• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

計算上は正しい。でもそうは見えない

  • 清野 由美

バックナンバー

2008年10月27日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(前回「都市の民、中国・畳の民、日本」から読む)

――現在の都市空間や、車など工業製品の現場では、CADなりCGなり、コンピューターの役割がどんどん増しています。それが創造に与える影響はありますか?

隈 影響はすごくあります。何が一番あるかというと、建築をデザインするときに、CADの手順を頭が踏襲してしまうという点ですね。その危機感をすごく感じます。

 僕たちが教育を受けた建築デザインの基本は何かというと、それは結局モデリングに尽きるわけです。つまり3次元の立体模型をつくって、それにテクスチャーを張っていく方法。で、そこがややこしいところなんですが、CADも、基本的にそういうモデリングの構造を踏襲し、さらに強化する方に行っているからこそ、危険だという。

養老 人間がコンピューターに引っ張られちゃうでしょう?

隈 その通りなんです。設計をする人間の頭が、CADを真似してしまうんです。

 手を使ってつくる立体模型のモデリングは、すごくプリミティブで幼稚な方法なのですが、CADになると手ではなく、頭が先に行っちゃって、それで自分の考えではなく、コンピューターの考え方を真似してしまうのが怖いところです。

――パワーポイントを使ったプレゼンテーションが、事業効率や戦略を間違わせる、という話に似ていますね。パワポを使うと、それに沿って物を考える癖が付いてしまうので、どの会社も戦略がみな似通ってしまう、といいます。

隈 実はコンクリートの建物のつくり方って、まさしくそれなんです。

養老さん

養老 孟司(ようろう・たけし)

解剖学者/作家/昆虫研究家。1937年生まれ。62年東京大学医学部卒業後、解剖学教室へ。95年東京大学医学部教授を退官し、その後北里大学教授に。東京大学名誉教授。著書に『からだの見方』(筑摩書房、サントリー学芸賞)『唯脳論』(青土社)『人間科学』(筑摩書房)『バカの壁』(新潮社、毎日出版文化賞)『死の壁』(新潮社)など、専門の解剖学、科学哲学から社会時評、文芸時評までを手がける。本サイトにて「タケシくん虫日記」を連載中


隈研吾さん

隈 研吾(くま・けんご)

建築家。1954年生まれ。1979年に東京大学工学部建築学科大学院を修了、「1979年東京大学建築学科大学院修了。コロンビア大学客員研究員を経て、隈研吾建築都市設計事務所主宰。97年に日本建築学会賞を受賞(宮城県登米町伝統芸能継承館「森舞台」)。99年、慶應義塾大学環境情報学部特別招聘教授に就任。2001年、理工学部教授に就任。主な著書に『負ける建築』(岩波書店)、『隈研吾:レクチャー/ダイアローグ』(INAX出版)、今回のインタビュアー、清野由美との共著『新・都市論TOKYO』(集英社新書)がある


隈 コンクリート建築とは何かを端的にいうと、それはモデリングとテクスチャー・マッピングなんです。とにかくモデリングするみたいにコンクリートで形を作って、後はテクスチャーとしてのビニールクロスなり、薄い木なりをその上にマッピング、すなわち張ればおしまい。CADでモデリングする際に、張るものの厚みは画面に反映されません。CADの絵の描き方って、形とテクスチャーしか定義しないです。で、そのやり方に一番向いていたのが、実はコンクリート建築で、いよいよコンクリート建築は不滅です、みたいな感じになっちゃう。

参考記事→コンクリのビルは「信用」で建っている

養老 隈さんのようにCADの危険性に自覚的な建築家と、そうでない建築家はいるでしょうね。

隈 例えばこれが木造建築となると、今、CADとは全然違うOSで動いているわけです。木造ってものすごく難しいから、その図面を引けとコンピューターに命令しても、簡単には引けません。僕自身も、最初に木造を設計しろと言われたとき、怖くて図面が引けませんでした。

養老 どこらへんが怖いんですか?

隈 木造ってフレームだけで、コンクリートみたいに簡単にヴォリュームにはなってくれないんです。あの、そこら中に隙間が空いているような、すけすけな感じでは、閉じたものがつくれない気がしまして。その点、コンクリートは曲線を適当に描けば、その線の内側にコンクリートを流し込めばいいので、自動的に閉じたものがつくれます。機密性も水密性も、音も全部シャットアウトできますが、木造は全部スースーで、そこが怖い。

養老 耐震強度偽装の話が出たときに、木造の方は構造計算ができる人間が、実はいないという話を聞きましたね。

隈 そうなんです。ものすごく複雑な計算をあきらめて、経験上では壊れないはずだよ、といった、ある意味おおらかな世界です。

養老 このままいくと、木造を建てられる人がいなくなるんですってね。典型的にお寺がそうですよ。鎌倉の建長寺だって、建造700年で、コンクリートに変えられたんだよ。

隈 建長寺がコンクリートになっちゃったんですか!?

養老 そうなんですよ、本堂が。何でかというと、木造でやると建築基準法に通らないんですって。

隈 何とかして伝統工法を受け継いでいかないと、木造という文化遺産が壊滅してしまうのですが。


(写真:大槻 純一)

養老 ロンドンのウェストミンスター・ホールの巨大なアーチだって、全部オーク、樫の木でできている木造建築なんだけど、あれも最新鋭の技術理論でもってしても、何で建っているのか、分からないそうですよ。

隈 分からない、というか、力の仕切り方が正確には分析できないのでしょうね。

養老 もっと言えば、人間の体というのがそもそも分からないものなんですよ。我々が高い所からぽーんと飛び降りたり、重いものを持ったりするときには、関節に力がかかるでしょう? 瞬間的にかかる力ってすごく大きいんですよ。でも、何で耐えられるかが分かってない。

隈 力学的な構造って意外に分かっていないんですね。

養老 なぜかというと、力学のような基本的な学問はオールドファッションだと思われているから。モダンな学問では、そんなことは問題にしないで、それこそ素粒子とかに行っちゃうでしょう。でも一番簡単な、ごく普通の力学的な構造って、案外解明されてないんだよね。

隈 飛行機がどうして飛ぶかも、解明されてないという話ですよね。経験値でしかないとか。

養老 生物の構造は建物とよく似ているんです。要するに、最小限の材料で、最大の強度を出すということ。骨なんかが最たるもので、実際に大腿骨の「骨梁」は、それこそ、骨の中が橋梁のようになっているんだよ。ヒトの大腿骨の力学的な原理を発見したのは、スイスのマイヤーという橋梁設計をやっていた工学部の人。彼が解剖の話を聞きに行ったとき、たまたま骨が半分に切ってある標本が置いてあった。その骨の梁の走り方を見て、俺がやっている橋と同じじゃないか、って気付いたというんです。橋をつくるときも、最小限の材料で最大強度を出していくでしょう。

隈 人間が頭でたどり着く回答が、あらかじめ体には入っている、ということですね。

養老 知らず知らずにそうなっていることは、たくさんあるよね。

――隈さんが建築をデザインするとき、力学的な証明はないけれども、視覚的要素を研ぎ澄ましていくと、それが結局、力学的にも一番いいプロポーションだった、ということはありますか。

隈 いろいろやっているうちに、そういう解に近づいているのかもしれないけれど、はっきりは言えないですね。生物を真似しようといっても、そんなに簡単にはいきません。黒川紀章さんは、生物が持つカーブのラインを真似したとか作品で言っておられますが、実はそれって、すごく不合理だったりすることがあるわけで。

 それよりも、予算が合わないとか、法規制の壁があるとか、現実的なことをいろいろ考えていくうちに、最適解に近づいていく方が多い。だってそれこそが、真っ当なプロダクションアプローチの様式ですから。

コメント0

「養老孟司×隈研吾 「ともだおれ」思想が日本を救う」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。

澤田 秀雄 エイチ・アイ・エス会長兼社長、ハウステンボス社長