• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ノーベル賞と戦時巨大科学の暗闘(上)

アハティサーリの平和賞と冷戦核開発からグルジア戦争まで

2008年10月22日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 10月20日、国連総会のデスコト議長(ニカラグア)は、世界的な金融危機の深刻化を受けて、国際的な公的金融機関のあり方を検討する専門作業部会の設置方針を発表しました。部会長として、2001年度のノーベル経済学賞受賞者、コロンビア大学のジョセフ・スティグリッツ教授が選ばれる見通しとのこと。

 このニュースを見て「ああ、国際的な金融危機対策のヘッドにノーベル賞学者が就任するのか…」と、ごく自然に受け止めている私たちは、ノーベル賞が敷いた価値観に、見事に順応していることに注意したいのです。ちなみにスティグリッツ博士は日本の宇沢弘文氏の生徒でもあります。もし「文化勲章受章者のお弟子さんが世界の経済危機を乗り切る責任者に」と書かれれば「大丈夫かね?」となるかもしれません。

 ここに、ブランドとしてのノーベル賞の神髄があるのです。

 ノーベル賞と国連の密接な関係、あるいはノーベル経済学賞という仕掛け自体が大変戦略的に準備され、まさに今こそ役割を果たすべき時、というところで、予定通りのニュースが入ってきました。実はノーベル賞科学者は「授賞後」の活躍こそが期待されているのです。「授賞後の世界」やスウェーデンと国連の密接な関係、経済学賞戦略などは、4~5回後に詳しく述べたいと思います。すでに大枠を準備してあるので、関連の記事がとてもスキャンしやすくなりました。

 今週は2回に分けて、大陸間弾道弾開発を軸とする東西冷戦時の巨大軍事科学とノーベル賞との、「暗闘」とも言うべき水面下の駆け引きについて、やや詳しくお話ししたいと思います。この話題は、2008年という「恐慌の年」そして「戦争の年」、まさに絶妙な形で与えられたノーベル平和賞を検討するところから始めたいと思います。

アハティサーリ・フィンランド元大統領のノーベル平和賞

 2008年のノーベル平和賞がマルッティ・アハティサーリ元フィンランド大統領に授与されたことには、「革命的」とすら言える強力なメッセージが込められていますが、そうした記事は日本語ではさっぱり読むことが出来ません。

 アハティサーリ氏は外交官出身で、国連ナミビア事務総長特別代表などとして長年にわたって同国の独立をサポート、その後国内政界に転身して大統領に就任します。1期務めた後は再び外交の世界に戻り、東欧コソボの地位問題やインドネシアのアチェ平和合意などに尽力しています。

 もちろん大変立派な業績です。ただ、こうした国際紛争解決に尽力している外交官、国連人は数千人、数万人単位で存在しており、彼ら彼女らは皆無言の努力を続けています。日本人でも有名なところで明石康氏や緒方貞子博士の名前を挙げることができるでしょう。

 国家元首経験者も決して少なくないのは、国連のしかるべき議長席に座っている人を一瞥すれば明らかなことです。平和外交に尽力している国際人は数多い。

 そんな中で今年、元フィンランド大統領のアハティサーリ氏にノーベル平和賞を出したのは、アチェ平和合意やコソボなど、過去の業績を顕彰するというより、未来に向けての平和維持への布石としての意味合いが、より強いと考えるべきものです。

 端的に言えば、ロシアへのメッセージ、つまりグルジア戦争を引き起こしたロシアへの牽制という、大変明確な意図があり、少なくともフィンランド人の大半はそうした意味をきちんと理解していると思います。

国連敵国条項対象国だったフィンランド

 そもそもフィンランドへのノーベル平和賞授賞がどれくらい画期的なことかを、強調しておかねばなりません。

 周知のようにノーベル平和賞は形式上「ノルウェー国会」から授けられることになっています(つまり、そういう意味では一国国会の議決に過ぎないとも言えます。もちろんそんなことはないわけですが)。

 冷戦後世代の日本読者は「なんか北欧の方で仲間内の賞を出しているんだろ」くらいに見えるのかもしれませんが、かつて中曽根康弘元首相が「そんなことしてるとフィンランド状況に陥る」などと発言して物議を醸した時期に思春期を送った私には、感慨無量なものがあります。

コメント5件コメント/レビュー

毎回大変興味深く拝見しております。最近のノーベル賞関連以降のご意見も他では見られない深層が多くあります。総じて筆者の行動の裏付けのある知恵と見識には見習う所が多くあります。有り難うございます。所で、今回はコメントの方々に一言申し上げたく思いました。まず伊東氏は、ジョセフ・スティグリッツ教授個人について言っているのではなく、専門の事を知らない日本の一般庶民にとって、「ノーベル賞受賞者」と「文化勲章受章者」のどちらが「権威」があるイメージなのかを説明し、この「権威=ブランド」は戦略的に作られたものだという事を説明されているのであって、スティグリッツ教授に対して批評している訳ではありません。きちんと文章を読んでからコメントをお願いします。それから、「獲得形質が遺伝する」ことについてですが、ソ連のルイセンコ学説というのは、「貴族の子は貴族、平民の子は平民」という階級制度を打破する共産主義革命を正当化するために「獲得形質は遺伝する」という論理を主体にした学説なのであって、大した科学的証明はないものです。この学説に反対する学者は粛正されました。近年、分子生物学が発展してから、遺伝子本体に影響を与える様な後天的変異に関して「獲得形質が遺伝する」という事が発見されましたが、それは「学術的証明」より「共産主義革命のイデオロギーに適しているかどうか」で学説が採用されるかどうかが決まっていたというかつてのソ連学術界の非科学的・非人道的な問題点とは関係がありません。筆者の説明が足りないというご不満もあるかもしれませんが、今時はネットで調べればルイセンコ学説の何たるかはすぐに分かるはずです。コメントも公の場であることを認識して、もう少し考えたコメントをお願いします。(じゃこうねずみ)(2008/10/23)

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

毎回大変興味深く拝見しております。最近のノーベル賞関連以降のご意見も他では見られない深層が多くあります。総じて筆者の行動の裏付けのある知恵と見識には見習う所が多くあります。有り難うございます。所で、今回はコメントの方々に一言申し上げたく思いました。まず伊東氏は、ジョセフ・スティグリッツ教授個人について言っているのではなく、専門の事を知らない日本の一般庶民にとって、「ノーベル賞受賞者」と「文化勲章受章者」のどちらが「権威」があるイメージなのかを説明し、この「権威=ブランド」は戦略的に作られたものだという事を説明されているのであって、スティグリッツ教授に対して批評している訳ではありません。きちんと文章を読んでからコメントをお願いします。それから、「獲得形質が遺伝する」ことについてですが、ソ連のルイセンコ学説というのは、「貴族の子は貴族、平民の子は平民」という階級制度を打破する共産主義革命を正当化するために「獲得形質は遺伝する」という論理を主体にした学説なのであって、大した科学的証明はないものです。この学説に反対する学者は粛正されました。近年、分子生物学が発展してから、遺伝子本体に影響を与える様な後天的変異に関して「獲得形質が遺伝する」という事が発見されましたが、それは「学術的証明」より「共産主義革命のイデオロギーに適しているかどうか」で学説が採用されるかどうかが決まっていたというかつてのソ連学術界の非科学的・非人道的な問題点とは関係がありません。筆者の説明が足りないというご不満もあるかもしれませんが、今時はネットで調べればルイセンコ学説の何たるかはすぐに分かるはずです。コメントも公の場であることを認識して、もう少し考えたコメントをお願いします。(じゃこうねずみ)(2008/10/23)

「ソヴィエト科学」に問題が多かったことは確かですが、事例が必ずしも適切とは言い難いように思います。人間などではまず起きませんが、植物など種によっては遺伝子の活性・不活性の切り替わりが次代に引き継がれるという形での「獲得形質が遺伝する」ケースがあることは今日の科学でも認められている筈です。(2008/10/22)

日刊新聞の記事ではカバーされていない深い事実関係についての目の覚めるような解説。しかも面白い。私たちが読みたいのは、このような記事である。(2008/10/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長