• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“日本からの直輸入品”が消費のきっかけに

  • 原田 曜平

バックナンバー

2008年11月13日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回、4タイプに分類される「80后」のうち、「洗練族」のBさんをご紹介しました。お嬢様らしくゆったりとした優雅な生活を送り、お金儲けに走るのではなく、社会や友達のために仕事をし、消費行動を行っている様子をご紹介しました。

 今回は、3種族目を見てみたいと思います。ただ単にモノを闇雲に欲するのではなく、将来なりたい自分に近づくために必要なモノを、計画的に消費するタイプ、「計画的」で「コト派」、「透明族」のCさんです。「透明族」とは、もともと中国にある言葉で、明日の自分に投資するという意味です。

図・消費パターンで分類する80后

 Cさんとは全部で数回会いました。最初に会ったのは、上海郊外の彼女の自宅でした。中心地からはタクシーでかなりの時間がかかる、辺鄙な所に彼女の自宅はありました。

写真・Cさん

 私たちを出迎えてくれた彼女のお父さんは、革ジャンを着ていて、一見、強面でしたが、とても優しく、もうお腹がいっぱいだと何度言っても、「いいから、いいから」と言ってたくさんのお饅頭を出してくれました。お陰でその日の晩御飯は食べられませんでした。

 そんなとても純朴で素敵なお父さんと仲良しのCさんには、定職がありませんでした。現在中国では、大学に子供を進学させられる所得の家庭が増え、大学志望者数が増え過ぎて大学に入学できない人がいるという状況が起きています。大卒者の数も増えすぎたため、就職できずにニートが増えているというのも社会問題になっています。

 彼女もそんな理由で仕事をしていないのかと最初は思いましたが、全く違う理由でした。

コメント4

「中国「80后」の素顔」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO