• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

偽善に固まったクリスマスプレゼント

  • 神谷 秀樹

バックナンバー

2008年12月1日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 麻生政権が発足し、自民、公明両党が早速打ち出した政策は、国民1人当たり1万2000円の現金(定額給付金)をプレゼントするというものだった。18歳以下の子供、65歳以上の高齢者には2万円だそうだ。総計2兆円に上る経済対策で、これで景気が良くなるという。

 このプレゼントはもちろん金持ち宰相のポケットマネーで為されるものではない。本来は、国民自身の資産であるいわゆる霞が関埋蔵金(もっとも政府はやがて赤字国債発行もやむなしと考えているようだが)を、政府が多大な経費をかけて配るというものである。このプレゼントにはクリスマスカードが添えてある。「次の選挙の際には1票をよろしく」と。

 このような偽善に満ちたクリスマスプレゼントを「ありがとうございました」と受け取るほど日本国民はバカではないということは、様々な報道や世論から明らかだろう。それでも麻生内閣がこの給付を撤回しようとしないのは、いわゆるKY(空気読めない)だからか、確信犯だからか。

 日本国民は、このようなプレゼントは「誰一人受け取らない」という国民運動を広げ、加えてこのような政策を打ち出す内閣に対し、早急に総辞職をするよう圧力をかけるべきであろう(かと言って、私は別に小沢・民主党を支持する者でもない)。

ズタズタに切られた「信用」の輪

 現在世界の企業が直面しているのは、5%とか10%とかの売り上げの減少ではない。米国自動車産業は既に売り上げの3割、4割の低下を経験している。米政府がてこ入れするか否かにかかわらず、まさに存亡の危機である。

 世界最大の化学会社が25%の減産を打ち出した。世界で最も手広く営業するシティグループは、民間企業のレイオフ(一時解雇)としては過去2番目に大きい5万人超の人員削減を行う。ニューヨークの宝飾店のオーナーに聞くと、クリスマス商戦を迎えるにも関わらず、在庫の増加はゼロとしていると言う。これらのミクロの現象は、既に尋常ではない経済危機の到来を告げている。

 このような状況下、世界の中央銀行が一致して金利を下げ、通貨供給量を増やせば、大恐慌を避けることができるというような発想は甘い。そのような対策は、問題の本質に迫っていない。現在世界で起こっていることの本質は、「信用」の輪がズタズタに切れていることである。

 「信用」とは築くに10年、壊すに1日。一度壊してしまうと、それを回復するには倍旧の努力を要するというものである。金利や通貨供給量ではこの「信用の回復」を成し遂げることはできない。全く異なる種の問題であるが、世界各国の政府すべて、この根本問題をいまだ直視しようとはしていない。

賢い金の使い方

 世界各国がこれから新たな「ニューディール政策」を打ち出すとしても、問題はその使途である。麻生総理が打ち出した「選挙対策の現金バラ撒き作戦」などは議論するにも値しないが、今後はお金を賢く投資する国と、そうできない国で国力が大きく変わってくるだろう。

コメント14

「神谷秀樹の「日米企業往来」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長