• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

知られざる米国大統領の日常

  • 藤田 宏之

バックナンバー

2009年1月21日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2009年1月20日、米国が建国されて以来受け継がれてきた行事がまた繰り返される。新しく選ばれたバラク・オバマ大統領の下、閣僚の顔ぶれは一新する。しかし、大統領の私生活を支えるホワイトハウスのスタッフの仕事が大きく変わるわけではない。「ナショナル ジオグラフィック日本版」の1月号では、ホワイトハウスを支えるスタッフたちにスポットを当てた。

 官邸の常勤スタッフは、いつもと同じように大統領のベッドを整え、厨房スタッフもこれまで通り料理の支度をする。各種記者会見やセレモニーなどが行われるローズ・ガーデンと呼ぶ庭園では、庭師が毎年秋にチューリップの球根を植え、春には見事な花を咲かせる。



大統領専用機のエアフォース・ワン。
大統領専用機のエアフォース・ワン。

 大統領の身の回りと食事の世話には数百人のスタッフがあたる。だが、米国で最もよく知られた住所である、ワシントンD.C.のペンシルベニア通り1600番地に立つホワイトハウスの内側で、日々どんなことが行われているかを理解している外部の人はほとんどいない。

 「ファーストファミリー」と呼ばれる米大統領の家族がホワイトハウスに住むのは任期中だけ。「大統領選に合わせて4年契約か8年契約でここに住むようなものです」と、ホワイトハウスで主任責任者を務めたゲイリー・ウォルターズは言う。米大統領は世界で最も強力な権力をもつ最高責任者だが、それを取り巻くスタッフや習慣、システムは、長い間ずっと変わらないこともしばしばだ。

 ウォルターズはこのことを人一倍よく知っている。彼は、ジェラルド・フォード第38代大統領(1974年8月~77年1月)から、ジョージ・W・ブッシュ第43代大統領(2001年1月~09年1月)まで、31年間もの長きにわたって米国で最も有名な場所の責任者を務めた。

 2007年に退職するまで、ウォルターズは6人の大統領の任期と、国内外で起きたさまざまな危機を目の当たりにしてきた。彼の役目は、執事やメード、料理人、接客係、エレベーター係、生花の管理を担当するフローリスト、歴史記録係、大工、電気工、配管工など90人から成るスタッフとともに、ホワイトハウスの維持管理にあたることだ。

 言ってみれば世界で最も限定された客しか受け入れないホテルを運営するようなものだ。ここがホテルと違うのは、住居、オフィス、米国の歴史が刻みこまれた博物館、国家レベルの社交の場という4つの機能をあわせもつ建物ということだ。信じられないかもしれないが、ホワイトハウスは1週間に最大3万人もの客を迎え入れることもある。

 陸軍の退役軍人であるウォルターズは、かつてエグゼクティブ・プロテクティブ・サービス(現在のシークレットサービス制服部隊)の警護官でもあり、9時から5時という通常の業務時間では決して終わらない仕事を、軍隊並みの正確さで、最大限に思慮を尽くして実行した。



専用リムジン。
専用リムジン。

コメント0

「「ナショナル ジオグラフィック日本版」編集長の「地球からの報告」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官