• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アフガンを攻める中国の資源戦略

  • 谷口 正次

バックナンバー

2008年12月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 アフガニスタンでは、アルカーイダがいまだに跋扈しているばかりか、反政府勢力タリバンが復活してきたために米軍が増派されようとしている。

 そのような危険な国において、中国は大規模銅鉱山を開発しようと計画している。

 2007年11月、中国はアフガニスタン政府と35億ドルの投資を行う契約を結び、30年間の探鉱・開発権益を取得した。この銅鉱床は、2004年以降、中国、カナダ、ロシア、米国、インドから来た9社の探鉱会社が調査をしていたが、争奪戦の結果、中国が落札したものである。

 確認されている埋蔵量が6.9億トンで品位が1.65%と高く、1130万トンの銅地金が取れる。これは地質技術者によると世界最大になるということである。

 銅鉱床は首都カブールの南部、ロガール州アイナク(Aynak)にある。35億ドルという外資による直接投資はアフガニスタンの歴史始まって以来最大の金額である。銅鉱石の価値は880億ドルとも言われている。

 しかし、その地域には鉱山開発に必要な電力を供給できる発電所はなく、そのうえ採掘した銅鉱石を運搬する鉄道もない。したがって、投資額35億ドルの中には、鉱山の近くに400メガワットの石炭火力発電所と鉄道の建設費用も含まれているわけだ。

 発電された電力の一部は首都カブールへも送られる。なにしろカブールでは現在1日に数時間しか電気が来ないところが多い。この発電所では5000人の雇用が生まれるといわれ、そのほかに、銅鉱山と鉄道建設にも5000人の労働者が必要だそうだ。

 中国企業は、発電所と鉄道が完成する時期に合わせて、6年以内に銅採掘のフル操業をしたいという意向だ。鉄道のルートは、西中国からタジキスタンとアフガニスタンを通ってパキスタンとつながることになる。貨物鉄道の建設はアフガニスタンでは初めてである。

 民間企業にとっては、アフガニスタンのように危険なところでインフラを建設することは極めて高いコストとリスクを覚悟しなければならないため、手を出せないのが普通だ。

 しかし、中国国営企業にとっては、中国西部を開発するとともに周辺国とリンクさせて貿易ネットワークを作るという北京政府の遠大な計画に貢献するプロジェクトであるから、いくら高くついても許容されるわけだ。

コメント0

「資源ウォーズの世界地図」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップ自らが矢面に立つことで、問題は次第に収束していきました。

佐々木 眞一 日本科学技術連盟理事長、トヨタ自動車顧問・技監