• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「企業戦士」たちの苦悩[3(上)]
~会社の中の異邦人-「若者問題」に答えます

  • 日経ビジネス

バックナンバー

2009年2月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

世代間の意識の差は、企業にとって古くて新しい悩みである。右肩上がりの高度成長期はそれでも、皆で「坂の上の雲」を目指すことができた。しかし豊かさが一般化し、経済が低成長次代に突入する中で、世代間の意識の差は埋めがたいギャップとして会社を分断し始めたようだ。その後携帯電話の普及などIT(情報通信)技術はさらに進歩。そうした最新技術を日用品として使い、育った現在の若者との意識ギャップはさらに広がっているかもしれない。

(注)会社名、肩書きなどは当時のまま

* * *

1993年8月2日号

 来春採用社員の選考も終盤戦。学生を見て「今年は不況のせいか顔が引き締まっている」と楽観しているあなた。真の問題を見逃してはいませんか。どんな学生を採るかもさることながら、直属の部下の若者が「笛吹けど踊らず」とお悩みでは? 企業第一線の悩みと模索の中から「若者問題」のラジカルな解決を考えます。

(谷口 智彦、菅野 武、村松 謙一)

特集―第1部
-「違う日本」に育った世代、今や職場の不稼働資産

バブル時代に“常識的”な採用、「入るはずのない者までが入社」

 「最近の若い社員のことを“アスファルト人間”と言っておるんですわ」--日本電産の永守重信社長は一気にまくし立てた。「とにかく怒鳴りつけても、冗談を言っても、まるで反応がない。いくら水をまいても、全部、跳ねのけて道路わきのドブに流し込んでしまうアスファルト道路と同じ。どんなに熱心に仕事を教え込もうとしても、染み込んでいきよらへん」。

 京都市に本社を置く日本電産はパソコンなどのハードディスク装置用小型モーターでは世界トップメーカー。1973年の会社設立からちょうど20年、ベンチャー経営者である永守社長が自らの手で売上高600億円、従業員も1000人を超える規模にまで築き上げた。しかし、どうも最近、若手の様子が変なのだ。

 「バブルの時代、本来、入るはずのない者までが、うちに来たんやないか。あとでお荷物になるぞと当時から公言しとったが、案の定そうなってしもうた」。永守社長の嘆き節は止まらない。「一流大学の連中は一生懸命勉強して、自分の実力の1.5倍の学校に入るから、会社に来た時はもう疲れ切って、カス同然。かと思うと、電気工学科を卒業しているはずなのに、オームの法則も知らへん者が研究開発部門に行きたがる。どないなっとるんや」。

 カレーライスを昼食に出し、早く食べた者から採用したなどというユニークな人材選びの逸話に事欠かない日本電産だが、バブルの時代には不本意ながら、「常識的な採用」を強いられた。「京セラでフランス料理、島津製作所では日本料理、お宅では中華料理でも」などと言う学生を相手に、人事部長がホテルで“接待”にいそしまざるを得なかった。

 しかし、永守社長の堪忍袋の緒は切れた。バブルの時代も守り通した「新入社員は素手で便所掃除」という新人研修は学生にも「悪名」高いが、加えて面接試験では「ハングリー精神」、「情熱と執念」など「古典的言葉」を連発して学生の反応を見る。学生に聞こえよがしに、「研究所ではどれだけ休んどるんや」と永守社長が聞けば、人事部長が「はい、土曜も日曜も出社。昨年から休みはありません」と答えてみせる。多分に脅しの要素が強いが、「休日だの福利厚生だのを口にする者には即刻お引き取り願う」。

 「一度どついたら、二度と立ち上がれへんのやないか」などと気に病むのもやめた。昔のように、若手の書いた設計図を目の前で平気で破ってゴミ箱に捨てても見せる。「それでも残ってくれるのが本物」と思えばこそだ。

コメント10件コメント/レビュー

そして歴史は繰り返す、に尽きるんでしょうが、加えるなら今の若者は明るい時代を知らず(今年の新卒が幼稚園に上がった頃には既に大人は暗かった、なんて次第でしょうし)、大人は明るい時代の記憶も薄くなり自信もない。かくて強弁にかわり両者には些か居心地の悪い沈黙で茶を濁す習慣が常態化した、というところでしょうか。15年後位にまたこの記事と今(2009)の記事、そして15年後の記事を並べてみたら面白いでしょうね。昔と同じこと言ってる、とオチがつくのかグラデーションに見えるのか。正直不謹慎ながらなんとも楽しみでなりません。(2009/02/18)

「日経ビジネスが描いた日本経済の40年」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

そして歴史は繰り返す、に尽きるんでしょうが、加えるなら今の若者は明るい時代を知らず(今年の新卒が幼稚園に上がった頃には既に大人は暗かった、なんて次第でしょうし)、大人は明るい時代の記憶も薄くなり自信もない。かくて強弁にかわり両者には些か居心地の悪い沈黙で茶を濁す習慣が常態化した、というところでしょうか。15年後位にまたこの記事と今(2009)の記事、そして15年後の記事を並べてみたら面白いでしょうね。昔と同じこと言ってる、とオチがつくのかグラデーションに見えるのか。正直不謹慎ながらなんとも楽しみでなりません。(2009/02/18)

記事の性質を理解しないで書き込んでる人が目に付きますね。「過去記事の再録である」ことをもっと大きめに表示しないとダメじゃ? で、「日本電産」、かぁ…。ねぇ…。(2009/02/18)

コメント欄で勘違いしている人が多いようですが、この記事は1993年当時のものを再掲載しているんですよね? それを踏まえても、「最近の若い社員は、今の仕事が具体的に自分にどう役立つのかいちいち理屈や意味を求めてくる」ことは甘えだと思います。会社は塾ではないのですから、理屈や意味はまずは自分で考えるのが当然でしょう(それでも分からなければ聞けばいいだけで。恥ずかしいことですけど)。(2009/02/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長