• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

舞台衣装2万5000点、靴3000足の大半を内製

シルク・ドゥ・ソレイユ国際本部を歩く(2)

  • 蛯谷 敏(日経ビジネス)

バックナンバー

2008年10月17日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 前回、シルクの特徴を表すキーワードは「内製」だと触れた。

 シルク・ドゥ・ソレイユの作品に登場する衣装や小道具は、ほぼすべてが国際本部の工房で内製されている。コスチューム、シューズ、帽子と、生地から作るこだわりよう。シルクに所属するパフォーマーの身体データが完備されており、新しい衣装が即座に製作できるようになっている。ショーの競争力の源泉である、シルクの工房を訪れた。

【日経ビジネス連動企画】

日経ビジネス オンラインと日経ビジネスが共同で、シルク・ドゥ・ソレイユの知られざる企業経営に迫ります。10月20日発売の「日経ビジネス」も合わせてご覧ください。

 晴れてシルク・ドゥ・ソレイユの一員となったパフォーマーが、最初にやる仕事。それが、自身の詳細な寸法データを測定することだ。身長、体重、足の大きさ、首まわりなど、100カ所近くにわたって寸法をはかる。身体だけはなく、帽子やカツラの製作に必要な「デスマスク」作りも待っている。シルクの国際本部には、デスマスクの製作プロセスが展示されている。

帽子やカツラ、マスクの製作のために、パフォーマーは入団するとすぐに顔型を作る

帽子やカツラ、マスクの製作のために、パフォーマーは入団するとすぐに顔型を作る(写真:田中 克佳、以下同じ)

 ちょうど、歯科医が歯型を作るような作業を、顔全体に施していくイメージだという。所用時間は30分ほど。別室では、ショーごとに出演者の顔型がまとめられていた。

顔型が集められた倉庫。ショーごとにまとめられ、帽子などの製作にすぐに取りかかれるようにしている

顔型が集められた倉庫。ショーごとにまとめられ、帽子などの製作にすぐに取りかかれるようにしている

 顔型を含む、個人のデータは、出演者名・ショーの名前・役柄・身体データ・衣装データの識別子がつけられ、データベースに管理されていく。

 実は、シルクのショーの強みは、こうして作られたデータベースの徹底活用にある。個人データに加えて、後に見ていく衣装やカツラ、靴などは、製作プロセスが詳細にマニュアル化され、製作者はそれを忠実に再現するように指導されている。このため、ショーの品質にばらつきがなくなり、一定のレベルを保つことができるのである。

 シルクの舞台衣装の製作現場は、国際本部のアトリエ棟に集約されている。棟内は、靴、カツラ・帽子、コスチューム、小道具などパーツごとに工房が分かれている。ここで働く、スタッフは約400人。それぞれの部門で人材の交流はなく、ほぼ一生同じパーツを作り続ける職人の集まりとなっている。

年間3000足を作る靴工房

 最初に訪れたのは、靴工房。ショーのために、1年に製作する靴の数は、ざっと3000足。30人ほどの職人が、次々と靴を完成させていた。靴の製作方法は、大きく2種類。まったくのゼロベースから製作する場合と、市販の靴に様々な装飾を施していく方法があるという。「ディレクターのイメージに合わせて、どちらの方法を採るか決めているが、大抵はゼロから作る」とある職人さんは説明してくれた。

コメント0

「「企業」としてのシルク・ドゥ・ソレイユ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師