27日号より

2年前に買収したハイテクベンチャーMRCの経営が軌道に乗った。日本的経営の押し付けを否定した放任主義が成功の秘密で,経営の現地化をさらに進める。

(高野 泰志=ニューヨーク支局)

薄膜形成装置の世界的メーカー
身売り話に機敏に飛びつく

 「あの米国からの電話は2年近くたった今でも鮮明に覚えている」。ソニーの金田嘉行常務は言う。ニューヨーク郊外に本社を置くハイテクベンチャー,MRC(マテリアルズ・リサーチ・コーポレーション)が身売りするという第一報のことだ。

MRC本社とウェイニック会長

MRC本社とウェイニック会長

薄膜形成装置の生産ライン

薄膜形成装置の生産ライン

 電話してきたのは米国ソニーの盛田正明執行副会長(ソニー副社長)。「スイスの投資会社が買収に乗り出しているが,今すぐ名乗りを上げれば間に合う。担当常務としてどう思うか」と金田常務の意見を求めてきた。お盆の夜,寝入りばなをたたき起こされた金田常務は素早く頭の中を整理した後,「買えるものならぜひ買いたい」と意欲を伝えた。

 MRCは半導体製造に欠かせないエッチング装置や,様々な素材の表面処理を行う薄膜形成装置の世界的メーカー。技術の応用範囲は広い。CD‐ROM(コンパクトディスクを利用する読み出し専用メモリー)やレーザーディスクなど記録メディアの製造にも関連してくる。当時,ソニーとの取引額はわずか。にもかかわらず,半導体や記憶メディア事業,生産技術を担当する金田常務は技術の裾野の広がりに注目し,「MRCとの関係を強めたい」とひそかに考えていた。

 翌朝,金田常務は,はやる心を抑え盛田昭夫会長と大賀典雄社長に相談,その場でゴーサインを取り付けた。連絡を受けた米国ソニーが「買収の意思あり」と正式に返答。ほどなくMRCのシェルドン・ウェイニック会長はソニーの傘下に入ることを決めた。1週間足らずで友好的M&A(企業の合併・買収)が成立した。

コメント0

「日経ビジネスが描いた日本経済の40年」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員