• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ノーベル賞を勘違いした日本人

情報の生活習慣病を考える

2008年12月2日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 元厚生事務次官連続殺傷事件の犯人とされる、小泉毅容疑者の自首と自供が論議を呼んでいます。そもそもこうした犯行自体、あってはならないものですが、さらに34年前に保健所で殺処分された「家族」である飼い犬の仇討ち、という自供が「犯行動機として弱い」とされているようです。

 でも、果たしてそうなのでしょうか? 私はどうしても別の背景を考えてしまいます。それは「情報の生活習慣病」としての「セルフ・マインドコントロール」そして「個人カルトの先鋭化」への一般的な懸念です。

「異常な事件の異常さ」をきちんと考える

 警察、検察はもとより、厚生労働大臣の舛添要一さんなどもどうしても、事件を合理的に理解しようとしているようです。彼の職位としてはその立場は堅持されるべきでしょう。しかし「犬の仇討ち」で私が最初に想起したのは「地下鉄サリン事件」に代表されるオウム真理教事件であり、大阪教育大学付属池田小学校で児童らを殺傷してスピード処刑されてしまった宅間守のことでした。

 合理的に考えれば「犬の仇討ち」などあり得ないでしょう。事件が起きた直後、報道も世論も年金問題に起因するテロとの見方を強めていましたが、小泉容疑者がマスコミ各社の掲示板等に書き込んだとされる犯行声明は、自分の行動を「決起」と表現して「年金テロ」を正面から否定するものでした。

 犯行に背景があると考える向きもあるようですが、もしプロの暗殺者なら家族などには危害を加えないだろうし、逆に組織強盗などの皆殺しでは、血のついた靴跡などは絶対に残さない。今回の事件を「常軌」だけで捉えようとすると無理があります。では「常軌を逸した」で片付けてしまうなら、ちょうど数を数えるのに「1、2、3…あとはたくさん」と投げ出してしまうのと同様で、類似事件の再犯防止に役立ちません。というより私個人は池田小事件の事なかれ式スピード処刑が、今回の事件を準備した面があると思っています。

 明らかに異常な事件です。だからこそ「異常」の一言で片付けるのではなく、手堅い理性で「異常さ」そのものを考える必要があります。

 犯行声明はまた<日本警察の捜査能力に疑問>として、自分の利き手や靴など証拠に関する具体的な事項を書き並べました。これから間違いなく「責任能力」を問うことができますから、弁護側は「犯行時、心身喪失状態にあった」とは主張しにくいでしょうし、立件を考えるうえで検察庁にとって有利な情報でもあるでしょう。

 様々な挫折によって社会的に行き詰まりながら、得意なコンピューターの知識を生かし、ネット株取引で生計を立てようと考えていた(殆ど利益はあがらなかったらしいですが)小泉容疑者が、何らかの事情で数百万円の借金を抱え、自暴自棄になり、やはり得意な情報検索の技術を駆使して元次官の住所など個人情報を調べ上げて今回の犯行に及んだ、というのが現在のところ、大方の見方となっているようです。

「犬の仇討ち」確信はいかに形成されたか

 まだあまり指摘されていないようですが、私が気になったのは出頭直前に小泉容疑者がかけた「父親への電話」と、そこで予告された「両親への手紙」です。ほとんど何も語らなかった電話は、少なくとも息子と親との紐帯を示しているでしょう。そして手紙には「犬の仇討ち」が記されていたと言います。

 報道を見る限り、34年前に小泉容疑者になついていた野良犬を保健所に持ち込んだのは容疑者の親であって、保健所は決められた業務を行ったのに過ぎません。さらに「動物管理」は環境省と自治体の管轄で厚生次官は関係がない。ネット株取引で利益を上げられなかった小泉容疑者は、捜査関係者に管轄が違うと言われて「えっ?」と絶句したそうですが、綿密な個人情報も調べられる彼が最終的にその短絡を理解できないはずはありません。

 意識のどこかが凝り固まって、完全に視野狭窄にはまり込んでいたことが、こうした傍証からもよく分かるように思います。

コメント18件コメント/レビュー

もし本当に、日本への謝罪の意図でノーベル賞を選んだというのなら、湯川氏への1949年の授与は遅すぎる。また、1965年に朝永氏が受賞するまで、他の誰も受賞していないのも納得がいかない。それまで受賞を逃していた「超ノーベル賞的業績」が、もっと受賞していてもいいはずだ。したがって伊東氏の「謝罪の意味での湯川氏への授与」という解釈は、根拠が薄弱であるだけでなく、湯川氏の業績を間接的に冒涜していることになる。読んでいてあまりいい気持ちはしない。(2008/12/03)

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

もし本当に、日本への謝罪の意図でノーベル賞を選んだというのなら、湯川氏への1949年の授与は遅すぎる。また、1965年に朝永氏が受賞するまで、他の誰も受賞していないのも納得がいかない。それまで受賞を逃していた「超ノーベル賞的業績」が、もっと受賞していてもいいはずだ。したがって伊東氏の「謝罪の意味での湯川氏への授与」という解釈は、根拠が薄弱であるだけでなく、湯川氏の業績を間接的に冒涜していることになる。読んでいてあまりいい気持ちはしない。(2008/12/03)

「実は長崎への原爆投下が実験であったことは、私自身40歳を過ぎるまで知りませんでした。」と書かれていらっしゃいますが、私は1980年代に小学生でしたが、当時の平和教育で「広島へはウラン型、長崎へプルトニウム型を投下したのは実験のためであった。」というようなことを聞かされた記憶があります。流石にパンプキン爆弾のことは今回初めて聞きました。2種類の原爆を投下したことが実験であったことはあまり知られていないのでしょうか?私は長崎県以外の九州出身者です。地方により認知度に差があるのでしょうか。(2008/12/03)

このような内容は初めて読みました。今まで書籍等で得た情報は、原爆を落としたのは「黄色人種だから」「日本を実験台にするため」等日本人への差別や偏見が原因という内容が主でした。模擬爆弾によるシミュレーション、兵器実験として広島と長崎の比較のための原爆投下とは、・・・。当時の原爆開発に与した科学者や、科学者からなる組織が、原爆の使用に対し自責と後悔を抱き、被爆国である日本の湯川博士にノーベル物理学賞を贈ったなんて想像すらできませんでした。この頃の20代の若い人と話しても、昭和の戦争のことなど通じませんが、このような内容は書籍としてまとめてあればもっと読んでみたいと感じました。(2008/12/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授