• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“スターバックス”と雇用不安下での「生き方」論

雇用創出に向けた仕組み・仕掛け作りへ

2009年2月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 『How Starbucks Saved My Life』(Gotham Books)という本がある。米国で2007年の秋に出版されたもので、タイトルを直訳すれば「いかにして“スターバックス”は、私の人生を救ったか」ということになろうか。

 大手広告代理店の上級管理職として成功を収めていた筆者Michael Gates Gill氏が、リストラに遭い、失職。離婚や病気も重なって、精神的に打ちのめされてしまう。その後、紆余曲折を経て、スターバックスで時給で働き出した彼は、次第にそこでの仕事、そして金銭的な成功を追い求めるのではない生き方に、深い満足感を得るようになる、というノンフィクションだ。

 トム・ハンクスが版権を手に入れ、この話を基に映画を製作するということもあり、出版後あちこちのメディアで取り上げられていたし、かなりのベストセラーにもなった。

 最近になって、この本がまた話題になっている。ご覧になった方もいらっしゃるだろうが、1~2週間前にCNNでも、筆者Michael Gates Gill氏のインタビューが繰り返しオンエアされていた。この本の内容や著者が再び脚光を浴びるようになった背景には、言うまでもなく、最近の雇用不安がある。

「成功」よりも「幸せ」に価値を見いだす

 出版当初に話題になっていたのは、著者自身の極端な浮き沈みを伴う人間ドラマの部分だったようだ。もともと著名な作家の息子として、ニューヨークの白人エリート層に生まれ育った著者が、生まれて初めて、教育や所得レベルも、そして人種や文化的背景も違う仲間と一緒に働き、生活するようになる。これだけでも十二分に劇的な状況設定で、多くの人の興味を引くことになったのだろう。

 ところが最近は、「リストラされても、自らの気の持ちようと考え方次第で、幸せに生きていくことができるはず」というトーンが色濃く出る形で取り上げられている。CNNのインタビュアーは、「今、大手広告代理店の役員の職を、高給でオファーされたらどうするか」と問い、著者は「決して受けない」と答える。「栄達と贅沢を求め続ける生活」には不毛を感じるし、今の地に足が着いた生活の中で「仲間とお客さんに喜ばれながら生きていくことの幸せ」には掛け替えがない、という。

 こういった取り上げ方の是非はあろうが、昨今の米国での急激な雇用減少とそれに伴う不安感の広がりに、この本のテーマがマッチしたことは間違いないだろう。そしてもっと奥深くには、「金銭的な意味での成功を追い続けても、どこまでいっても終わりがない。幸せに生きていくには、その価値観から離れて、新しい価値観によって立つしかない」というムード(あるいは気づき)の広がりもあるように思える。

コメント2

「御立尚資の「経営レンズ箱」」のバックナンバー

一覧

「“スターバックス”と雇用不安下での「生き方」論」の著者

御立 尚資

御立 尚資(みたち・たかし)

BCG シニア・アドバイザー

京都大学文学部卒。米ハーバード大学経営学修士。日本航空を経てボストン コンサルティング グループ(BCG)に入社。BCG日本代表、グローバル経営会議メンバー等を歴任。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の未来は、男性と同じ程度、女性のリーダーが作っていくものだと確信している。

ビル・エモット 英エコノミスト誌元編集長