• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

荒海の中で求められるリーダー像

  • 深川 岳志

バックナンバー

2008年11月20日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 大学を卒業して新卒として入社し、社長まで駆け上った島耕作初芝五洋ホールディングス代表取締役社長と、肉体労働で資金を貯めて起業し、一気呵成に会社を大きくしてきた渡邉美樹ワタミ代表取締役社長。

 対照的とも言える2人の社長が、政治、経済、教育と、リーダー不在の現状を語り合う。今、日本に必要なトップリーダーとはどんな人物像なのだろうか。

前回から読む)

――今年の秋は、いろいろな局面で大転換の時期になりました。アメリカでは金融崩壊と大統領の交代が同時に起き、バラク・オバマ氏が黒人初の大統領となりましたが、日本もまさに政治の問題で揺れています。企業のトップとして、これだけ政治が1~2年でガタがきてしまう状態について、企業人としてどう思いますか。


島耕作(しま・こうさく) 山口県岩国市出身。1947年9月9日生まれ。初芝五洋ホールディングス株式会社代表取締役社長。1970年に初芝電器産業株式会社に入社。以後、初芝電産貿易株式会社やサンライトレコード株式会社への出向を経て、2002年6月、上海地区担当役員、上海初芝董事長に就任。ソムサン電子から敵対的TOBを仕掛けられた五洋電機へのホワイトナイトを提案し、総責任者として対抗TOBを成功させる。

 日本の総理大臣って、15年間で10人代わっているんです。そのうち、小泉純一郎さんが8年近くやっていますから、それを省くと、本当に1年弱くらいでばらばら代わっている。

 トップというのはある程度の時間がないと、無責任になっちゃうんですよ。自分が計画して出したものは、ある程度見届けるまでやらないと。

 途中降板ばかり続くと、それを受け継いだ人があれは前の人がやったからというので、問題をまた次の人に先送りする。そういう形でリスクを避け続けることになるから、あまりトップが早く代わるというのはよろしくない気がします。

 初芝電器産業の歴史では、一番長かった人でも10年ぐらい。創業者は別にして、あとは6年ぐらいでだいたい、交代しています。私も今60歳ですから、66~67歳ぐらいまではやってみたいなと。その間に、自分が決めたことをどれだけ進めるかというのを、責任を持って見届けたいですね。

渡邉 それはそうですよ、本当に。

――トップとして、今後、初芝電産として打って出たい部分というのは、どういったところですか。

海外を改めて考えるために、社名を変更

 改めて今、海外ですね。実は今、初芝電産は、売り上げの海外比率が50%を切っているんですよ。49%。ところがライバル会社のソラー電機は、78%ぐらいで。

渡邉 海外が?

 海外が78%です。韓国のソムサンも80%ぐらいいっているんですよ。私が社長になりまして、「シンクグローバル」というスローガンを作りました。世界をもっと大きく見つめよう、世界を考えようということなんですが、なぜこういうことをしたかというと、日本のマーケットというのは、実は今まで1億3000万人のわりとお金持ちの、いいマーケットだったんです。海外でぎりぎりの価格競争をしなくても、この中でうまく商売がしていけた。

渡邉 そうですね。

 だから、海外に背を向けて、国内ばかりで商売をしていた。その間に韓国のソムサンは、インドとか中国とかに布石を打ってきたから、いざ初芝電産が打って出ようとした時には、もうすでにシェア40%ぐらい取っているという状態になっていて、気がついたら、あっという感じで逆転されていたんです。今や、ソラー電機とうちと合わせて、株式の時価総額はやっとソムサンぐらいです。それだけ向こうは巨大になっているんですね。

日経ビジネスと島耕作はほぼ同じ年に日本経済と共に歩み出した。その足跡を追ってみよう。まずは島耕作24歳、入社2年目。米国が金本位制を破棄したことによる「ニクソン・ショック」が日本経済を襲っていた。

「島耕作と日経ビジネスの歩み」年表はこちらから >>

 これから日本は少子化なので、確実に日本のマーケットは縮小していきます。片や海外というのは、BRICsがあり、ネクスト11があり、どんどん膨らんでいく。どちらで勝負をするのが賢いかというと、やっぱり外国でしょう。だから、海外比率49%じゃいけない。60%、70%。80%まではいかなくても、それぐらいまで近づけていく努力はしなきゃいけないので、「シンクグローバル」なんです。

渡邉 そのために、社名を変更するとか。

 そうなんです。「初芝五洋ホールディングス」ではちょっと長いですし、世界のお客様に「この企業は何をやりたいのか、どんな製品を作ってくれるのか」というイメージがなかなか伝わりません。インパクトがあり、誠実で、チャレンジ精神がある企業、という名前をただ今公募しています。渡邉さんの「ワタミ」は、シンプルで温かくていい名前ですね。

渡邉 ありがとうございます(笑)。うちも今やろうとしているのは、シンクグローバルですよ、まさに。

マクドナルドに代わって和食がグローバルに

 そうですか。

渡邉 日本のマーケットというのは、もう大きくならない。しかし海外はどんどん大きくなる。今我々が言っているのは、2020年までに国内と海外の売り上げを並べようと。

 まだ今、内と外とでは大きな差があるんですが、これを2020年までに並べたい。だから、11月に香港にワタミインターナショナルという会社を立ち上げたんです。

――日本からコントロールするわけには…

渡邉 日本を拠点にしたらダメです。現地の情報が入らない。

 確かにその通りです。

渡邉 香港を拠点にして、アジアを全部攻めようということです。

コメント0

「嵐の中にこそ希望を! 対談:ワタミ社長・渡邉美樹×初芝五洋HD社長・島耕作」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長