• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本の鎖国病はいつ治るか?

均衡回復装置としてのノーベル賞

2008年12月11日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ちょうど今、私の本来の専門である音楽の調査・研究のため、出張先のイタリアでこの原稿を書いています。現在は「ピサの斜塔」で知られるピサから送稿していますが、先週訪ねた中世の教会に、驚くべき張り紙がしてあるのを見つけました。

 私はヴァイオリンの名匠ストラディヴァリで知られる北イタリアの都市クレモナにあるパヴィア大学クレモナ校音楽学部と共同研究をしています。歴史的教会堂内での儀式と奏楽の音響の関係、特にパイプオルガンの特徴や、それを教会のどの位置に置くか、置き場所によってどのような変化が出てくるか、といった内容のフィールドワークをしているのです。こうした話題は書籍で出す予定ですが、年が明けましたらこのコラムでもご紹介できればと思っています。

 さて、そんな中で、約束の時間に現地のオルガニストに車で迎えに来てもらうのを、クレモナ駅近くのサン・ルーカ教会の脇で待っていたのですが、何気なく見た境界の通用扉に、明らかに「そぐわない文字」があるのが目に飛び込んできました。

 「…CERN」、欧州合同原子核研究機関と同じ名前のアルファベットに読めます。まさか、教会で原子核…? でも確かに見えたように思ったので、よく読んでみたところ、本当に最先端の素粒子物理学の話題でした。

パイプオルガンの音響調査で訪れた中世以来の教会に、最新の素粒子物理実験の市民講演の告知を見つける

パイプオルガンの音響調査で訪れた中世以来の教会に、最新の素粒子物理実験の市民講演の告知を見つける


 告知には「12月5日の夕方5時半から、素粒子物理学者のエヴァンドロ・ローディ・リッツィーニ教授を迎えてLHCの物理の話をします」とあります。

 このコラムでも南部、小林・益川各教授と関連して触れたLHC(ラージ・ハドロン・コライダー)の物理について、週末の金曜夕方に、教会で一般市民向けの講義をするというお知らせだったのです。大変感心しました。

こんな中世そのままの教会堂で、一般市民向けに最新の素粒子物理学の講義が行われる。ガリレイ、レオナルド以来のルネサンスの故地・北イタリア、クレモナの懐の深さを知る

こんな中世そのままの教会堂で、一般市民向けに最新の素粒子物理学の講義が行われる。ガリレイ、ダ・ヴィンチ以来のルネサンスの故地・北イタリア、クレモナの懐の深さを知る

 先に今年のノーベル物理学賞をカビボ、ヨナ・ラシーニオの2教授が受け損なって、イタリア物理学界は全く納得が行かないという話題を紹介しましたが、ガリレイやレオナルド・ダ・ヴィンチ以来ルネサンスの故地である北イタリアは、市民の科学に対する「常識」の深さがぜんぜん違っていて、本当に感心しました。普通の町のおばあさんが、物質の重さ(質量)の起源や自発的対称性の破れの話を聞きに地元の教会にやってくる。たかだか100年か150年の日本の文明開化では、とても歯が立たないのではないかと思われました。

 ちなみにイタリアの大学では、島津製作所の脳機能可視化技術など新しい科学技術を使って、伝統的な音楽の問題を調べる、私たちのグループの研究を非常に自然に受け入れてもらえます。

 日本ではこんなこと絶対にありません。音楽学関係者は非常に「文系」に偏りやすいか、あるいは若い人などテクノロジーの話題だけになってしまいやすく、また理工系の学者さんの多くは厳密な音楽の研究というものに、そもそも価値を見いだしてくれません。「その経済効果は?」なんて聞かれるのが、東大あたりでしかるべきポジションにいる人の反応です。

 こうした違いを痛感するにつけ、やはり日本は後発先進国なのだと思わないわけにはいきませんでした。

ノーベル賞の連載を本にします

 さて、前回に引き続いて「ノーベル賞」を考えたいと思います。本連載で大きな反響を頂いたことがきっかけで、ノーベル賞に関するコラムをまとめて朝日新聞出版から本を出すことになりました。この連載から本を作るのは初めてのことです。日経BPと朝日両社のご協力によって、連載と並行して書籍を準備しています。連載では散発的な印象があるかもしれませんが、私としては一貫した姿勢でこの問題に取り組んでおりますので、書籍が出ましたらご参照いただければ幸いです。

 ただ、正直に申しますが、今回は「ノーベル賞授賞式に間に合わせる」という方針になったため、海外出張にまたがって、かなりの強行軍になり、細部には校閲でスルーしてしまったミスが初版に残ってしまいました。

 私自身、生まれてこの方、最も速く1冊の本を書く経験になりましたが、校了後、自分で気づき、恥ずかしく思っております。厳しい読者には粗製濫造とのお叱りを受けそうで恐縮です。見つかりました誤りはウェブでも訂正し、重版で必ず直します。内容でお気づきの点がありました読者には是非、本コメント欄でもご指摘を頂戴できれば幸いです。

 ただし細部はさておき、書籍のアウトラインは、ここ10年来内外で関わってきた問題の太い骨格を明瞭に示すようにしています。

 今回は、本のキーワードでもある「ノーベル賞と対称性」のお話をしたいと思います。

コメント10

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師