• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

タバコの煙と社会的責任

水パイプから考える「2次喫煙」

2009年1月20日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 突然ですが、皆さんはタバコを喫(す)われますか? 

 Yesという読者も居られるでしょうし、最近はNoという方も増えているようです。このタバコの煙を例に、身近な「環境問題」を考えてみたいと思います。

百害あって一利ない「2次喫煙」

 喫煙? 非喫煙? 「そういうお前はどうなんだ?」と突っ込みが入りそうですが、私自身はタバコと非常にねじれた関係を持っています。それについては追い追いお話しするとしてタバコ、とくにその「副流煙」は「2次喫煙」の元凶として、昔から問題が指摘されていました。

 ちなみに「2次喫煙」とは、自分自身はタバコを喫わない人、例えば「お母さん」が「お父さん」の喫うタバコの煙を2次的に吸い込む現象を指す言葉です。この「2次喫煙」によって、お母さんの方が発ガンしてしまったりする。自分ではタバコを楽しまない人がガンになる「百害あって一利ない」のが「2次喫煙」で、様々な弊害が指摘されてきました。

 さて、2008年も年末になって、日本でも喫茶店などの「完全分煙」が普及しつつあります。私の家のそばのマクドナルドも、ガラス張りの喫煙ゾーンが設けられて「完全分煙」が実施されるようになりました。

 この「タバコの煙」くらい身近で分かりやすい「環境問題」のケーススタディーはないと思いますので、「常識の源流探訪」の連載を始めてこの方、ずっとこの「タバコ」の話を取り上げたいと思ってきたのです。

 実はその伏線を1年以上前から張っているのです。ページの一番下、筆者紹介のところについている私の写真、これ、実はタバコを喫っている写真です。ちょうど1年前、2008年のお正月にこの写真にしてから1年間、来週こそは、来月こそは「タバコの話」を、と思いながら、ついに「全面リニューアル」を越してしまうことになりました。

 去年のお正月にある新聞に書評を書いた時、やはりこの写真を使ったのですが、担当者の方がバグパイプなど楽器を吹いているように誤解しておられました。なるほど、分かりにくいかもしれないと認識したまま、1年以上経ってしまったわけですが、「種明かし」で、この写真の「全景」をお目にかけることにしましょう。

写真

実はイスラムの水パイプ「シーシャ」を喫っていたのです

 私がタバコを喫うか、喫わないか、という問いへの答えは、Yes & No というものです。いわゆる紙巻きタバコの類を、現在私はほとんど喫いません。ニコチンへの依存なども持っていません。しかし時折、イスラム圏の水タバコ「シーシャ」は喫うことがあります。この写真を撮ったのは2007年の12月、作曲家シュトックハウゼンの葬儀に出た帰りにドイツのケルンで、よく行くレバノン料理屋で「来年から水パイプが喫えなくなる」と聞いて、ではこの話題を「常識の源流探訪」に、と思って撮ったのでした。

コメント3

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック